カステリ

【レビュー】4シーズン使える基本の1着 カステリ PRO MESH 2.0 SLEEVELESS

morou2
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カステリのベースレイヤー『PRO MESH 2.0 SLEEVELESS』を買いましたのでレビューします。オーソドックスで使いやすく、速乾性の高いベースレイヤーです。

■総合評価

  • 『基本の1着』が欲しい人におすすめ
  • オーソドックスな作りで春~秋まで3シーズン使えて汎用性が高い(使い方次第で冬も)
  • バリエーションが豊富。カラーも4色あり、ノースリーブの他に半袖もある

基本の1着という感じのベースレイヤーです。癖が無くオールシーズン使えることがメリットです。価格は8,910円とやや高めですが、通年使える汎用性を考慮するとむしろ安い。またカラーも4色あります。ぜひブラック以外を選んで欲しいところです。

国内には在庫が少ないためカステリの公式オンラインストアでの購入がお勧めです。当ブログ専用のクーポンコードもあります。クーポンコードは記事の末尾を参照ください。

カステリ公式オンラインストアはこちら
PRO MESH 2.0 SLEEVELESS
PRO MESH 2.0 SLEEVELESS

■購入動機

今まで使っていたパールイズミのベースレイヤーが『20年以上』経過して、さすがにボロくなってきたからです。消極的な理由ですみません。20年以上使える昔のパールイズミ製品の耐久性もすごいと思うのですが、これが現役だったためにカステリのベースレイヤーを買ったことが無かったのでした。

カステリのベースレイヤーはイタリアらしく?カラーバリエーションが豊富なモデルがあり、定番の白と黒以外にも色々選べます。それを知っていたので前から気になっていたのでした。

また今回購入したタイミングは、カステリが春のクラシック『Liège-Bastogne-Liège』に合わせたキャンペーンを行っており30%OFFという破格の割引率のクーポンが出ていたのす。クーポンの割引率につられて、せっかくならベースレイヤーも新調してみようと思った次第です。

■製品概要

スペックについて

まず価格を含めた製品スペックを確認します。

  • 価格:8,910円(税込)
  • カラー展開:ブラック、ボルドー、ベルジャンブルー、ディフェンダーグリーン(2023年5月時点)
  • サイズ展開:XS~XXLまでの6サイズ
  • 対応温度帯:15~32度

適度なフィット感と適度な生地の厚さで15度から使えるとされています。もちろんメインは夏場。

ミレーのような、いわゆる『アミアミ』までいかない見た目と、濃いカラーが基本。そのため『CLIMBER’S 3.0』のようなペラペラのジャージを着ても透けないというメリットもあります。

カステリベースレイヤー製品の中のポジショニング

カステリの製品はどれを買っても外れが無く高性能、高品質です。あえて難点を挙げるとすれば『アイテム数が多すぎて何を買えば良いのか分からない』こと。ベースレイヤーも例外ではなく、非常に種類が多いですね。そのうえ『PRO』とか『MESH』とか商品名も似通っています。

本記事では以下にカステリの主な夏向けベースレイヤー製品を並べて、製品ラインナップの違いと、その中でのPRO MESH 2.0の位置づけを確認していきます。ベースレイヤーは評価項目が少ないので表形式ではなくリスト形式としました。
※『SS』は『SHORT SLEEVE』の略で半袖を表す
※価格は税込み

  • PRO MESH 2.0 SLEEVELESS:15~32度、8,910円
  • PRO MESH 2.0 SHORTSLEEVE:15~28度、9,570円
  • PRO ISSUE SLEEVELESS:15~30度、6,050円
  • PRO ISSUE SS:15~25度、7,150円
  • CORE MESH 3 SLEEVELESS:20~40度、7,150円
  • CORE MESH 3 SS:20~40度、7,590円
  • ACTIVE COOLING SLEEVELESS:25~35度、10,780円

順に解説します。まずPRO MESHはポリエステル100%。3Dメッシュ構造で速乾性を重視していますが、対応温度帯は上から3番目です。

PRO ISSUEは生地はPRO MESHと同じくポリエステル100%の3Dメッシュです。PRO MESHとの違いはカッティング。肩甲骨の上下でパネルが分かれる独特のカッティングで、少しだけゆったりした着心地となります。肌への密着度が下がる分、対応温度帯が狭くなります。

CORE MESHは軽量さを重視したいわゆるアミアミ構造。対応温度帯が最も高いです。太目に撚った糸で生地が構成されており、通気性を確保することで蒸散性を高めています。

ACTIVE COOLINGは最も高価ですが、『Polartec Delta』という高機能な生地を採用しています。疎水性の糸と親水性の糸の両方を使用することで、乾燥時間を調節することが可能になるという高性能生地です。通気性ではCORE MESHよりも優れているとのこと。ACTIVE COOLINGもいずれ使ってみたいですね。

細部の紹介

さて細部の紹介です。

まずは箱。箱からです。カステリのベースレイヤー製品は、このような箱に入って届きます。

開封すると綺麗にたたまれたPRO MESH 2.0と対面。今回はディフェンダーグリーンのSサイズを購入。ベースレイヤーらしからぬ綺麗なカラーです。

全体像。オーソドックスな見た目です。

人によっては気になることも多い肩回りの縫い目も最小限となっています。ジャージのジッパーを下げた時に見える位置に『castelli』ロゴが配置。

生地はポリエステル100%とのこと。生地の裏側はうっすら見える程度の透け具合です。3Dメッシュの構造で汗を効率的に生地表面に移動させます。

ちなみに一緒に買った『CORE MESH 3』はこれくらい透けます。

背面です。生地が薄く柔軟で、裾をビブに入れやすい。同じく縫い目も最小限で、脱ぐときに引っ掛かりもありません。

■実走レビュー

サイズ感

今回はSサイズを購入。私の体型は身長170cm、体重57kgのやせ型です。フィット感は悪くは無いのですが、少し余裕のある状態です。

この製品のサイズ展開はXS~XXLまでの6サイズありますが、ベースレイヤーは汗を吸い上げるために肌と密着していることが重要ですから、私の場合はXSがベストだったと思います。

カステリは室内での試着のみであれば返品も無料ですから、なぜいつものように複数サイズを取り寄せなかったのか?自分の判断が疑問です。数か月前に買った長袖ベースレイヤーの『PROSECCO TECH』はしっかりXSを買っているのに、何故同じサイズにしなかったのでしょうか。

とはいえ十分に実用範囲ではありますので、今後もSサイズで使っていきます。上からジャージを着れば普通に密着しますしね。

逆にピタピタのサイズを選ぶと脱ぐ時に大変ですから、この辺りは試着して購入するようにしましょう。フィット感を求める人は日本サイズよりも1つ小さめ、という理解で良いと思います。

実走レビュー

さて実際に着用して走ってみます。5月のとある日、走り出しの気温は15度。場所は埼玉県です。この日の最高気温は27度の予報。定番の荒川CRを走る予定ですが、堤防上を通るCRは日差しを遮るものが無く、気温30度あたりまで上昇すると思われます。

合わせるジャージはCOURE製のエベレスティングジャージ。生地の厚さが薄すぎず、走り始めに肌寒さを感じる時に最適。アームカバーはせず、ビブに『FREE AERO RC BIB』を着用です。

真夏になるとジャージがペラペラの『Climber’s 3.0 SL』に変わりますが、今の時期ならこの組み合わせで問題ありません。この『PRO MESH 2.0』も速乾性にステータスを全振りしていないので、寒くもなく暑くもなくちょうど良い塩梅です。

CRを北上して、12時を過ぎると明らかに暑くなってきます。Edge530の気温表示を見ると既に30度を超えています。自分の額からしたたる汗を見るとそれなりに汗をかいていると思うのですが、ベースレイヤーがしっかり仕事をしてくれており不快感は一切なし。

地獄のような気温になる関東の8月ではさすがにもう少し速乾性が欲しくなると思われますが、今回はノースリーブを着用していることもあって気温30度前半までは全く問題ありませんね。

ただし私の体型が細いので比較的暑さには耐性があり、水分摂取量も少ないです。汗かきの方は気温30度を目安に、より速乾性を重視した『CORE MESH 3』や『ACTIVE COOLING』に移行するのが良いと感じました。

■まとめ

オーソドックスな基本の1着となるベースレイヤーです。春~秋の3シーズンはもちろんのこと、冬でも汗を吸い上げる最下層のレイヤーとして活用できると思います。

サイズ展開、カラーバリエーションも豊富です。カラーに定番のホワイトが無いことから、着用時に透けないという隠れた付加価値があります。

手元に1着あると、『迷ったらこれを着ておけば良いか』とシーズンを通じてしっかり使えると思います。早めに入手しておけば、永く使えて十分に投資が回収出来る良品と思います。

カステリ公式オンラインストアはこちら
PRO MESH 2.0 SLEEVELESS
PRO MESH 2.0 SLEEVELESS

※カステリ社から当ブログ用のクーポンコードを発行いただきました。クーポンコード『RideJapan』を入力すると15%OFFになります。使用は1回のみ、セール商品は対象外となります。

ちなみにこの製品には半袖版もあります。半袖版はこちらから。

カステリ公式オンラインストアはこちら
PRO MESH 2.0 SHORT SLEEVE
PRO MESH 2.0 SHORT SLEEVE

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  1. 鬼のパンツ

    当たり外れ、で運が悪かったのか、過去2回はハズレを引いています(微妙だったケース等除く)。
    直近はここ1年の話で、カステリのオンラインからビブタイツ「S」と「M」を同時購入しました。
    トップレンジに近い商品、片方はイタリア製、もう一方はスロベニア製だったかな。
    イタリア製のは縫製に難がありました(パネルを縫い合わせ部分が途中から雑でうねうね、最後は逆を向く…)。
    肌当たりは至極悪いとすぐ判断できましたし、幸い、希望するサイズのものでは有りませんでした。
    加えるなら、商品のラベルには『赤いチェックマーク』が。
    カステリはどんな商品を私に送ったんだろうか…疑問を抱いてしまう経験でした。

    • morou2

      鬼のパンツさん
      それは災難でしたね。幸いにこれだけ購入していてもハズレを引いたことはないのですが、中にはそういった商品が混ざることもあるのですね。明らかに検品で弾かれるべき商品が出荷されてしまった印象を受けます。
      基本的に試着のみであれば返品は無料というポリシーなので、そういった場合でもカステリジャパンに連絡して、交換をリクエストされてはどうでしょうか。
      次回は気持ちよく買い物が出来ると良いですね。

ABOUT ME
@morou2
@morou2
当サイトは自転車関連のパーツレビュー、ブルべの走行記録を中心としたブログです。
管理人は40代のロードバイク乗り。20年前にCannondaleのCAAD3を買って以来、Cannoncdaleばかり乗り継いでいます。 昔はメッセンジャーやレース、今はロングライドとブルベ中心。ブルべの主担当もやります。
年間走行距離は約10,000km。身長170cm、体重57kg。
Recommend
こちらの記事もどうぞ

おすすめCategory

インプレ・カスタマイズ②

01 アピデュラ

02 ライト関係

03 雨装備

記事URLをコピーしました