BRM608たまがわ200男鹿

【ブルベ】BRM608たまがわ男鹿200の前日試走 その2

■フォトチェック・ゴジラ岩まで

次は25km先のフォトチェック・ゴジラ岩に向かいます。見晴らしは良いのですが、曇り空のため茫漠とした景色でちょっと残念。

しかし車はほとんど通りませんし、アップダウンと言っても10%未満です。それなりに走力があれば、非常に楽しいコース。

入道崎から降りてきて、入り江になっている戸賀湾を通過すると男鹿水族館GAOが見えてきました。非常に立派な水族館です。

水族館を通過すると、いきなり九十九折りのヒルクライムです。文句を言いながらも、しっかり登っていく某団体の理事様です。

140km走ってますが、パワメによるパワー管理のおかげでまだまだ余裕!

あの向こうの岬から走ってきました。

そして西伊豆のように延々と続くアップダウンを越え、ようやく155km地点のフォトチェック・ゴジラ岩に到着です。時刻は14:14。文句ばかり言っていますが、海沿いの崖を走る景色は非常に良かったです。個人的にはアップダウンも大好きです。

ちなみにこの看板の位置からは、ゴジラ岩は見えないそうです…(と、ちゃんと看板に注意書きがあった)。しかし見に行くにはこの岩が露出した地面をビンディングシューズで歩いていく必要があります。靴が減るのが嫌なので、心の眼で楽しみました。

■ゴールまで

さてゴジラ岩を通過すると、アップダウンも終了し男鹿の市街地に降りてきます。後は国道を走って秋田市に帰るのみ。入道崎からは無補給地帯でしたので、男鹿のセブンイレブンで小休止。3時間くらい走り続けていますからね。

この辺りまで戻ってくると、平坦と言うこともあって追い風に乗って進めるようになります。軽く踏んでも35km/h出ますので、アベレージがぐんぐん回復。これなら余裕で前夜祭の時間(19時)に間に合いそうです。ひたすら一直線の海沿いの県道56号を通り、秋田の中心部へ。中心部はさすがに信号が多いですね。

この辺まで来ると、マメに現在地を上げておく。こうしないと『前夜祭に間に合う?』という確認が何度も来るからです(笑)

時間的にはかなり余裕があるのですが、私は主担当なので風呂に入るなどの自分の身の回りの世話以外にも、明日の準備があります。なので実際は、『時間的にかなり余裕がある』⇒『ほぼ余裕なし』といった具合です。もしギリギリに帰着したりしたら、自転車置く⇒風呂⇒着替え、の他にDNS連絡の有無やブルベカードの準備など、お酒を飲む前にやっておかないとダメな業務が間に合いません。時間に追われて準備しても、大抵もれが発生しますしね。

ということで、ゴールのセブンイレブンには16:30に到着!無事に試走のゴールです。信号が非常に少ない上に、アップダウンと最後の平坦がほどよくミックスされた非常に走りやすいコースで、チェックしながらの試走なのに10h30mで帰着。

前夜祭は19時からですので、これならコーヒーの一杯でも飲めるかな?残念ながら雨にも降られずに走り切ってしまいましたので、これで明日は雨だな。期待を裏切って申し訳ありません(笑)

ゴールのコンビニからホテルまでは2kmあり、信号を考慮すると10分ほどかかりそうです。15分ほど滞在して、ホテルに向かいます。

■お待ちかねの前夜祭

自転車から装備を外して、ログをSTRAVAにアップ。シャワーを浴びて明日の準備を確認。前夜祭の会場へ向かいます。今晩は(明日も、そして昨夜もですが)秋田料理のお店。漬物が美味しい。

秋田と言えば日本酒。何を飲んでも上手い(価格はそれなりにする)。

大きなお店に行くと大抵なまはげのショータイムがあります。完全に観光客向けのアトラクションになっていて、ポーズも決めるのでちゃんとスマホで記念撮影させてくれます。なまはげとツーショットの自撮りも快く応じてくれます(笑)

良く分からないけど何かを反省されられる某団体の理事

日本酒をしこたま飲んで切りの良いところでお開き。明日はいよいよ本番ですが、ここにいる皆さんはちゃんと集合出来るかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください