パーツのインプレ・カスタマイズ

【物欲】ブルベで使うロード用シューズ選び

さて前回からの続きです。

ブルベで使う…と言っても、ブルベ以外で履くシューズが別にあって、ブルベだと硬すぎて疲れるので別のシューズを買う…とかいうお話ではありません。単に私の年間走行距離の7割位がブルベなので、必然的にブルベでの使用を念頭において何事も選択がなされるということです。

こないだ600kmを完走して、準備さえすればそれなりに走れるなー、というのが走った実感でした。確かに脚は痛いですが整体行き始めてから良くなってますし、ケツが痛いのはパッド入りのSMPを導入予定。1,000kmでも行けるんじゃないの?という感じです。そうすると次は『速く走りたい』というのが自然な欲求として出てくるわけでございまして、とりあえずシューズをロード用で新調することに。

んじゃどこのブランド?ということになるのですが、今の時代シューズのブランドだけでも昔と比較するとかなりの選択肢がありますね。私の場合、こういうこともあろうかと日頃から雑誌や自治区のチェックだけは怠ることなく続けていますので(笑)、今回のように『買いたい製品のカテゴリは決まっているが、ブランドは全く白紙の状態』という状況においては自分自身の『純粋想起』を信じるようにしています。

純粋想起とは、ある商品のカテゴリを聞いた場合に、手掛かり無くどのブランドが頭に思い浮かぶのか、というマーケティング用語です。例えばハンバーガーなら一般的にはマックやバーガーキング、モスバーガーあたりが純粋想起されるでしょう。

単純に広告がカッコいいから印象に残っている、というケースももちろんありますが、日頃雑誌などを読んでいて『このシューズよさそうだなー』という機能面で印象に残っていて、『いつか買うならこのブランド』という形で記憶の奥底に格納されているんですね。

そこで私の中でまず『試着してみたい』と思い浮かんだのはシマノとスペシャライズドでした。他にはデザインの良さでMAVIC、後は今使っているのと同じブランドということでSIDIですね。そこまで歴然たる性能差があるわけでもないでしょうし、あまり沢山履いても今度は選びづらくなってしまいますので4ブランド程度あれば十分だと思います。シューズは試履きが大前提ですから、あまりマイナーなブランドでも今度は現物を展示しているお店が無くて苦労しますからね。

シマノはやはり日本のメーカーですから日本人の脚に合うということと、熱成形のモデルがあってそれを試してみたいというのがありました。スペシャもかなり真面目にシューズを作っていて色々なところで良い評判を耳にする機会が多いです。あのBOAシステムも良さげです。

というわけでまずはシマノ他を試すべく、御徒町のY’sに行ってみることにしたのでした。

POSTED COMMENT

  1. か~だ より:

    こんにちは! 1000km行けちゃいそうですか?ハンパないですね。(^^;
    自分はシマノペダルにスペシャのシューズですが、スピードプレイの両面使えるのは気になります。スズキさんで片っ端から履きましたが、SIDIとスペシャが感じよかったですね。後は予算次第…熱整形が良いのはわかってますが、お値段がねぇ、、、先シーズンはスキーブーツをガッツリ焼きましたので、次は自転車も熱整形でいきたいところです。 いずれにしても試着してナンボですかね(^0^)ノ

  2. morou より:

    か~ださん
    お疲れ様です。
    こないだ600km走り終わった時であれば、ケツと脚が痛かったのでその場では『もう勘弁』という感じでしたが、その分体は元気でしたので脚とケツさえ対策すれば、(トラブルが無ければ)1000kmも行けたと思います。
    …と勝手に思っているだけです(^_^;)
    さてシューズですが、その後検討してスペシャになりそう…。ペダルは全く決まってないです。どうしようかなー。熱成形はいいですが、TOPモデルにしか設定が無いのが難点。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください