雨装備

【ブルベ装備】雨対策・雨装備・防水について その1(上半身編)

さて暖かくなってくると走りやすくなってきますが、それにつれて雨も増えてきます。中には2・3月のブルベで晴れ予報であったにも関わらず、ゲリラ豪雨にあったり雹が降ったりして大変なことになることもありますが…。

それは一部の人の話なので置いておいて、ブルベの雨対策・雨装備・防水について綴りたいと思います。

ブルベの距離が長くなればなる程、晴れの予報でもどこかで局地的に雨雲に遭遇する確率が上がります。慣れない内は保険の意味や、夜間・ダウンヒル時の防寒にも使えますのでレインウェアの携行をお勧めします。

タイプ分け

私の経験からすると、まずは『雨に対しての考え方』が大きく4つに分かれます。自分がどのタイプなのか考えておくと、同じタイプの他人のやり方を参考にしたり、対策が立てやすいです。

1、ちゃんと雨対策(雨装備)をする人

予報に基づいてレインウェアを携行し、マッドガードもつける。レインウェアは上下をちゃんと持っていく。『濡れるのは嫌』という普通の人。※実際は好き・嫌いよりも、濡れると体力の消耗が激しくなったり股の皮がむけたり色々実害が発生しますので、基本的には濡れないことが大切です。特に体幹を冷やしてしまうと胃腸がやられてカロリーを摂取出来なくなります。そうするともうアウトです。

2、最低限の装備で突破する人

200kmなら7時間未満で走ってしまう人とか、ファストラン的な考えの人に多い。荷物が増えると負荷も増えるので、ウィンドブレーカーが雨具代わり。停車時間を最小限にするため、雨が降ってきたからといってわざわざ停車してレインウェアを着たりしない。信号待ちでウィンドブレーカーをさっと着てそれで何とかする。『心拍数を上げれば大丈夫』が口癖。

3、何もしない人

特に何もしない。600kmのブルベで最初から最後まで雨の予報だったり、台風だったりしても気にならなず、普通にスタート地点に現れる。どうしてもダメと思ったら、通りがかったコンビニでカッパを買ってしのぐ。

4、雨なら一切走らない人

雨の予報なら容赦なくDNSして走らない。途中で降ってきたら容赦なくDNFして輪行。

 

3と4の人には雨装備は必要ありません(笑) ここからは1と2の人を想定して話を進めます。

1のタイプの場合

まずは1の場合。これが最も一般的ですね。ブルベを始めたばかりであれば、レインウェアは持っておいて損はありません。問題はどこまで投資をするか?です。

雨対策(雨装備)をする箇所

雨対策をする箇所は、大きく頭・体・脚・シューズ・手の5つあります。まずは一番お金のかかる体(上半身)から対策をします。

■予算1万円未満

最初は『レインウェアに1万円以上出すなんて、ありえない』と感じると思います。しかし税込1万円位の商品を買うと、間違いなく後に買い換えることになりますが、これなら重量も260gと価格の割に軽量なのでお勧めです。

■予算1万円前後

どちらもモンベルの製品です。別にモンベルの回し者ではないのですが、色々勘案すると結局モンベルになるんですよね…。
『ウルトラライト サイクルレインジャケット』と『スーパーストレッチサイクルレイン ジャケット』では、

・ウルトラライト:軽い(たったの161g)。脇のベンチレーション付き。
・スーパーストレッチ:生地に伸縮性がある。透湿性はこちらの方がある。重量は305g。

という違いがあります。とりあえず最初はこのどちらかを買っておけばよいと思います。モンベル製ですので、透湿性などはどちらもかなりの高性能であることは変わりありません。私なら軽さを取ってウルトラライトサイクルレインジャケットですね。しかも安いし。重いと気軽に携行しなくなってしまうんですよね。そして降水確率30%くらいの時に悩んだ末に家に置いてきて、見事雨に降られてコンビニでカッパを買うという経験を何度もしています…。家にレインウェアがあるのに…。

■予算2万円

ここからは生地にゴアテックスを使用しています。

シーズンを通してブルベを走るのであれば、最初からこのあたりを買っておくことをお勧めします。中途半端に1万円くらいのレインウェアを買っても、結局はこのどちらかを買う羽目になります。

まずはトレントフライヤー

179gと非常に軽量です。とりあえずこれを買っておけば大丈夫です。

もう1つはサイクルレインジャケット

こちらは細かい部分が自転車用になっています。その分、252gと重量が増えています。定価ではトレントフライヤーよりもサイクルレインジャケットの方が2,000円高いのですが、Amazonで買うと同じ価格ですね…というか、良く見たらトレントフライヤーの方が高い…。

重量70gと定価2,000円の差は、

・前傾姿勢に対応して裾が長い
・脇に大きなベンチレーションジッパーがある
・全体のカッティングも乗車姿勢に対応
・ロゴなどが反射素材

あたりです。特に脇のベンチレーションは非常に役に立ちますので、重量が70gの差であれば私はサイクルレインジャケットを買います。雨の中で峠越えで心拍数が上がったりすると、結局透湿が間に合わなくなって内側が結露するんですよね。ベンチレーションを開けていても、脇から浸水することは特にありません。面倒なので、私はむしろ常に開けている位です。

ちなみに汗の排出が上手くいかないとどうなるか?はコンビニカッパで走ると良く判ります。コンビニカッパは透湿性がゼロの単なるビニールです。そのため走れば走るほど内側が結露します。結露した水分がウェアを濡らしますので、カッパを着ているにも関わらず体はびしょ濡れになります。私はそのせいでガタガタ震えながら走った記憶があります、小雨になってカッパを脱いだらあっと言う間にウェアは乾き、震えも無くなりました。

ということで、変な装備を買うなら高性能のレインウェアを買った方が余程楽に走れます。次はその他の部分です。

■ブルべ雨装備・雨対策・防水編は他にもあります

  1. レインジャケット編
  2. レインパンツ編
  3. グローブ編
  4. シューズ編
  5. レインウェアは洗濯するの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください