ディスクブレーキ

【カンパニョーロ】ディスク用ホイールはこれだけある!2019年度版まとめ

2019年度モデルのディスクブレーキ用ホイールをまとめています。次はカンパニョーロです。カンパは意外にも早い時期(2016)からゾンダディスクを出してきて、ハイエンドのボーラでなくゾンダでディスク化してくるあたり、その当時は非常に喜ばれました。何故なら性格的にも定番で、かつ買いやすいお値段だったからです。

ディスク用のホイールは各社とも『ロード用では初めて出します』という状態でしたので、いきなりボーラを出されても買うのはリスキーです。その点、ゾンダあたりなら『失敗しても良いか』と寛容になれる価格です。ユーザー側もゾンダは質実剛健と思っていますので、それ程性能は求めませんし。QRも6穴のモデルも揃えていて、使っている人も見かけますし、割と売れたのでは無いかと思います。

■カンパニョーロのディスクブレーキ用ホイール(シマノ)

リム高 内寸 外寸 重量 価格
BORA ONE 35DB TUB 35 24.2 1,276 ¥267,000
BORA ONE 35DB WO 35 23.5 1,483 ¥299,000
BORA ONE 50 DB TUB 50 24.2 1,348 ¥267,000
SHAMAL ULTRA C17 DB 2WAY 17 22.2 1,557 ¥175,000
ZONDA DB(センターロック) 26/28 17 1,657 ¥84,500
ZONDA DB(センターロック、QR) 26/28 17 1,657 ¥90,500
ZONDA DB(6穴) 26/28 17 1,657 ¥83,000
ZONDA DB(6穴、QR) 26/28 17 1,657 ¥87,000
SCIROCCO DB(センターロック) 33 19 1,739 ¥70,500
SCIROCCO DB(センターロック、QR) 33 19 1,739 ¥73,000

カンパフリーももちろんあるのですが、今回もシマノフリーだけとさせていただきます。シマノフリーのモデルは全部で10モデルありますが、チューブラー/クリンチャー、センターロック/6穴などのバリエーションを考慮しないと実質は5モデルですね。

ざっと見ると、買うならシャマルウルトラあたりでしょうか。同等クラスのレーゼロと比べて、リム幅がまだC17のおかげなのか、若干軽くなっています。値段も少しだけ安いですし。他社はどんどんワイドリム化していますので、C17が良いのであればシャマルウルトラでしょうね。

後は軽さだけならボーラワン35ディスクのチューブラーです。チューブラーとは言え1,200g台という恐ろしい軽さ。シマノのC40(リムハイトは37mmです)チューブラーでも1,384gなので、それよりも更に100gも軽いという。

と…ここまで書きましたが、スペック表を眺めていて気が付きました。ボーラとシャマルウルトラは、リアホイールのOLDが130mmなのです。重要な事なのに、カワシマサイクルサプライのページを見ても書いてありません。最近のディスクロードには使えないという事になります。逆に、シロッコとゾンダはリア142mmのラインナップがあります。

しかし日本のディストリビューターは、何故スペックをしっかりwebサイトに記載しないのでしょうか?本国のページを見たら全て載っているのですから、出し惜しみする理由は無いはずです。国内の販売店にはしっかりした紙のカタログを作成・配布しているディストリビューターも多いですが、webの情報は非常に貧弱でやる気が一切感じられません。

今どき、調べればすぐに分かるスペック程度は載せておかないと逆に売れなくなります。ショップだって、いちいち『このホイールのOLDはいくつなの?』みたいな質問に対して、紙のカタログをめくって返答するなんてやりたくないはず。そこにカタログ置いておくから、勝手に見てと思うのでは。ショップが提供する付加価値って、もっと別なところにあるはずです。

3Tだって、契約があさひに移ってから一気にwebサイトが充実して知りたいことがすぐに分かるようになりました。おかげでハンドルやステムを買いたいときは、3Tは常に候補の1つです。知りたい情報が確実に入手出来るので、買ってから失敗することが無いからです。

話が逸れてしまいましたので戻します。カンパのリムブレーキモデルにはブレーキ面が金属の、いわゆるアルカーボンディープリムモデルの『バレット』があります。

これらの『ブレーキ面が金属のディープリム』というモデルは、ディスクブレーキ版の存在価値は無いように思えます。バレットはカンパニョーロブランドの安価なディープリムという立ち位置でそれなりに需要があったと思うのですが、ディスクブレーキへはフルカーボンに変身して移行したりするのでしょうか。

ということで、カンパに関してはゾンダなら買い。ボーラ・シャマルウルトラはリアのエンド幅が130mmのフレームの人は買えますが、そうでなければ2世代目のボーラワンDBが出るのを待つ、ということになりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください