BRM104たまがわ200 三浦

【ブルベ】2019シーズン開始です。BRM104三浦200の試走 その2

さて続きです。

PC2まではtunanteさんが引いてくれていましたが、ここからは私が道案内です。ナビはEdge1030Jにやらせるのですが、まともに使うのは今回が初めてです。

まぁ何度か短時間で使った時には便利に使えましたので、大丈夫でしょう。むしろ画面にサイコンならではの情報…ギア位置、心拍、パワーが表示されなくなってしまうことがデメリットです。ブラケットについているリモートスイッチ(隠しスイッチ)で画面を切り替えることも可能なので、それを使ってたまに確認する程度になってしまいます。

次のPC3は逗子、江ノ島を通過して大磯まで西進することになります。横須賀の時と同様に風向きに苦しめられるのか?と思っていたのですが、意外にも安定した風向きの中を進んでいきます。後半の西湘バイパスなんて35km/h超出てしまう場面もありました。ここが向かい風だったらどれだけ苦労するのか…と覚悟していたのですが、途中に事故渋滞があった位で元気なまま135km地点・PC3のローソンスリーエフ西小磯店に到着。時刻は13時です。

ローソンスリーエフ

スリーエフは、今やローソンに擬態しているのですね…。ぱっと見の外見は完全にローソンです。通常のローソンより、ちょっとダークがかったブルーなのが区別点なのか?地元の野菜がたくさん販売していて興味深かったのですが、ケーキの時間が迫っているのでここでも多少休憩してすぐに折り返します。tunanteさんには付き合わせてしまって申し訳ないです。

ここからは江ノ島の腰越までは、来た道の往復。腰越から北上して港南台駅近くのPC4を目指します。行きは追い風で楽できたので、帰りは向かい風だろう…と思っていたら、またも風の影響は無く普通に30km/hが維持出来るペース。

しかし江ノ島の腰越で内陸に入ってからは、湘南モノレール周辺の渋滞、横浜に入っても渋滞が続き、何とか165km地点のPC4に到着。PC間の距離は30kmしか離れていないのに妙に疲れました。時刻は14:40。

ちょっと休憩しても、まだ時刻は15時前。残り40kmありますので16時帰還は無理だとしても、11時間での完走は出来そうです。果たしてこれから先は一体どれだけ渋滞しているのか?

まずいつもの様に上大岡駅前で超渋滞。横浜駅周辺は更に超渋滞。バスも結構走っているのですが、基本的に路駐の車で1車線がふさがれておりこれが混雑に拍車をかけていますね。R1に入ってからも、川崎までずっと混雑。これが通常の状態なのだろうと思いますが、とにかく気を遣うので精神力が減っていきます。

多摩川を渡るとようやく東京です。後は多摩川沿いに沈む夕日を眺めながら、二子玉川まで戻るのみ。無事に事故無く戻ってきました。ゴールは駅前のセブンイレブンです。時刻は17:07。11h07mで完走です。

セブンイレブン

終始風が強く高めの出力を出し続けることを強要される上に、信号の stop & go が非常に多いと言うなかなか辛いブルベでした。それでも気持ちが切れずに走れたのは、一緒に走ってくれたtunanteさんのおかげでした。帰宅はここから輪行します。1時間半程度で帰れそうなので、何とかケーキの時間にも間に合いました。

200kmの本番は年が明けて1/4(金)となります。みなさんが無事に完走出来ますよう、気を付けて走って下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください