BRM421たまがわ400 奥久慈

【ブルベ】桜満開のBRM421奥久慈400の試走に行ってきました

さて先週末はあまり天気予報が良くないどころか、日曜日の朝は『台風か?』という程の暴風が吹き荒れるほどの天候でした。そんな中、土曜~日曜にかけてたまがわの奥久慈400の試走に行ってきました。

別途、公式にレポートも上げているのですが、こちらは徒然なるままに。

定番の前夜祭

スタートは定番の船橋親水公園から7時発です。一応自宅からも始発に乗れば間に合うのですが、4時起きが必要な上にその週は仕事が忙しく、起きられる自信が無かったので代表の家に前泊。という名目の飲み会です(仕事が忙しかったので、『歓迎会』とかの名目の無い、単なる飲み会も久々だった)。

今回もお互い学習して日付が変わる前に就寝(那須600の時は寝坊したので)。特にネタも無く、普通に起床してスタート地点に向かいます。

新車が来た!

実は今回は発注していたキャノンデール シナプス ディスク アルテグラ が納車されており、その初ライド。がっつり雨の天気予報だったのですが、テストにちょうど良いとばかりにいきなり実戦投入。ペダルを付けただけの買ったばかりの状態で、ポジションの調整も一切無いまま400kmを走るという無謀さです。一応マッドガードだけは四苦八苦しながら装着しました(2時間くらいかかった)。フルマッドガードなので、どんな雨でも平気なはず。

PC1まで

さてPC1までは約70kmあります。利根川を渡ってすぐのセブンがPCなので、成田空港を通過して茨城まで行かないといけません。ちなみに今回の試走ですが、結論から言うと300km走ってタイムアウトDNFでした。要因は色々あるのですが、いきなり新車を投入するのはリスクが高かったと…今更ながら感じます。

サドルもこんな感じでセラロイヤルのもの。合わなくて、今でも股がヒリヒリしています。300kmでDNFして良かった。

ハンドルも幅広で違和感あったし、ステムも1cmくらい短くしたい。マッドガードも取り付けが甘く、何度か調整を強いられました。このせいで15分とか20分は時間をロスしていたと思います。一緒に走っていたりんぱぱさん、ごめんなさい。『タイムロスの全くないブルベ』なんて無いのかも知れませんが、こういう時間の積み重ねなんですよね。

今回は携帯ツールも入れ替えて、ちゃんとしたメガネレンチとドライバーとニッパーまで持ち歩く。おかげで、最終的には完璧に調整出来ました。

PC1には11:15に到着。72kmを3h45mなので、まぁ普通ですね。ここでサドルの角度と前後調整をして、かなり楽に走れるようになりました。奥に3台目の自転車が写っていますが、なんと奥久慈400の下見をしているという方と会いました。当日は頑張って欲しいですね。

PC2まで

この日の天気予報は曇りのち雨。一度も晴れ間を見ることなく、あまりテンションの上がらないまま霞ケ浦周辺のアップダウンをこなし、118km地点のPC2のミニストップに到着。約6時間で到着していますので、平均的なペースですね。

このあたりでいきなり気温が下がって、りんぱぱさんがレインウェアを着用。まだ13時半なんですけど。。。恐らく10度くらいしか無かったと思う。この後PCを出発して国道6号に出たら、車も増えて少し暖かくなりました。

PC3まで

このコース、PC3と通過チェック間の山岳だけが登りかと思いきや、常陸太田から日立に入るところに峠があり、結構上らされます。PC3は高萩なのですが、距離も70kmあるので途中で休憩が必要ですね。

とうことで、登りの直前にあるセイコーマートで補給。茨城はセイコーマートが沢山あって楽しいですね。

ということで、峠越え。斜度はきついですが、距離は短い。比較的新しい道なので、ちゃんと10%で登るように作られていました。

景色は良いので、また天気の良い時に走りたいですね。

この満開の桜を過ぎるとピークでした。一気に下ると、すぐに186km地点のPC3、高萩のセイコーマートです。時刻は17:40。ついに雨が降ってきました…。ホットシェフの豚丼(温たま入り)を2人で食べながら、進むか退くかのの作戦会議が始まります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください