【Edge820】完全版!メニューと設定項目の全リスト公開。PDFでDLまで出来ます

<

Edge520よりも更にメニューが多いので、リストが必須です。GARMINの社員ですら使いこなしていなそう…。


【Edge520シリーズ目次】
1、初期設定のやり方
2、全メニューリスト(Edge520版)
3、Edge520(Edge520J)のまとめ
4、地図・マップ編
5、全メニューリスト(Edge820版)※このエントリです
6、事故検出機能とは?

(順次追加予定)

さて皆様いかがお過ごしでしょうか。

Edge820をお借りすることが出来たので、既に公開されているEdge520に続いて、Edge820の(ほぼ)全メニューを網羅したリストを作成しましたので公開させていただきます。このリストは、メニューをとにかく上から順番に1つづつ開けていって、Excelに記録していったものです。

Edge820の機能としては、Edge520(Edge1000も?)で出来ることはEdge820でも全て出来る。その上で、コースのナビ機能が充実しているという機種となります。ハードのスペック的には、サイズはEdge520と全く一緒なのに内蔵メモリーが16GBという驚異的な容量を搭載しており(Edge520は100MB程度…)、地図のインストールに関しては容量で困ることはありません。

実際にEdge520のリストを見比べると分かりますが、機能の違いとしては

・ナビ
・グループトラック(Edge820を持っている人同士で、地図上で互いの位置を表示できる)
・コース作成
・トレーニングカレンダー
・wifiでファームアップデートが可能

あたりとなります。Edge820とEdge520のどちらを買うか悩んでいる方は、両方のリストを見比べてみると、何が出来るのかの比較が大変しやすいと思います。

あとEdge820では、さりげなくLT値やTSSなど、パワートレーニングに関する表示が増えていたりします。これはEdge520にも付けて欲しいのですが、更新されないんですかね?

また操作もタッチパネルなので、画面表示のカスタマイズなどは圧倒的にEdge820の方がやりやすいです。走行中に操作するには物理ボタンのEdge520の方が安全性が高いと思いますが、 自宅やカフェでいじる時などにはEdge520の、あの硬い物理ボタンを押すのが面倒なことも多々あります(女性は特に大変そう)。

私は先にeTrex30を買ってしまったので、地図の表示はもっぱらeTrex30に任せており、Edge520との2台体制です。ただこれも最低200kmという長距離を走るブルベだから許容出来ていますが、100km程度のライドのためにeTrexを買う、というのは全く現実的ではありません。

高機能なサイコンも欲しい、ナビもしてもらいたい、というのであれば1台で済んでしまうEdge820が間違いなくお勧めだと思います。eTrexは淡々と地図を表示してくれるだけですが、Edge820は『ここで右に曲がれ』とかのナビもしてくれますし(これはEdge810の時からそうでしたが)。

Edge520と比べるとかなりメニューの数が多く、多機能なため作成は大変でしたが、ようやくファイルが完成しましたので、公開させていただきます。DL出来るようにしましたので自由にご利用下さい。

<Edge820の設定項目リスト(PDF)>
更新日:2017/02/22

 

<注意事項>
・再配布はご遠慮願います。本エントリへのリンクは大歓迎です。
・各機能の内容についてはお答え出来かねます。
・データフィールドの設定項目についてはあまりに項目数が多いため、P9~10に別途まとめて掲載してあります。
・追加情報がありましたら、出来る限りupdateしますのでお知らせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です