┣BRM110R東京200いってこい伊豆網代

BRM110 R東京200kmいってこい伊豆網代 完走しました①

さて今回は2016年初のブルベということで、1/10開催のR東京の200km いってこい伊豆網代に参加して来ました。

スタート時刻は6時と6時半があるのですが、6時半なら始発(4:30…)で間に合うので6時半にエントリー。ところが1週間前になって早起きするのが面倒になり、またスタートは武蔵小杉近くなのですが、川崎にならわずか2000円で泊まれるカプセルがあることが分かり、急きょ前泊することに。川崎なら定期で行けるし、どこに何があるか分かっているので色々便利。あと、Hotels.com経由でカプセルが予約出来るのも決め手。ポイントがもう少しで全部貯まるんですよ…2000円で1ポイント貰えるのは非常に大きい。

ということで、前日に浦和駅で輪行の準備をしていると何と@azuazumaさんご家族とばったり。まさか自転車を輪行袋に詰めている10分足らずの時間で会えるなんて思っていませんから、驚きました。奥様にご挨拶までしてしまった。5月にはりんたろう君をお預かりさせていただきますので…。

上野東京ラインに乗りながらR東京のサイトをチェックしていると、何と2016年からは『尾灯は2つ必須』と書いてある。

げげ、家に帰れば2つあるけどもう電車の中…どうしよう?と思っていると川崎駅前のルフロン5Fにコギーというサイクルショップがあることを思い出す。武蔵小杉とかじゃなくて川崎前泊にして良かった。川崎に到着すると、閉店10分前に駆け込んで適当なリアライトを購入。ホテルにも無事にチェックイン、自転車を預かってもらい夜の川崎へ。平日も毎日来ていますから、全然休日という気がしない。飲み屋も探すのが面倒なのでいつもの店でいつものホッピー活動。1人前夜祭して23時位に就寝。

翌日は予定通り4時半に起きましたが、頭の中で考えていた予定では、何と自転車の組み立てをする時間が計算されていなかった。おかげで15分位予定が遅れるも何とかブリーフィングに間に合う時間に川崎駅前を出発。ところが途中でトイレに行きたくなりコンビニに駆け込む、この時点でブリーフィングには間に合わないことが確定。。。頑張って等々力公園に到着すると、朝日に照らされる等々力公園のスタジアムがまぶしく感じるw

ようやく受付に到着すると、既にスタートも始まっており、受付はご覧の通りの状態(笑)

待ってくれていたりゅーせいさんにご挨拶、四方吉うどんのチケットを渡せなくてスミマセンw

スタッフのばっきーさん、ナオキさん、しほさんにも新年のご挨拶。車検はまこたさんにチェックしていただきました。こういう状況だと、知り合いが沢山いて本当に助けていただきました。。。ナオキさん・しほさんは実走スタッフで、私の少し前に出発していきました。

ようやく気持ちを落ち着けて、ばっきーさんに『行ってきます!』と出発。でもこの後にも、スタートに向かうらしき参加者とすれ違いましたよ?大丈夫か心配になります、スタートから30分は大丈夫とはいえ遅刻すると気が動転しますよね。

しばらくは川崎~横浜を単独走行。ほどなく何人かのライダーに追いつきます。横浜市内は本当に信号が多いので、すぐに10人位のパックになってしまうんですよね。でも序盤なのでまだ5~6人のパックで進んでいきます。その内に更に前のパックに合体すると、何とそこには同じ6時半スタートのはらぽんさん・ゆりかさん夫妻、それとナオキさん・しほさんがいるではありませんか。いやー、ビリスタートで寂しかったので知り合いに合えて嬉しい、声をかけてPC1まで一緒に走ります。

信号地獄の横浜市を抜けて、藤沢あたりに入るとだいぶ走りやすくなってきます。

海老名に入ると、前方に富士山が。富士山なんて荒川CRでは一部からしか見えないので、嬉しくてつい写真を撮ってしまいます。

続いて伊勢原でもくっきりと。冬用のグローブをしていると、走りながらピントを合わせることが出来ませんね…。

ここまで来れば、すぐにPC1のデイリーヤマザキ平塚北豊田店です。風も無く、おしゃべりしながら平和な道中でした。2年前、2月に300kmを走った時もこのコンビニがPCでしたが、その時は雪が積もっていましたね。

実はボトルに飲み物を補給しないままスタートしてしまい、水分を欲する前にナオキさん達と合流。面倒なので水分無補給のままここまで来ていたのでした。病み上がりで喉の保護のためマスクをしていたので、喉も全然乾きませんでしたね。マスクは補給回数を減らすのに役立ちますね~。

ということで飲み物と走りながら食べる用にカロリーメイトを購入し、断腸の思いでゆりかさん達に挨拶をして先を急ぎます。スタート地点で私のことを探していたというイーチョさん、エントリー時のお礼を伝える必要のある@anzy66さん(6時スタート組)に追いつきたかったのです。特に@anzy66さんは同じ浦和で同じSupersixに乗っていますので是非ともお会いしたい。でもクロサワさんならまだしも、私が30分差を詰めるというのは、無謀な気もしますが…orz

その2に続く。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください