3Tステムの長さ 実測(その2)

<

その1からの続きです。

■計測方法

さてステム長さの実測ですが、そもそもステムの長さをどうやって測れば良いのでしょう?いきなりここで悩みましたw

方法としてはいくつか考えられます。

1、ノギスを直接当てて計測
2、差し金(サシガネ)を直接当てて計測
3、紙にトレースして計測
4、デジカメで基準物(差し金とか)と一緒に撮影し、画像加工して計測

など。

ここでネックになるのが、ハンドルクランプ部はパーツが分割されるため基準点が大変判りやすいのですが、コラム部分は『どこが中心なのか』ということが目視ではよく判らない、ということです。4も面倒そうなので、結局3の方式で行くことに。

■実測

コピー用紙の上にステムを置いて、紙に接している部分をチェックしてケガキ。ハンドル部・コラム部各々の中心を明確にします。

こんな感じになりました。

ここまで来れば、後は測るだけですね。ウチの小学生の息子でも出来ます。

実測値を下記の載せます。前回の模式図で、『中心-中心』をA、『下端-下端』をBとしましたのでその通りにしたいと思います。ついでに『上端-上端』も測りましたので、ややこしいですがCにしときます。

・3T 90mm
-A:91.5
-B:90.0
-C:93.0

・3T 100mm
-A:104.5
-B:103.0
-C:106.0

・Cannondale 100mm
-A:100.0
-B:98.5
-C:101.5
※いずれも単位はmm

今回の計測方法が実際に3T社が設計している基準と同じなのかどうかは知りませんが、90mmの場合は『下端-下端』が公称通りの寸法であることが判りました。しかしながら、100mmの場合は『下端-下端』でも3mmも長く、計測した本人からしますと本人の性格が適当だとか、ビール飲みながらやったから(内緒w)とか、それ以上の差異であると言えます。道理で90mmと100mmを並べると1cm以上の長さの違いを感じるはずです…。

こうなると、『下端-下端』が3T社の設定基準なのだ、という結論をここで導くのは早いような気もしてきます…。個人的には、110mm~130mmまであと3本くらいを実測して比較したい感じです。

仮に『中心-中心』で比較すると3Tの90mmは91.5mmですので、まだカワイイ誤差ですが、100mmの場合はなんと4.5mmも長くなっていますので、他社製の100mmステムから3Tに乗り換えると明らかに気が付くレベルです。Cannondaleのステムは『中心-中心』で100mmとなっていましたので、事前の予想通り。

みなさま、ある程度はご納得いただけましたでしょうか?今回判ったことをまとめますと、

1、世に流通しているステムの長さは『中心-中心』を基準にして設計されているものが多い『かもしれない』
2、3Tステムの長さは『下端-下端』を基準に設計されているということで正しそうだ
3、3Tステムの100mmは全然100mmではない。105mmとか微妙な長さが欲しい人は買うべき!w

…どこかのショップで、全サイズを実測して公表してくれませんかね?
とりあえず3Tを買う時は『多少長いのがくる』と思っておけばよさそうです(@_@;)

3 件のコメント

  • 最後の緩~い締めが素敵です!
    ほぼ予想通りの結果になりましたが、あとは個体差と他のメーカーですかね。Dedaの90mmをポチりましたので、届いたら計測してみましょう。
    次回の「やってみよう!実測シリーズ」は何だろう(笑)

  • ernestさん
    お疲れ様です。
    お褒めの言葉ありがとうございます(^_^;)
    結果が『どひぇー』にならなくて申し訳ありませんでしたが、もやもやしていたものが判ったのでよしとしたいと思います。
    次回の実測シリーズは何が宜しいでしょうかw

  • 実測シリーズ…。
    あとは何でしょう。メーカーによって計測位置が違うのはハンドルくらいかな。タイヤもバラツキ多いか。そうそう出てきてもらっても困るけどね(^_^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です