ディスクブレーキ

待望のスルーアクスル用 KCNC ハブ用ライトアダプター(ライトマウント)を使ってみる

KCNCから、スルーアクスル用のハブ用ライトアダプター(ライトマウント)が出たので使ってみました。

■ディスクブレーキの悩みが1つ解決

リムブレーキの時は私も使っていたフロントハブに付けるKCNCのライトアダプター。クイックのネジに代わってこの製品を付ける事で、パズルの様になりがちなハンドル周りのスペース問題を解決出来るため非常に重宝されていました。

ところがディスクブレーキになると、多くの場合はスルーアクスルになるためこのパーツが使えなくなります。解決策として、フロントフォークにキャットアイのフレックスタイトを装着するという方法が編み出されました。

完成形
【ブルベ装備】フロントフォークの真ん中にライトマウントを増設。ディスクブレーキ・スルーアクスルでのやり方さて今回は誰でも持っているキャットアイのライトマウント(フレックスタイト)を利用して、フォークの好きな位置にライトのマウントを増設する方...

個人的にはこれがファイナルアンサーと思っているのですが、中には色々な都合で上記の方法が出来ない方もいるでしょう。そんな方の為に、KCNCがスルーアクスルでも使えるハブ用ライトアダプター(ライトマウント)を開発してくれました。

しかしスルーアクスルにはライトアダプターなど付ける場所は無い様に思えます。果たしてどの様な方法で固定しているのでしょうか?レビューしていきます。

■KCNC スルーアクスル用 ライトアダプター固定の仕組み

装着可能か確認する

まず自分のスルーアクスルに、このライトアダプターが装着可能かどうか確認しましょう。マウントはこのような6mmのボルトが付いていますので、

スルーアクスル側にも同様に6mmの穴が開いている必要があります。私のシナプスにデフォルトで付属していたスルーアクスルでは装着が出来なかったので、これを使用する時はミノウラのキャリア用スルーアクスルに交換します。このタイプのスルーアクスルを脱着する時には、6mmのレンチが必要です。

ミノウラ キャリア用スルーアクスルはフェンダー固定用として使えるか?先日、フカヤからミノウラの新製品がリリースされました。その名も『キャリア用フロントスルーアクスル』及び『キャリア用リアスルーアクスル』の...

パーツ構成

このアダプターを分解すると4つの部品から構成されています。

  • 本体
  • 頭部にくさび状の突起がついたネジ
  • 割りの入ったスリーブ
  • ワッシャー(画像では、本体に付着しています)

の4点ですね。この説明だけで仕組みが想像出来た方もいると思いますが、順番に見ていきます。

固定の仕組み

まずこの様にネジを緩めた状態で、スルーアクスルのボルト穴に突っ込みます。

この状態からアダプター本体を回すと、ネジが締め付けられますのでネジとスリーブの間隔が詰まっていきます。するとスリーブの割りの間にネジの突起が入り込み、穴の内部でスリーブを押し広げます。このような仕組みで固定されます。

実際に固定してみます

それでは実際にスルーアクスルに装着してみます。まず注意点ですが、穴に入れるときはボルト側の突起とスリーブの割りの位置を合わせましょう。この画像の状態では、固定されません。

突起と割りの位置がズレています

この様に一致している事を確認してから入れましょう。

スルーアクスルの穴に挿しましたが、何と穴の深さが足りず7割ほどしか入らない…。このスルーアクスルはキャリア固定用なので、そこまで穴が深くなかった模様…。それでもそれなりに固定されそうなので、このまま締め込みます。

固定完了です。多少引っ張った程度では、ビクともしません。

ライトを付けてみましょう。触って確認した限りでは、しっかり固定されておりすぐにグラつくことは無さそうな印象です。

これでリムブレーキからの移行時の心配事が1つ減りましたね。このハブに付けるライトアダプターもメリットばかりではないので使わない人も多いと思いますが、貴重なライトのポジションの1つであることは確かです。

この製品の場合、使用可能なスルーアクスルが限られるというのがデメリットですが、6mmレンチで固定するタイプのスルーアクスルの方は試してみる価値ありと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください