PBP

シーコン(SCICON)エアロコンフォートの使い方とアダプターの外し方

morou2
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

飛行機輪行で便利な『シーコン(SCICON)エアロコンフォート』の使い方をまとめています。スルーアクスルとクイックを使い分けるための変換アダプターの外し方も紹介します。

■シーコン(SCICON)エアロコンフォートの概要

シーコンブランドの飛行機輪行用ソフトケースです。

created by Rinker
シーコン
¥152,878 (2023/10/01 21:33:32時点 Amazon調べ-詳細)

エアロコンフォートのスペック概要

主なスペックは以下の通りです。

  • 寸法:109×103×50(cm)
  • 重量:約8.6kg
  • 価格:117,000円(税込)

ハードケースほどではありませんが、金属製フレームを中に備えており、高い固定力によってフレームとホイールをしっかりと保護します。またキャスターを備えていること、ソフトケースならではの軽さで移動が非常に楽です。

同梱品

バッグを購入すると、本体の他に以下のものが付属します。まず小物一式。クイック、鍵、クイックとスルーアクスルの変換アダプター、スルーアクスルの場合に使用するエンド保護パーツ。

フレーム保護材。トップチューブ用とハンドル用。

シューズなどを収納するためのGEAR BAG。

自宅保管時など、エアロコンフォート自体を収納するための収納袋。

■パッキングのやり方、使い方について

さてこのエアロコンフォートは割とメジャーな商品なので、使い方に関しては動画などがいくつもアップされています。しかしいずれも大まかな部分しか伝えておらず、同梱品の使い方など結局は自分で何とかするしかありませんでした。

そこでこの記事では、私が実際にパッキングした時につまづいた個所に絞って解説記事を書くことにします。

クイック⇔スルーアクスル変換アダプター

まずスルーアクスル変換アダプターの取り外しです。新品で購入すると、先ほど紹介したように変換アダプターは小物一式の箱に入っています。スルーアクスルのバイクを収納する場合は、変換アダプターを取り付けて固定することになります。

問題なのは、知人から借りた場合やクイックとスルーアクスルのバイクを両方使っているケース。この場合、変換アダプターを取り外す必要が出てきます。

変換アダプターはスルーアクスルに対応した12mmのパイプの中に収めますが、変換アダプターが動いてしまってはいけませんから、かなりしっかりと固定される仕様です。固定力が優先されており、取り外しは考慮されていません。

これをどのように取り外すのか調べましたが、見つかったのは『ペンチで抜く』という方法のみ。しかしペンチで掴む個所などはなく、全く引き抜けません。結局、私がやったのは『スルーアクスルを当ててゴムハンマーで叩いて強引に押し出す』という方法。

私はスルーアクスルが目の前にあったのでスルーアクスルを使いましたが、10mm程度の径を持つ棒状のものがあれば問題無いと思います。アダプターがあまりにもしっかりと固定されているので、棒を叩いて無理やり押し出すという方法が一番確実でした。

フレームのサイズ調整

このバッグは金属製のフレームが備わっており、そこにバイクのフレームを固定します。バイクのサイズは人によって異なりますから、フレームの長さを調節する機構がついています。

そのため、まずは自分のフレームに合うように長さを調節する必要があります。この機構はフロント側の長さを調節する方式なので、まずはいったんリア側を仮固定して、フロント側の位置を調節するのがベターです。調節機構は上記画像のように単純なネジ止め方式です。

リア側の固定について

最後にリア側の固定について。まずは小物として紹介したエンド保護パーツをフレームに装着します。

保護パーツの更に内側には、チェーンを固定するためのゴムが付いてますのでこのようにチェーンを固定することが可能です。ただし何回か変速してリアディレイラーを内側に入れないと、ゴムの位置にチェーンがきません。

上記画像のように、最近のシマノリアディレイラーはシャドータイプのため、外側への張り出しが少なくなっています。しかし飛行機に積む際にはバッグを投げられたり何段にも重ね積みされてエンドが曲がる可能性がありますから、リアディレイラーは外した方が確実です。

以上、シーコン エアロコンフォートの梱包のやり方・使い方で初見殺しな点をいくつか紹介しました。後は見様見真似で問題無いと思いますので、快適な海外輪行を楽しみましょう。

created by Rinker
シーコン
¥152,878 (2023/10/01 21:33:32時点 Amazon調べ-詳細)

海外輪行で必要になる『シートポスト内蔵バッテリーの外し方』という記事も書いています。併せて参考にされてください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
@morou2
@morou2
当サイトは自転車関連のパーツレビュー、ブルべの走行記録を中心としたブログです。
管理人は40代のロードバイク乗り。20年前にCannondaleのCAAD3を買って以来、Cannoncdaleばかり乗り継いでいます。 昔はメッセンジャーやレース、今はロングライドとブルベ中心。ブルべの主担当もやります。
年間走行距離は約10,000km。身長170cm、体重57kg。
Recommend
こちらの記事もどうぞ

おすすめCategory

インプレ・カスタマイズ②

01 アピデュラ

02 ライト関係

03 雨装備

記事URLをコピーしました