Edge530

Edge530を入手したのでインプレ編。重量測定と、初期セットアップをする

TweeksでオーダーしていたEdge530が無事に到着しました。

日本でも、ジャパンローカライズ版が2019年夏発売とガーミンジャパンからアナウンスされていますね。

Tweeksでも3万円弱(+送料)で、関税入れて32,000円といったところ。私が買った時より安くなってる…。

>Edge530単体

 

■Edge530概要・インプレ

Edge530の概要については色々なところで紹介されていますので、ここでは割愛します。まずは同梱されている付属品と、気になる重量を測定してインプレします。

付属品紹介

付属品は下記の通りです。

拡張バッテリー対応のAutoフロントマウント、microUSBケーブル、細いハンドル用のシムとストラップ、いつものゴムバンドで留めるステムやハンドル用のマウントです。Edge1030も同様でしたが、拡張バッテリー対応のアウトフロントマウントは最初から付いています。拡張バッテリーの購入を検討されている方でも、別途調達する必要はありません。

最初に購入するサイコンがEdge530という方は少ないと思うのですが、このマウントは130gある拡張バッテリーの重さに耐えられるマウントになります。拡張バッテリーを使わない場合は長くて重い過剰なスペックのマウントということになりますので、拡張バッテリーを使用しない場合は追加で別途普通のマウントを買うかどうかというのがポイントになりますね。Edge520に付属のマウントであれば、18gほど軽量化が可能です。

重量

Edge530は78g。Edge520は63gなので15g増えましたが、色々な面で大型化(特にバッテリー)して15g増というのは頑張っているのではないでしょうか。

いま使っているEdge1030Jは124g。46gの重量差ですね。

私はレースに出る訳では無いので、Edge520の時からワークアウトに関する機能は一切使っていません。高機能なサイコンとして使っています。また高価なEdge1030Jを買ったのも、昨年SR600四国山地を走る時に『雨があっても40時間くらい持続するサイコン』が当時はEdge1030しか無かったからです。おかげでかなり楽が出来ました。

Edge1030J
Garmin Edge1030Jを買いました。ブルベで使えるかをインプレする。購入編■Garmin Edge1030Jを買いました 突然ですが、新しいサイコンとしてGarmin(ガーミン)のEdge1030Jと拡張バッ...

ということで、実はEdge1030そのものが欲しかった訳では無く、私がお金を払ったのはその持続時間と拡張バッテリーがあるという点。Edge530も拡張バッテリーに対応していますので、画面サイズが小さくなる、タッチパネルが無くなる、という点が不満でなければ軽量なEdge530を使いたいのです。1030は、残念ですが売れる内に売っておきたい。

拡張バッテリーに対応

Edge530もこのように、背面に拡張バッテリー用の端子がついています。拡張バッテリーを使えば、合計で40時間持続するとのこと。これで600kmも問題無く走れますので、素晴らしい持続時間です。

拡張バッテリーを接続すると、こんな感じになります。サイズは拡張バッテリーの方が大きい…。拡張バッテリーは出力する機能が2系統(Edgeへの充電と、モバイルバッテリーとしてのスマホなどへの充電)ありますので、回路やUSBポートの設置などで大型になってしまうのでしょうか。リチウムイオン電池の体積自体はそれほど変わらないはずです。

ちなみに拡張バッテリーの重量、拡張バッテリーに対応する新型マウントの重量などは、こちらの記事を見て下さい。ちなみに拡張バッテリーも付けると全部で300g近くになるのですが、それを支えるマウントもそれなりにゴツくなっています。

Garmin Edge1030Jを買いました。ブルベで使えるかをインプレする。概要編■Edge1030Jと拡張バッテリー さて到着したEdge1030Jと拡張バッテリーです。 まず注意するのは、Edge1...

ちなみに拡張バッテリー対応のアウトフロントマウントは、最初から同梱されていますので別途購入する必要はありません。

セットアップ

電源を入れてセットアップしてみます。

例のごとく、最初は言語の設定から。

その後、すぐにスマホと接続せよという指示が来ますが、いきなりやるとハマりそうなので、後回し。スキップして単位や時間表記などのベーシックな設定を行います。

一通り終わったら、スマホとのペアリングを行います。Edge530から単体でwifiに接続可能になりましたが、wifiの設定はスマホを介して行う様になっているため、まずはスマホとのペアリングを行う必要があります。

settingのメニューからスマホ接続を呼び出し、ペアリングモードにします。スマホ側はスマホの設定画面では無く、必ず『garmin connect mobile』を立ち上げてペアリングして下さい。

スマホが530を認識すると、このウィンドウが出ます。これは私だけの現象なのか不明ですが、ウィンドウには何も無く、選択のしようがありません。

しかしこの状態で10秒ほど待機すると、やっと選択肢にEdge530が出現します。私はここで10秒待てずにペアリング出来ないドツボにはまりました。『表示されないから、仕方ないか』とiPhoneの設定からBluetoothのペアリングをしてしまったのですね。するとペアリングは完了して接続状態にはなるものの、connect mobile アプリからは『未接続』と認識されます。そうなるともうペアリングが出来ない状態になり永久に先に進みません。先にスマホの設定からペアリングしてしまった人は、いったんデバイスを削除しましょう。そして改めてconnect mobile からペアリングを行い、10秒待って端末を表示させれば、正常にペアリングが可能です。

選択すると、ペアリング用コードが出ます。タップすると接続され、問題無く(?)ペアリング完了です。ペアリングすると、最初に差分のファームが色々DLされます。再起動するとバージョンが上がりますよ、とのこと。garminの初期ファームはろくなことがなく、初期ロットを手にするユーザーはベータテスターです。なのでとりあえず3.2に上げておきます。

その後、ちゃんとgarmin expressにも登録しておきます。

PCに接続したついでにフォルダの容量を見ると、ストレージには7GB以上の空き容量があります。大きめのマップも余裕で入りますね。空き容量の割合でいえば、私のPCのストレージの方がやばいです(笑)

次は、空き時間を見つけてデータフィールドの設定を行いたいと思います。手元にはEdge1030J、Edge530、eTrex20xと3台のデバイスがありますので、これらをどう運用するのか再考する必要が出てきました。

夏まで待てない、という方はこちらから買えます。1か月かからずに納品されます。基本的な動作は今までと一緒ですので、日本語要らない、日本の地図もいらない、という人はこちらで十分でしょう。Tweeksは日本人スタッフの飯田さんが対応しれくれますので、何かあれば問い合わせてみましょう(ただし飯田さんの出勤日は毎週土曜のみ)。

>Edge530単体

その他のEdge530関連の記事はこちらです。

Edge530を入手したのでインプレ編。重量測定と、初期セットアップをするTweeksでオーダーしていたEdge530が無事に到着しました。 日本でも、ジャパンローカライズ版が2019年夏発売とガ...
【Edge530】データフィールドの変更方法Edge530のデータフィールドの変更方法について質問をもらったので、紹介します。 他のEdge530の記事はこちらです。 ...

POSTED COMMENT

  1. NOM より:

    morouさん。これって拡張バッテリー以外のモバイルバッテリーでも使用可能でしょうか?現在810を普通のモバイルバッテリーで使用しているのですが・・・機会があればテストしてみて下さい。よろしくお願いします。

  2. morou2 より:

    NOMさん
    遅くなりました。給電しながら使用可能です。給電の方法が裏側の拡張バッテリー用ポートからでも、充電用のポートからでも、Edge500の様に動作が止まる事はありません。

  3. NOM より:

    morouさん。了解しました!情報ありがとうございます。日本語版がでたら購入したいです。

  4. たま より:

    初めまして!自分も購入しましたが噂通りボタンがすかすかで返品しようか悩んでます。ボタンの具合はいかがですか?

  5. morou2 より:

    たまさん
    自分の端末は確かに少々チャチな押し心地ではありますが、スカスカという程ではないと思います。

    やはり外れ個体があるのでしょうかね。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください