いじる

オルトリーブ サドルバッグLはSMPのレールに付くのか (ブルベ)

昨日、発注していたオルトリーブのサドルバッグLが無事に届いていましたので、早速装着してみました。
果たしてSMPのサドルにオルトリーブのサドルバッグLは付くのでしょうか。取付不可ではなく、取付可能だといいですね。

まずはサドル側のブラケットを取り付けします。

SMPのサドルですと、ご覧のように装着出来ます。特に問題ありません。レールが曲がっている部分より後ろは、幅も急に広くなっている上にブラケットがほとんど真横になってしまいますので実質的には取付出来ません。ここが後ろに付けられる最大の位置だと思います。

事前の準備はこれだけ。とっても楽チンです。

次は本体を取り付けます。

取り付けるだけならば、この通り全く問題なく取付出来ました。空の状態ではガッチリ取付されており、荷物を入れて走行しても大丈夫だと思います。
※2013/04/14追記:2日後のブルベにおいて、荷物満載の状態で400km走りましたが問題ありませんでした。

本体側のブラケットの位置を調節出来るのですが、4つある内の前から2番目の穴を使っています。本体の長さに比べて、かなり前の部分だけで荷重を支えていますので、後ろの方に重い物を入れてしまうと重心バランスはかなり悪くなりそうです。ですのでレインウェアなど重い物は奥に入れるなど、多少の工夫は必要そうです。

もっと後ろ乗りの人であれば、レールの後ろの突き出し量が長くなりますので本体側ブラケットも後ろに下げることが可能になり、重心もより安定すると思います。それでも調整幅は全体で5cmほどですので、そんなに変わらないかもしれませんが…。

とまあ心配ではありましたが、問題なく取付完了。

こちらのバッグは小物入れのようなものが無く、1つの大きな荷室だけしかありませんので、エネループの予備など細かい物は別途袋に入れる必要がありそうです。

週末は天気も良さそうですし、これで一安心ですかね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください