雑記

【新型デュラエース/アルテグラか?】シマノ公式サイトにティザーサイトが登場

morou2
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

■ティザーサイトが登場

本日からシマノのサイトにティザーサイトが登場しており、話題になっています。

https://road.shimano.com/jp/the-next-episode/より

シマノファン(?)をがっかりさせた100周年記念サイトを思い出させますが、前回と同じくカウントダウンがなされています。カウンターがゼロになるのは、日本時間では2021/09/01 AM1:00。日本以外の多くの国では8/31となります。

新型デュラの発表は9月と言われ続けていましたので、さすがに今回は新型デュラエース(とアルテグラ)の発表の線が濃厚です。ディザーサイトのURLも『the-next-episode』となっていますし。

またシマノ公式instagramでも新たな投稿があり、同様の発表をうかがわせるものとなっています。

■新型デュラエースとアルテグラの内容は

8月になって、色々なメーカーやブランドでシマノの新型を搭載したと思われる完成車を見かけるようになってきました。

以前も本ブログで紹介しましたが、シマノ社長が公式にコメントした内容として『下半期は新製品の投入による増収を見込んでいる』というものがあります。シマノの決算期は12月なので、下半期は7月から。9月に発表して10月にデリバリー開始というのは、業績に貢献するにはギリギリの線です。

今のところシマノの業績は絶好調で見通しの通りですが、シマノの工場がある東南アジアにおいてはコロナの影響でロックダウンが行われています。シマノの工場も操業率の低下を余儀なくされていると思われ、新型コンポの予定通りの投入は至上命題でしょう。

ちなみに新型について、公然と噂されている内容をまとめますと…

  • デュラエースとアルテグラは同時発表
  • STIには無線機能が搭載されており、FDとRDには無線で情報を飛ばす
  • SRAMとは異なりFDとRDに個別バッテリーはなく、バッテリーはシートポストに
  • RDに充電用ポートが設置されている
  • スプロケットのトップは11Tを維持。既存のフリーと互換性を保つ
  • デュラはDi2のみ。アルテに紐変速があるかは不明

以下は、上記の情報から私が勝手に推測する内容です。

・イネオスのために、リムブレーキ版も出る。
・スプリンタースイッチ、サテライトスイッチ、TT用スイッチはさすがに無線化出来ない。そのためSTIには有線用ポートが残る。
・TTバイクを組むとSTIは付かない。という事は、TTバイクの場合は従来通り有線でジャンクションA⇔ジャンクションBを繋ぐことになるのでは。
・さすがに、ホイールも新しくなるでしょう…。
・アルテもDi2だけで良いんじゃないの?SRAMも紐変速をやめているし…。

その他、変速速度の向上やレバータッチの向上なども行われると思いますが、詳細は守秘義務のため不明。気になるのはこの品不足の情勢です。完成車を買わないと入手出来ないものなのか、もしくはグループセットでの販売も行われるのか。国内でのシマノ製品の販売を統括するシマノセールスの動向次第ですが、詳細は守秘義務のため不明。

みなさん、正座して9/1を待ちましょう。

そしてシマノの株価も上昇してください!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
@morou2
@morou2
当サイトは自転車関連のパーツレビュー、ブルべの走行記録を中心としたブログです。
管理人は40代のロードバイク乗り。20年前にCannondaleのCAAD3を買って以来、Cannoncdaleばかり乗り継いでいます。 昔はメッセンジャーやレース、今はロングライドとブルベ中心。ブルべの主担当もやります。
年間走行距離は約10,000km。身長170cm、体重57kg。
Recommend
こちらの記事もどうぞ

おすすめCategory

インプレ・カスタマイズ②

01 アピデュラ

02 ライト関係

03 雨装備

記事URLをコピーしました