カステリ

【レビュー】カステリ NANO FLEX 3G LEGWARMER(ナノフレックス3Gレッグウォーマー)

morou2

カステリの『NANO FLEX 3G LEGWAMER』を買いましたのでレビューします。

カステリ直販はこちらから。

カステリ公式オンラインストアはこちら
NANO FLEX 3G LEGWARMER
NANO FLEX 3G LEGWARMER

『PRO SEAMLESS LEGWARMER(プロシームレスレッグウォーマー)』のレビュー記事はこちらです。

■総合評価

  • 『NANO FLEX』を使っており、保温力が高く真冬以外の幅広い季節に使える
  • 『NANO FLEX PRO RACE BIBSHORT』と合わせるのがおすすめ
  • シリコングリップが合わない人は工夫する必要あり

撥水性のあるニット『NANO FLEX』を使ったレッグウォーマーです。 カステリのウォーマー系製品は他に『THERMOFLEX』と『PRO SEAMLESS』の2つがありますが、『NANO FLEX』は唯一撥水性を備えており、総合的な性能も高い製品となっています。その分、価格も高いですが『迷ったらこれ買っておけ』的な性能となっています。

■購入動機

来年(2023年)参加予定のPBP(Paris-Brest-Paris)のため、および春秋のブルべ用として購入。

PBPは8月に開催されますが、北海道よりも緯度が高いため夜間の気温は5度近く(天候によっては更に低く)まで低下する場合があるとのこと。一方で昼間は25度を超えることもあるので、このようなレイヤリング用の装備を準備しておく必要があります。

また、たまがわで毎年開催している『大洗・銚子300』ですが(3年連続で私が主担当です)、0時発のブルべのためこれもまた気温差が大きいです。

これまではニッカーを使っていたのですが、先日レビューした『NANO FLEX RACE PRO ビブショーツ』が裏起毛なのでビブショーツの割に気温対応力が広く、非常に便利でした。これにレッグウォーマーを合わせればかなり幅広い気温に対応出来ると考え、レッグウォーマーと組み合わせた運用を試してみることに。

■製品概要

スペック

まずはスペックを記載します。

  • 対応温度帯:8~20度
  • 価格:7,800円
  • 重量:151g
  • サイズ展開:S、M、L、XL

カステリのウォーマーの中では1桁の気温まで対応する製品です。サイズ展開も4サイズあり、幅広く対応します。

カステリのウォーマー製品の中でのポジショニング

カステリには、前述のようにレッグウォーマーが全部で3製品あります。各製品の違いは微妙なものなので、一覧表にして比較してみます。
※アームウォーマー、ニーウォーマーも全く同じラインナップです

名称 断熱 防水 防風 通気 価格 温度
NANOFLEX3G LEGWARMER 3 3 3 4 8,800 8-20
PRO SEAMLESS LEGWARMER 3 1 3 3 5,500 10-20
THERMOFLEX 2 LEGWARMER 4 2 2 3 7,150 8-20

総合的にハイスペックなのがNANOFLEXです。また防水性も備えているのが特徴。THERMOFLEXは撥水性はないが暖かい、PRO SEAMLESSはその名の通り縫い目が無く、伸縮性も高く着心地の高さに特化しています。

ディテール

細かい点をみていきます。カッティングは手が込んでいて、ふくらはぎの形状に沿った形になっています。

裾にはファスナーが備わっています。縫い目はフラットで、ほとんど気になりません。

上部はシリコングリップ、内側は裏起毛となっています。カステリのシリコングリップはグリップ力が強いので、肌が弱い人には向きません。

シリコングリップは嫌なので何とかしたい場合は、このように裏返すと大丈夫です。ただしグリップ力は落ちます。見た目を気にしなければ、レーパンの上から履くというのも選択肢です。

■実走レビュー

サイズ感

今回はまずMをオーダーし、その後にLをオーダーしました。結果としては、私の場合はLサイズが適切でした。私の体型は身長170cm/体重57kgのやせ型です。

レッグウォーマーは、適切なサイズを選択しないと走行中に何度も下がってきて非常にストレスです。試着をするとややタイト目のフィット感でしたが、シリコングリップの攻撃力が増すことを承知で使ってみることに。

購入して1か月後、11月に開催された『BRM1119大洗銚子300』で使用して、約200kmを走行。走行中はしっかり固定されて快適だったのですが、翌日になるとシリコングリップと接していた部分が立派にミミズ腫れになり、赤くなっています。どうやらタイト目のサイズでは肌の方が負けてしまうようです。
※シリコングリップへの耐性は個人差がありますが、正直なところ私は肌が弱い方だと思います

腫れが治った後、改めてLをオーダーして100kmほど走行。こちらは程よいタイト感でしたが、走行中に下がることもなく快適でした。走行後の腫れも発生していません。ということでLを採用。

ウォーマー系の製品はサイズ感が難しいため、カステリの返品制度を活用して最初から複数のサイズをオーダーすることが良いと思います。そして試着の上で、フィットする中でなるべく大きめを選択することがコツです。
※シリコングリップでかぶれない人や、レーパンの上から履くのでシリコングリップは関係ないという人はタイト目が良いと思います

暖かさについて

前述の通り、大洗銚子300で使用。出走日は11/12です。このブルべは0時スタートのため、夜明け前の一番寒い時間帯に茨城県の平野部を走ります。その時間帯の気温は約10度。同じくカステリのNANO FLEX製品『NANO FLEX RACE PRO BIBSHORT』と組み合わせて走りました。

まず暖かさですが、気温10度程度なら全く問題ありません。対応温度帯は8~20度ですが、1桁後半の気温なら気にすることなく使えると思います。さすがに2度あたりまで下がる場合は、素直にタイツを使った方が良いでしょう。

ウォーマーが寒いというよりは、一緒に使用するレーパンがカバーする下腹部が寒くて耐えられないと思われます。気温が1桁になると『NANO FLEX RACE PRO BIBSHORT』のような裏起毛レーパンなら大丈夫ですが、一般のペラペラ夏用レーパンではさすがに厳しいですよね。

雨について

またNANO FLEXの特徴である撥水性ですが、今回は予報に無い小雨が降り続きました。深夜の2時あたりから、実に12時まで。断続的にではありますが、200kmもの間ずっと雨と付き合うことになりました。

当然ながらレインウェアは持っていませんので、ウェアの性能頼りです。この時ほどNANO FLEXの有難味を感じたことはありませんでした。以前も青森でテストしているのですが、1~2時間程度の小雨ならNANO FLEXのウェアは全く濡れずに走ることが出来ます。しかも暖かい。

さすがに5~6時間続くとレインウェアを着るべきと思いますが、短時間の雨が何度も続くという状況には非常に適しています。ぜひ試してみて欲しいのですが、NANO FLEXは本当に水滴を(表面張力で)弾きます。この時はレーパンもウォーマーもNANO FLEXでしたので、パッドも濡れることなく非常に快適でした。

着用感について

脱着については、裾にジッパーを装備していますので非常にスムーズです。足首までしっかりカバー出来ます(ジッパーのコストは、価格に反映されていると思われますが)。

また縫い目があるタイプの製品ですが、縫い目の存在感を感じることはありません。肌への攻撃性では、むしろシリコングリップの締め付けの方がウェイトが大きいです。

このシリコングリップですが、肌が弱いことは自分でも認識していますので最初はグリップを裏返して着用しました。ところが30分も経過すると徐々に下がってきてしまうのです。やむを得ず本来の着用方法に戻しましたが、前述の通りの結果となりました。

購入の際は、返品制度を活用してなるべく複数サイズを試してからにすると良いと思います。

■まとめ

カステリの中で3タイプあるレッグウォーマーで、最も総合性能に優れた製品です。暖かくて軽量、肌触りも良く雨も弾きます。裾はファスナーで開くため脱着も楽と優れた点が多いです。

シリコングリップにだけ気を付ければ最高の製品と言えます。私のように肌が弱くても、工夫すれば問題なく使えますのでその点を考慮した上で購入すると良いです。

カステリ直販はこちらから。

カステリ公式オンラインストアはこちら
NANO FLEX 3G LEGWARMER
NANO FLEX 3G LEGWARMER

※カステリ社から当ブログ用のクーポンコードを発行いただきました。クーポンコード『RideJapan』を入力すると15%OFFになります。使用は1回のみ、セール商品は対象外です。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
@morou2
@morou2
当サイトは自転車関連のパーツレビュー、ブルべの走行記録を中心としたブログです。
管理人は40代のロードバイク乗り。20年前にCannondaleのCAAD3を買って以来、Cannoncdaleばかり乗り継いでいます。 昔はメッセンジャーやレース、今はロングライドとブルベ中心。ブルべの主担当もやります。
年間走行距離は約10,000km。身長170cm、体重57kg。
記事URLをコピーしました