GARMIN Edge520(エッジ520)が届きました。初期設定の方法・やり方など

<

さて皆様いかがお過ごしでしょうか。
注文していたGARMIN(ガーミン)Edge520(エッジ520)がついに届きました~。

 

 

 

 

 

運送会社がDHLだったので、再配達の区分が『午前 or 午後』くらいしか無くて受け取るのが大変だったのですが、何とか受領。色々いじり倒しましたが、ネットで探すと英語版(Edge520)とJモデル(Edge520J)の価格差があまり無いせいか、Edge520Jモデルを購入された方が多いようで、Edge500の時のように英語版を購入した人のブログなどがあまり見つかりません。

【Edge520(Edge520J)シリーズ目次】
1、初期設定のやり方(このエントリです)
2、全メニューリスト(Edge520)

3、Edge520(Edge520J)のまとめ
4、地図・マップ編

 

そのため、まずは英語版(Edge520)の初期設定の方法・やり方を備忘録として記載しておきます。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、既に先日の300kmブルベで使用しております。記事が前後してしまったのですが、レビューなどはこれから順次アップしていきたいと思います。まずは最初に電源を入れると、初期設定が開始されます。

<事前準備>
※スマホとペアリングしたい場合は、予めスマホのBluetoothをONに。更にアプリのGARMIN Connect Mobileをインストールし、ログインしておいて下さい。
※センサー類をペアリングさせたい場合は、乳バンドやその他機器類の準備をしておく(ただし後からいくらでもペアリング可能なので、初期設定時に行う必要はない)。

最初は言語の設定。通常はEnglishを選択すれば宜しいかと。他の言語が良い人は、適宜そちらを選択。

次は単位。日本であれば、メートルかマイル表記をお好みで選びます。

12時間表示 or 24時間表示を選択します。

次は性別です。Male(男性)もしくはFemale(女性)

年齢です。

体重です。

身長です。

サイクリングのレベルです。下からUntrained(運動不足)、Fair(まあまあ)、Good(良い)、Excellent(すごい)、Superior(かなり優れている)。

各種センサーに接続するかどうか。この場でセンサーを認識させたい方は、乳バンドを予め巻いておいて下さい。Yesにするとセンサーを探しにいきます。不要ならNOで。

Bluetooth接続するデバイスがあるかどうか。Yesにするとスマホなどを探しにいきますので、この場で設定したい方はスマホのBluetoothをONにしておくと良いと思います。

アクティビティプロファイル(データ表示画面をトレーニング用、ローラー用などに個別に設定・保存出来ます。そのトレーニング用などの設定のことをアクティビティプロファイルと呼びます)の設定をするかどうか。これも後から出来るのでNoで良いです。

ここまででとりあえず初期設定は終了です。タイヤ周長の設定は無かったです。スピードセンサーをペアリングした時に、自動的に検出されていました。

次回は、いきなりですが全メニューのリストを作成しましたのでアップします。これさえあれば項目の設定に悩むことはありません。PDFファイルを掲載しますので、DLしてご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です