【ブルベ装備】ブルベで使うライトについて その2 キャットアイ編

さてブルベで使うライトについて、その2です。

今回は何のひねりも無く、キャットアイのライト編です。最初に買うライトを間違えて、後から更に高いライトを買い足した!という事にならないようにして下さい。迷ったらとりあえずVOLT800を買っておきましょう。

■キャットアイの製品ラインナップ

ブルベで使えるであろう製品を紹介します。対象はこの5つです。

VOLT1700

まずはハイパワー・大容量モデルのVOLT1700です。当初は1200でしたが、その後1600になり、2017年8月に1700になりました。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥20,791 (2022/09/26 08:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

まず200lmのローモードで15時間持続しますので、1晩であればランタイムの心配はありません。街灯が一切ない山の中を走る場合やダウンヒルの場合にミドルモード(500lm)が役立ちます。林道などは路面が悪く舗装に穴が開いていたりしますので200lmでは不安な時もありますが、500lmあれば十分です。

スペック的には全く問題ありませんが、重量が256gと重いことと本体が大きいという物理的なデメリットがあります。ハンドルバーのセッティングに余裕が無い人は辛いかも。あと、高い(笑)

VOLT800

言わずと知れたベストセラー。一番バランスの取れたライトでは無いでしょうか。実勢価格10,000円ちょっと、重量も軽め。ローモードで8時間とありますが、バッテリーが新しければ実際はもう少し持続すると思っています。更に予備バッテリーを持つと200lmで約16~18時間持続する計算になります。

VOLT1700よりも持続時間は長いですし、VOLT800(140g)+予備バッテリー(約70g)の合計重量の方が軽くなります(VOLT1700は256g)。

その上、スリムなので取り付け場にはあまり悩まずに装着出来ます。同じライトを2つ運用すると、ランタイムも同程度になるので管理が楽です。キャットアイは防水性も高く、信頼出来るので雨の日でも不安がありません(雨の日に逆さ吊りはしないようにしましょう)。

予備バッテリーについては、通勤用などでVOLT400や300を使っている場合はバッテリーがVOLT800用として共用出来るので大変便利です。追加で買わずに済みます(ただしVOLT400用の予備バッテリーは容量が少ないので注意)。私はこのVOLT800の2灯体制にしています。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥12,382 (2022/09/25 17:19:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥2,718 (2022/09/26 08:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

VOLT400

その名の通りVOLT800の明るさ半分のモデル…と言いたいところですが、ミドル(100lm)とローモード(50lm)では明るさが1/4になっています。VOLT800で200lm・8時間持続するのに慣れてしまうと、同じく8時間もつとは言え、ミドルモードの100lmはちょっと物足りない明るさ。基本的に街灯のある場所のみを走るような、都市部近郊のブルベでのみ使えるかな、というポジションです。せめて1灯はVOLT800にしたい。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥6,691 (2022/09/26 08:07:18時点 Amazon調べ-詳細)

GVOLT70

2019年に出た新たなモデルです。対向車を幻惑させないため、配光に規制のあるドイツで販売されているモデルが逆輸入されました。GはGermanyのGです。VOLTという名称が入っていますが、従来のVOLTとはかなり路線が異なります。

  • 下吊りモデル
  • バッテリー交換不可
  • レンズにより配光が工夫
created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥5,555 (2022/09/26 08:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーがカートリッジ交換式でなくなりましたが、VOLT800と同じ200ルーメンのミドルモードの場合、VOLT800よりも持続時間が1.5時間長くなっています。600kmブルべで早速テストしましたが、徹夜で走るには持続時間が足りません。宿に数時間滞在する前提であれば9.5時間で十分足りました。

バッテリーの容量はVOLT800と同じ3,400mAhなのに持続時間が長いのは、LEDや回路の性能向上によるものなのでしょうか。

また配光ですが、上下がカットされて中心部分だけが幅広く、かつ(200lmの割には)明るく照射されるのは本当でした。上下カットされた分が中央に集まっている感じです。かつての名機HL-EL540を髣髴とさせます。明るさの性質としては非常に優秀で、街頭なぞ皆無の夜中の峠道を明るく照らしてくれました。個人的にはVOLT800よりも気に入りました。

唯一の難点はバッテリーがカートリッジ交換式では無いこと。しかしVOLT800よりも圧倒的に価格が安いので、2個持つという選択肢も十分アリでしょう。2個持つ運用にすれば、ハイモード(260lm・7時間)で運用が出来てしまいます。

ということで、ブルべ向きのミドルモード(200lm)で9.5時間持続するというのは、看板に偽りなしです。ただし当然バッテリーは劣化しますので、1年後は9.5時間の持続時間は期待出来ないでしょう。また200kmや300kmで使う分には問題ありませんが、400km・600kmの場合に徹夜で走る、道の駅で30分しか仮眠しないという人には持続時間が足りません。

この場合、諦めてカートリッジ交換式のVOLT800あたりを採用するか、2個持ちということになりそうです。モバイルバッテリーから給電しても良いですが、雨の日には出来ない方法です。この辺りを考慮して、VOLT800でいくかGVOLT70でいくか大いに悩んで下さい。

まとめ

ざっくりと紹介しましたが、最初はとりあえずVOLT800×2を選んでおけば良いと思います。キャットアイの製品であれば、どれも防水に関する信頼性も高く、(ブルベ的な)少々の雨では問題ないことは幾多のランドヌールによって実証済みです(ただし逆さ吊りして使用すると水没リスクは高まると思います)。またバッテリーカートリッジも800と400で共用(バッテリー容量は異なりますが)出来るのが便利です。交換も簡単ですし。

ちなみに800+400という組み合わせも、あまり山奥に行かなければ問題ないかもしれませんが、いずれ800が欲しくなる可能性が大ということを覚えておきましょう(笑)

以前はそもそもVOLTシリーズが無かったので、100lmくらいでも『明るい!』と喜んでいましたが、一度200lmを経験してしまうと100lmでは物足りなくなってしまうものなのです…。