RIDEA楕円チェーンリングを使ってみて(その3)。楕円チェーンリングは買った方が良いのか?

<

さて皆様いかがお過ごしでしょうか。

ridea01m

RIDEA 楕円チェーンリングシリーズのその3です。
その1はこちら。
その2はこちら。

RIDEA楕円チェーンリングは、結局買った方が良いのか?

私の考えとしては、買って損は無いと思います。ただ価格は3万円近くしますので、費用対効果をどの程度感じることが出来るか?はもちろん人によります。

どの機材でもそうですが、買っただけでは速くなりません(エアロ系は別)!(笑)

楕円の場合は、回転を維持できるスキルと楕円に適したペダリングに適応して初めて速くなるかな?と思います。でも楕円に適したペダリングと言っても、特殊なペダリングになる訳では無いです。私は初め、楕円になったから『上死点・下死点は素早く回して、1~3時位でトルクをかけよう』ということをより意識してペダリングしていたのですが、それぞれの動作はコンマ何秒ですから、意識しても上手に出来る訳でも無く、上手く回せずに却って遅くなってしまいました。

すぐに開き直って『今までと同じペダリングの意識で行こう!』と切り替えたところ、スムーズに回せるようになりました。楕円に適したペダリングというものはあると思いますが、少しだけ意識しながら走っている内に自然と適応していくということです。

これは恐らくRIDEAだから楕円の変化が緩やかなためで、例えばROTORとか、RIDEAでも53-47Tとか変化の大きいリングの場合だと、メリハリを意識した方が上手くいくのかも知れません。

私の場合は52Tだと重くて綺麗に回せないので困っていたところ、楕円という都合の良いパーツに変えることで美味しい部分は52Tになり、上死点・下死点が48Tになったことでそれなりに回せるようになりました。ただ50Tの時と同様にペダリング出来ているのですが、やはり1~3時が52Tになったことでその分の負荷は確実に上がっていると感じます。一言で言うと、疲れます(笑)

でも楕円(RIDEA)は便利ですし理に適ったパーツだと思いますが、52Tを高回転で綺麗に回せるスキルとパワーの持ち主であれば、導入する必要が無いとも感じます。

気になっている方は、一度使ってみることをおすすめします。

↓読んでいただきありがとうございます(^_^) 最後にポチっとお願いします!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です