スピードプレイ(speed play)ペダル&シューズ(スペシャ)の試走&インプレ

関東地方もようやく梅雨明け。やっと夏が来ましたね。
前回お盆の時期にSR600 fujiを走る予定と書きましたが、その前に千葉の200kmにエントリーしていました。BRM810 つくば200kmです。まだキューシートが公開されていないのでコースが判りませんが、熱中症で倒れないように頑張ってきます。ちなみに昨年は同様の真夏の時期にBRM728 青葉200km 新雛鶴を走っていまして、気温40度を超えると思われる中、何とか完走してきました。

さて先週の土日に早起きして、近所の周りをちょろちょろっと30km、2hほど走ってきました。目的はスピードプレイ(speed play)と新しいシューズを試すためです。

とにかくどんなもんなのか、慣れるのが目的ですのでペースはまったりと。
いきなりシューズとペダルの両方が新しくなりましたので、今までとは全然フィールが異なります。10年使ってヘロヘロのシューズと比べると、新しいシューズはすごい一体感。とてもスムーズにペダルに力を掛けることが出来るように。特にアッパーがしっかりするようになったので、引き足がとてもスムーズ。スペシャはワイヤーで締め付けますので、ベルクロに比べると適度にしなって快適な気がします。

しかし、この剛性がアップした…というのは特にスペシャのシューズだから、ということはでなく、新しいシューズであれば何でもある程度同様の結果になったとは思いますが(^_^;) でもこのスペシャのBOAシステムは気に入りました。

またペダルですが、ペダル自体の面積がとても小さい割には、意外にもペダルとあの大きなクリートが一体になっている感じがして、とても安定して踏むことが出来ます。ペダルからシューズを外す行為も、少し力をかけるだけですぐに外れてくれますので、立ちごけすることも無さそうです。もっとシャフトだけをピンポイントで踏むような感じがするのかと思っていましたが、そんな感覚は全くないです。ペダルと足裏の距離感も近い感じがしますね。

踏み込む時も引き上げる時も、かなり足&シューズ&ペダルが一体になっていますので、今までと比較するとかなりロスは無くなっているのではないでしょうか。今までのシューズだと、登りで引き足を使うと『大きく上下にシューズが変形』⇒『ペダルが引き上げられる』と、明らかに2ステップあったのがですね、スッっと一体になって回ってくれます。他の皆さんは当然のことなのだと思いますが(^_^;)

これだけ変われば、少しは速くなるはず…w
あとはアウトプットする人間の方がパワーアップせねば。。。

↓読んでいただきありがとうございます(^_^) 最後にポチっとお願いします!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です