いじる

ブリコ スプリンター2のノーズパッド修理

今回はサングラスのノーズパッド取り付けです(・∀・)

前回ちらっと書きましたが、私が現在持っているサングラスは、BRIKOのルシファーとスプリンター2という2本です。両方結構年季が入っているのですが、スプリンター2(以下スプリンター)はしばらく使っていませんでした。

レンズは全く問題ないのですが、ゴムで出来ているノーズパッドが経年変化でなんと粘土のようになってしまい、使えなくなってしまったのです。粘土のようになったパッドは割と綺麗に取り除くことが出来たので、ノーズパッドだけを取り付ければ復活出来そうな感じでした。
(しかしこのモデルって、現行品だった当時は割と着けている人が多かったのですが、他の皆さんも同じような現象が起きているんですかね??)

てなわけでノーズパッドを探していたのですが、先日川越のカニヤさんに伺って、ルシファーのレンズ作成の相談ついでにパッドの扱いが無いか聞いてみたところ、何と在庫があるとのこと!!

既に最後の一個ということでしたので、即購入。630円でしたv( ̄∇ ̄)v

で、買ってから1ヶ月ほど経った今日、やっと取り付けのやる気が湧いてきたので修理にチャレンジ。パッドの本体への取り付けは瞬間接着剤で着けるという単純な作業ですが、何せパッドが貴重品なので失敗が許されません。

まずは片方の取り付け。

パッド側に接着剤を塗り塗りして、安定するまで指で押さえます。
DSC_0330

こんな感じで付きました。

やってみたら意外と簡単だった(・∀・)

 

で、もう片方も。

DSC_0331

両方着いた!

 

これで復活です。わーい。

DSC_0333

今後は基本的に昼間だけのライドではこちらをメインで使おうと思います。ルシファーの方は調光レンズになりますので、昼間だとレンズが最も濃い色になるとのこと。私は標準のトラマレンズの淡いオレンジ?みたいな色が好きなので、そんな感じで使い分けようと思ってます。

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください