お知らせ

サドル沼再び。プロロゴ(prologo)ディメンションNDRが気になる…快適なサドルを求めて

■座骨部分が痛い

最近、走っているとお尻が痛くなります。具体的には段差などの衝撃が積み重なると、座骨が当たる部分が徐々に痛くなってきます。先日DNFした『いわき600』では、300kmしか走らなかったのに結構な痛みで困りました。ちなみに現在使っているサドルは、セライタリアのフライトフローというモデル。


このサドルは2017年6月から使っているのですが、なぜ今頃になってこんなことを問題に感じるようになってきたのか?自分でも良く分かりません。しかし乗っていて感じるのは、サドルの座面が割と薄いのではないか?ということ。段差での突き上げの度に衝撃がダイレクトにお尻に伝わり、サドルで衝撃吸収している感がありません。パッドは厚ければ良いというものでも無いのですが…難しいところです。 とりあえずサドルのせいと決めつけて、交換して解決を試みようと思います。

■気になっているのはプロロゴのディメンション

実は以前から気になっていたサドルがありました。プロロゴのディメンションシリーズです。

限定モデルもある

このサドル、以前試乗させてもらったキャノンデールのSystemsixについていて、 非常に良かったんですよね。プロロゴはレールの材質が3タイプあって、重量が中間のTirox(ステンレス)だとカタログ重量で179gと割と軽量。その割に値段も14,000円程度と、お手頃です。インターマックスからは限定のカラーモデルが出ていて、これも非常にカッコいいですよね。限定カラーまで作られるということは、かなり売れているのでしょう。

NDRモデル

また最近出たのが、ディメンションの派生モデルである『NDR』と『CPC』。CPCは以前からプロロゴのサドルに搭載されている機能で、衝撃吸収とグリップ、通気性を向上させたものです。これがディメンションにも付きました。次にNDRはパッドを3mm厚くしたモデル。これが私の狙っているモデルです。更にNDRでパッドを増量させつつCPCを付けたモデルもあります。

ディメンションのラインナップまとめ

この『NDR』『CPC』『NDR+CPC』の3パターンに加えて、レールも3グレードありますのでラインナップがかなりややこしいことになっています。更にプロロゴとしてはラインナップされているが、代理店のインターマックスからは出ていないというモデルもあります。それらを整理して表にするとこうなります。ついでに重量も載せてみました。※実際は『Space』という更に快適性を増したモデルもあるのですが、割愛

Nackはカーボンレール、Tiroxがステンレス、T4.0がクロモリレールです。価格表記がドルのモデルはインターマックスで扱いが無いモデルで、本家のサイトから価格を持ってきました。私はNDRが欲しいのですが、そうなると重いT4.0しか国内には入ってきていないという事になりますね…。価格も手ごろなのでNDRのTiroxが入手出来ると良いのですが。

しかしどこかで扱っているお店は無いのか?と思い探してみると、『NDR+Tirox』を販売しているお店がありました。実はプロロゴの代理店契約をしているのはインターマックスだけではないらしい。それを聞いて更に探してみると、こちらの『服部産業』が代理店となっているみたいですね。この会社、以前は3Tも盛んに情報を発信していた記憶があるのですが、今はあさひに統一されてしまったのでしょうかね…。

ともかく、お値段が1万円ちょっとで3mmパッドが増えていて、それでも重量184gと今のフライトフローよりも軽くなるという、実に都合の良いサドルがありました。まずはこれを入手してみたいと思います。しかしレールの違いだけで30gも重量が変化するのですね。Nackにしたら相当軽くなります。

■前乗りサドル

ちなみにこのディメンションというサドルはショートノーズで『前乗り』に適したサドルです。実は私は気が付くとサドルのノーズ部分に腰が移動しているタイプ。登りになると更に前乗りになります。なのでその点からも、このサドルは以前から気になっていたのでした。

今回入手しようとしているのは『NDR+Tiroxレール』のモデルでインターマックスには扱いが無いタイプですが、レールの違いだけなのでNDRモデルのインプレにはなると思います。出荷は少し時間がかかると言われていますが、届きましたら早速使ってみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください