【ブルベ】桜満開のBRM421奥久慈400の試走に行ってきました その2

作戦会議

さて会議が始まりますが、りんぱぱさんは既に帰りの電車を調べています(笑) 一方の私は、納車された状態のままの新車でポジションが合わないまま走っていて結構疲れているのですが…ディスクブレーキとフルマッドガードを装着してきたこともあり、テストに最適と言う事で走る気満々です。

こちらはスタート前の写真ですが、雨でもOKなフルマッドガード。これのおかげでフレームは全く汚れませんでした。ディスクブレーキも、どんなに雨が降ろうが晴天時のキャリパーよりも制動力があります。

帰る気ゼロの私を見て『しゃーねーなー』と最後にはりんぱぱさんも出発することに。どこからかレインシューズカバーが出てくるので、ちゃんと準備はしていたんですねw

suewのサドルバッグも、レインカバーもちゃんと持ってきました。一応反射材がついています(グレーの帯状の部分)。

おにぎりも装着可能。

現在時刻は19時ですが、ここからは12時間以上に亘り雨の予報です。しかもAM3時頃に最も雨が強くなるとのこと…。約1年ぶりのBRM復帰戦なのに何と言う修行度の高さ…。しかも折り返してからは、ひたすら向かい風の予報。まぁとりあえず行けるところまで行ってみましょう。

ということで距離30km・標高780mくらいの登りに出発。次の福島県矢祭の通過チェックのファミマを目指します。

最初は道も広いのですが、斜度も10%とか出てきて結構きつい。雨はひたすら霧雨が降っています。途中5kmほど?進んだところでりんぱぱさんが無念のDNF。サングラス(兼眼鏡)が結露してしまい、どうにも前が見えないとの事。

そこからは私一人で進むことになります。しかし1人の試走はテンションが上がりませんね。ひたすら小雨が降っていてどうしても休憩が増えます。

ですが序盤の斜度のきついエリアを通過すると、30kmで約800mを上がれば良いだけあって後は4~5%前後の緩い斜度がひたすら続きます。途中からは突如民家が消滅し、1車線の林道の様な漆黒の県道を進みます。これぞ夜中の峠越えと言った趣。

私の失敗は、ここでリア34Tを使い過ぎた事です。ポジションが合わなかった(事にしておいて下さい)せいで疲れを感じていて、心拍数を上げないように走っていました。完成車で買ったら11-34Tというスプロケがついていたのですが、楽だからと調子に乗って34Tを使いまくり…。ギア比1:1は楽だけど進まないw

それでも34Tのおかげで、あまり疲労を溜めずに福島県との県境まで到着。これで登りは終了です。

相変わらず雨はひどく、おまけに物凄い風。下りのはずなのに減速することも。ウェアを真冬装備にしてきて正解だった。体感気温は5度くらいしか無かったですよ?

34Tで遅れた時間はダウンヒルでかなり取り返せました。ディスクブレーキなので雨でもガンガン下れます。下りの暗闇から突如ヘアピンが現れても全く問題無し。晴れの日と同じ感覚で減速出来ます。精神的な余裕や疲労度が全然違いますね。途中に狸が出てきたけど、轢かなかったのはディスクのおかげ。楽すぎる。

通過チェックに到着

ということでようやく232km地点、通過チェックのファミリーマートに到着。時刻は22:02。

232kmを約14時間半で進んでいますので、良いペースです。店長さんに挨拶し、30分くらい休憩して雨の中を再度出発。ここからは眠くなるでしょうから、タイミング良く目をつぶれるような場所があれば良いのですが…。

と走り出したのは良いものの、ここからはひどい向かい風。コンビニの旗がバタバタと音を立てています。時速20km/h程度が頑張ってもせいぜい。70km先のPC4に到着するのはいつになることか。

タイムアウト

そして試走なので、途中で2度の仮眠と2度の休憩(道の駅のチェックとか)をはさみ、288kmで入ったコンビニでふと時計を見ると。時刻は3時。そしてキューシートのPC4のクローズタイムを見てみると、3:28と書いてある。

げっ、あと28分で18kmも進める訳ない!

と思ったら、スタートは7時半だったことを思い出す。焦った…。

クローズタイムが30分延びましたが、1時間で18km進まないといけない。元気な時なら楽勝ですが、相変わらずの向かい風で頑張っても20km/h程度しか出せていないのに、これはキツイかも…。

慌てて食べかけのプリンを流し込み、PC4へ向けて出発。

頑張ってペダルを踏むこと1時間。PC4のある306kmをサイコンが表示し、セブンイレブンも出現。

『1分前!着いた!間に合った!』

一応、ランドヌールの習性でセブンイレブンの店名を確認すると『セブンイレブン笠間才木店』。PCは『セブンイレブン笠間昭和町店』です。

まさかサイコンの距離がずれているとは…。このタイミングでこの状況は想定していなかった(というかこの時点でタイムアウト)ので、慌てる気持ちを落ち着かせ、雨のしのげる場所を探してスマホでPCの位置を確認。どうやら2kmほど離れた場所にPCがあるようです。雨が降っていると、スマホを見るにも屋根のある場所を探したり濡れたグローブを外したりで一苦労。こういう事で地味に時間が削られていくのが雨天ブルべ。

既にタイムアウトなのですが、折角なのでPC4まで行ってみることに。2kmなのですぐに到着(笑)

そして5分間に合わなかったレシートを入手して、身の振り方を考えます。これでギリギリ間に合えば走ろうと思っていたのですが、5分だけアウトとは。

走ろうと思えば走れますが、ずーっと鼻水が止まらずに体調も宜しくないし、合わないサドルで股がヒリヒリするし、相変わらずヒドイ向かい風なのでタイムを取り戻せる気もしないしで、悩んだ結果笠間駅から輪行に。悔しいですがモチベーションが続きませんでした。

笠間駅に着いたら着いたで、朝の4時だと言うのに駅舎の前で独り言をつぶやくおじいちゃんに絡まれたりして散々な目に(何時からいたんだ?)。ディスクブレーキ車の輪行は慣れてないから面倒なのに…。マッドガードも外さないといけないし。どうにか5時の始発には間に合いましたが、余分な体力を消耗してしまいました。

しかしマッドガードはすごい。あれだけ雨の中を走ったのに、フレームがピカピカです。外すのには手間がかかりますが、フレームの掃除をする必要も無いので、時間的にはチャラかも。むしろ巻き上げる汚れでフレームが傷つかないからメリットが上回るかも。

その後は居眠りしながら船橋まで帰還。船橋に到着した頃が、天気が大荒れでまさに台風。武蔵野線は強風でいつもの様に遅延しているし、輪行袋を抱えて歩いていると風であおられて歩けない。どうにかりんぱぱさんと落ち合って、二人で他愛もない話をして昼過ぎに帰りました。

このおかげで当日は暑いほどの晴天に。皆さん楽しまれたようで良かったです(泣) 昨年の佐渡200はこの逆パターンで楽しませて貰ったのですが、こういう事もありますよね。

2 件のコメント

  • 試走でこんなにきつかったんですね。でもシナプスの機能は存分に試せたのでよかったですね。お疲れ様でした。

    • 今までタイムアウトを考えたことが無かったので、時間管理が甘かったです。色々な要因が重なった結果でした。
      でも向かい風はキツかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です