お知らせ

【記録】役割を果たし水没した荒川河川敷…台風19号の猛威

2019年10月12日、強力な台風19号が上陸し東海から関東、東北まで甚大な被害をもたらしました。私もそれなりの歳を重ねましたが、幼少の頃と比べると治水のインフラが着実に整備される一方で台風はより強力になり、なお被害が発生しています。私は生まれも育ちも生粋の埼玉県人ですが、小学生の頃は近所の古い家には納屋があって、天井には舟がぶら下がっていましたからね。

日頃荒川のサイクリングロードを利用させてもらっている一人として、記録のために共有したいと思います。今回は埼玉県内はおろか同じ市内にも床上浸水などの被害が発生しており、私が被害に遭わなかったのはまさに紙一重。想像すると(これまでの他地域の災害の時も同様でしたが…)苦しくなるので手短にします。

翌13日の荒川の様子

台風が通過した翌13日の荒川の様子です。この日は元々予定が無く、台風が無ければ走りに行く予定でした。幸いにして我が家に被害が無かったため、一通りの片付けを終えて走りに行きました。これだけの台風が通過すると荒川は何がどうなるのか、を(危険とは思いつつ)目に焼き付けておきたかったというのもあります。

堤防には近寄る気にはなれなかったので、CRを通ればすぐですが遠回りして一般道を走り、橋を渡って入間大橋の信号まで到着。ここは通常時はこんなところ。中央の道路の両側には、荒川と入間川の河川敷がそれぞれ広がっています。

ところがこの日は両側とも完全に水没。あの広大な畑が湖の様になっています。

要するに中央の道路は荒川と入間川を隔てる堤防の上に通っているだけなのです。この場所は荒川と入間川の合流地点で、『背割提』と言います。2つの河川をいきなり合流させると洪水を招くので、並走区間を長く取ってゆるやかに合流させるという機能を持っています。

⇒荒川上流河川事務所『背割堤』とは

あの先の道路は少し下に降りていくのですが、そこが一体どのような状況なのかは分かりません。観に行く気にもなりませんでした。google mapの交通状況を見る限りでは通行可能なようでしたが…。

※1か月後(2019/11/10)に右側のサイクリングロードの写真を撮ってきました。

いまだに標識の上部に草が絡んでいます。

標識が倒されています。根元が激しく損傷しています。流木でもぶつかったのでしょうか。

こちらの標識も倒れていますが、先ほどの標識ほどは損傷はしておらず。この通りには他にも標識があるのですが、倒れているのはこの2本です。この2本に何かあったのは確かでしょう。

元々荒川のサイクリングロードは、荒川の遊水地におまけのように作られているものです。中流域の埼玉県では『サイクリングロード』として整備されていますが、東京都に入ると単なる緊急用の道路。サイクリストはサイクリングロードと勝手に呼んでいますが、実際はサイクリングロードではありません。

江戸川などでも、堤防の内側の河川敷にはゴルフ場や野球場があるのが定番ですが、これまでも台風がくると普通に軽く水没していました。しかしここまで完全に水没してしまったのは初めての経験です。一体どれだけの雨が降ったことか。

『川幅日本一』というのを聞いたことがある人もいると思いますが、『川幅』は堤防と堤防の間の距離と定義されており、日本一の地点は鴻巣市にあります。その幅なんと約2.5km。上記の画像の地点もそこまでは広くないものの、似たような幅があります。これまでは『2.5kmなんて大げさな…』と思っていました(鴻巣市民ですらそう思っていたはず)が、まさかそれが実際に機能してしまう日が来るとは。その日本一の地点でも、実際に堤防の上部まで水が来ていたようです。

南は戸田の彩湖(荒川第一調節地)からこの入間大橋まででも、直線距離で20km弱あります。川幅日本一の河川敷は更に上流になりますから、それはもうすさまじい量の水です。

しばらくサイクリングロードは使用出来ないと思いますが、元々堤防の内側にある施設ですから当然です。それまでは復旧の妨げにならないように過ごしたいと思います。最後に、お亡くなりになられた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方が少しでも早く日常を取り戻せますように。私も出来ることを協力してしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください