Rakuten Mobileのポケットwifiが到着したので楽天SIMと共に使ってみた

1週間ほど前に申し込んだ楽天のポケットwifiが到着しました。今のところ、割と快適に使えています。

 

■楽天モバイルのSIM+ポケットwifi

今回申し込んだのは、こちらのポケットwifiが0円キャンペーンです。

紹介した記事はこちらから。

記事が見つかりませんでした。

■申し込みから受け取りまで

3/6にサイトから申し込みを行い、翌日(3/7)に発送連絡が来ました。そして発送翌日に無事に受け取り。思っていたよりも早い到着でした。運送業者はヤマトでしたが、地域によって日本郵便、佐川、Rakuten expressになるようです。段ボール箱の中には、SIMカードとポケットwifi、説明書のセットが入っていました。

■製品概要

今回はスマホ2台+ノートPCで使いたかったのでポケットwifiを選択。楽天モバイルのプランは1つしかありませんので、ポケットwifiを申し込んだ場合でも、電話番号付きのSIMカードが届きます(申し込み時に選択させられます)。

ポケットwifiの箱の中身は、本体の他にバッテリーパック、microUSBの充電ケーブル、アダプター。

本体の一部に切り欠きがありますので、そこから裏ブタを外し、バッテリーパックを装着します。バッテリーの容量は3,000mAh。ポケットwifiの連続稼働時間は約10時間とされています。

本体の右側面には電源ボタンとWPSボタンが付いており、WPSボタンは液晶の画面切り替えの役割もあります。①電波強度、日付、時刻画面、②接続端末数(10台まで)、これまでのデータ通信量、バッテリー残量、③SSID、パスワード、IMEI、④かんたん接続用QRコードの順に切り替わります。画像の通りmicroSDカードスロットも付いています。

■使えるようになるまで

まずは本体にSIMカードをセットします。ブランドカラーのピンクがまぶしい。

このポケットwifiに使うSIMカードのサイズは『標準SIMサイズ』です。何も考えずに白い部分で切り取って『micro SIM』のサイズにしてしまいましたが、固定されないじゃないですか…。どうすんだ(笑)

今更ながら説明書を見てみると、ちゃんと注意書きがありました…。間違ってmicro SIMで切り取ってしまった場合、交換はしてもらえるようです。

今回は苦肉の策で、残った標準SIMの『ガワ』にセットしてスロットに挿し込んでみます。ほんの少し緩いですが、セットされました。結論から言うと、この状態で使えています。良かった…(笑)

電池パックを装着して、電源をオンにします。

無事に稼働して、時刻情報も受信しました。

■楽天回線の感想

さて数日使ってみましたが、肝心の回線について。今のところ、自宅と会社の通勤での私の行動範囲では問題無く電波が入ります。気になっていた『ドコモの電波が入らない場所』にも行ってみましたが、問題無く電波を受信。ここで電波が入るので、しばらく使う事になりそうです。

速度については普通。速くもなく遅くもなく。やはり朝、昼、夕方の回線が混む時間帯は若干遅くなります。大都市圏は問題無くカバーされているようですが、まだサービス開始から日が浅いですから、速度に文句を言っても仕方ないでしょう。速度では無くて、値段の安さで楽天回線を選んでいるわけですから。

広範囲を移動するような人は、郊外に行くとどうなるか?が気になるところでしょうけども、実際に試してみるしか無いですよね…。
⇒山間部に行くと圏外でした。定峰峠に行った時にツイートしたかったのですが、全く入らず。ドコモなら普通に圏内なので、そちらで接続しました。定峰峠から下山して、麓の落合の店であれば楽天でも普通に受信されます。

多くを求めなければ、回線は1年間無料ですし、ポケットwifiまで無料でもらえるのですから選択肢としては十分ありだと思います。キャンペーンは2021年の4月7日までなので、気になる方はお早めにどうぞ。

ポケットwifiを使わない人は、こちらのメインページからSIMの申し込みをどうぞ。



■ポケットwifiのその他機能

最後に管理画面を使って行うポケットwifiの機能詳細を紹介します。いずれの機能もPC(やスマホ)とポケットwifiを接続し、管理画面用のURLを叩いて管理画面へ移動した後に使えるものです。

  • SSID、パスワードの変更
  • スリープモードに入るまでの時間設定
  • ファイル共有機能のON、OFF
  • 工場出荷時へのリセット

microSDカードのスロットがあったと思いますが、ファイル共有はこのSDカードを使って行います。この機能をONにすると、ポケットwifiに接続した機器がSDカード内のデータにアクセス出来るようになります。

今のところ快適に使えています。2台のスマホは基本的に機内モードなので、バッテリーの減りも抑制されています。当然ながら契約している回線のデータ量もほとんど消費しないので、非常に経済的。会社で仕事をしていて、同じビル内のコンビニにちょっと買い物に…という場合にはスマホだけを持っていくことがありますので、その時にポケットwifiを使わずに通信する程度。

1年後にどうするかは、その時に判断する予定ですが、選択肢としては十分ありですね。