【レビュー】エベレスティングフィニッシャージャージはデザインのカスタムが可能!納品されたので紹介します。

6月に達成したエベレスティングですが、達成者が購入出来るフィニッシャージャージがデリバリーされました。デザインは1つしかないと思っていたのですが、実はいくつかのデザインが用意されており、中には細かいカラーオーダーが可能なモデルもあります。あまり知られていないと思いますので紹介します。

■エベレスティングジャージについて

エベレスティングジャージの概要

エベレスティング達成の認定を受けると、購入が出来るジャージです。無料で提供されるわけではありません。

認定が下りると、しばらくして『What’s next?』というメールが届きます。そのメールにエベレスティングジャージのオンラインショップへのリンクが掲載されています。

このメールにはショップへのリンクの他、運営への寄付を募るリンクも掲載されています。ジャージを購入したり運営へ寄付をすることは、運営へのサポートとなるため積極的に購入や寄付をしたいところです。

ジャージ類は割と充実しており、デザインが7種類ほど用意されています。また半袖ジャージの他にビブショーツ、長袖ジャージやジレ、キャップなどもあります。ジャージの多くはカスタムが可能となっている点が特徴です。

カスタム可能個所

カスタムが可能なデザインについては、ベースとなるカラー、ストライプのカラー(3本が別々に指定可能)、ロゴのカラー、バックポケットに印字される文字列やフォント、反射材の有無、袖・裾の長さなど、かなり細かな仕様がオーダー可能になっています。単にカラーの指定だけでなく、反射材の有無や袖の長さも変更が出来るのは嬉しいところです(デザイン以外はアディショナルチャージが発生します)

このようなカラーパレットを使い、細かなオーダーが可能(cuore.comより)

■エベレスティングジャージ到着

それでは実際に到着したエベレスティングジャージの紹介です。細かな仕様などを参考にされてください。

納期について

まず納期ですが、今回は約4週間で到着しました。オーダーの際には6~8weeksと案内されていたのですが、意外と早かったです。

梱包について

梱包は、このような小さな箱に入っています。スマホなどの箱よりも1周り大きい程度。

中にはメッセージカードが入っています。

カードの内側です。

カードの下にジャージが鎮座しています。

外観

全体像はこちら。今回は半袖ジャージをオーダーしました。ジャージのモデルは『FINISHER CLASSIC STRIPE JERSEY』。受け取りが夏の時期でしたので、青系のカラーにしてみました。

バックポケットには『EVERESTING』のロゴ。

左胸にも『EVERESTING』のロゴが入ります。

細部について

袖と身頃ではジャージの生地が異なっています。袖の方が通気性が良さそうです。

ジッパーはYKK製…ではないですが、持ち手が金属製で扱いやすいです。

バックポケットにはジッパー付きのポケットが追加されています。

内側にもメッセージが記載されています。ここは↑の追加ポケットの生地なのですが、更にポケット状になっており、無線機などを格納可能です。

ケーブルガイド付き。

今回は袖を4cm延長タイプ、裾の延長はなしという仕様でオーダーしており、そのことを示すタグが付いています。最近は袖が微妙に長めなのが流行っていますし、私もその方が好みです。そのことを反映して4cmの延長がデフォルトとなっており、4cmの場合のみアディショナルチャージが発生しません。

しかし4cmの延長では短く感じたので、チャージを支払っても6cmの延長にすれば良かったと思っています。ここは着てみないと分からない点なので、仕方ないですが。

価格について

価格ですが、本体:120ドル、送料:20ドルの合計140ドルでした。アディショナルチャージは一切発生していません。仮に1ドル130円とすると送料込みで18,200円となりますので、日本円ではそれなりのお値段です。

決済はpaypalで行いました。

着用感

いたって普通に使っています。今回のサイズはXS。私の身長は170cm、体重は57kgですがぴったりです。袖が4cmの延長ではやや短く感じるので、6cmにすべきだったと思う程度。この記事の執筆時点では到着して2回着用しましたが、夏でも快適に使えています。

■まとめ

エベレスティングを達成した者が購入出来るジャージです。ベースとなるデザインも7種類あり、うち5種類でカラーを始めとするカスタムが可能となっています。日本円で約2万円近くしますが、(チャージが発生するとはいえ)1着から各種オーダーが可能でこのクオリティは中々お買い得ではないかと感じます。

特にカラーオーダーが可能なので、袖を延長してもう1着くらいは全く別のカラーで追加発注してしまおうか、と思うほど。

個人的にはエベレスティングジャージとして最も認識されているのは、紫ベースの『HELLS500ジャージ』かなと思っています。そのためカラーオーダーしすぎると、エベレスティングジャージと認識されなくなってしまう点が難点ですね。

バックポケットの中央に『EVERESTING』ロゴがありますので、近寄ると分かるのですが…。

ジャージの購入と着用は完全に自己満足の世界ですが、カラーと仕様がカスタム出来て140ドル程度というのは安いと思います。購入は運営への金銭的サポートにもなりますので、達成後は積極的に購入して『エベレスティング』ホルダーとして永く楽しみましょう。