にっき

荒川河口サイクリング

今日は天気が良かったので、出来たばかりの会社の自転車部のイベントということで荒川河口までサイクリングして来ました

昨日は1Qのエンド、ということで遅くまで東十条の中華料理屋(というのか?)でホッピーを飲むw
ホッピーの中身は安い焼酎なので、調子に乗っていると次の日きますね…

朝5時にふと気が付くと何故かリビングのフローリングに直に寝転がっていて、テーブルの上には食べかけのから揚げ弁当がww
誰だ、から揚げ弁当を食べ残したヤツは。勿体ない…。

そんな感じで今日は軽い二日酔い状態だったのですが、カミさんが長男の少年野球の公式戦の応援に行くため3番目(まだ9か月)と2人でお留守番。娘はすぐに寝てしまったので、私も一緒に寝て二日酔いから復活。

昨日聞いていたカミさんの帰宅予定時間になっても帰ってこなかったのでやきもきしましたが、長男のチームが公式戦に勝ったので明日の日曜も試合になり、明日の段取りでドタバタしている模様。仕方ありません。

約束の時間を更に遅らせてもらい、カミさんが帰ってきたら着替えだけして即出発

朝から全くの飲まず食わずの状態でしたが、構わず待ち合わせ場所のレストランさくらを目指します。

東浦和の駅前を通って芝川CRを通り、さくら到着が14時過ぎ。

ちょうど、胃に優しいざるそばがメニューにあったので注文してMさんを待ちます

ほどなくしてMさん颯爽と到着、お互いほぼ新車のバイクを見せ合って、荒川河口を目指すことなりました。
ちなみにMさんはCKTのトップモデル、ISPがかっこ良かったです。やはりISPはデザインが一体化していて良いですね~。

私は実は荒川の下流方面に行くのは本当に初めてだったので、Mさん先導で25km/h位のまったりペースで流します。CR(本当はCRではないですが)は車止めが何か所かある他は、信号も全く無かったので非常に快適でした。

快適にサイクリングして、40分ほどで河口に到着。首都高が走っている、中州になっている部分の突端です。

0kmのポスト

DSC_0059

ここは本当に何もなく、日陰すらないので10分程おしゃべりをして引き返します。

そして半分ほど帰ってきたところで事件発生orz
Mさん落車してしまいました。。。

発端は、私のケータイにカミさんから『用事があるので17:30には帰ってきてほしい』とメールが来たこと。非常に微妙なラインでしたので25km/hのポタペースでは着かないと思い『ペースを上げたい』と伝え、私が先頭に出る形になって30km/hオーバーで引いていました。

初めて一緒に走る方ですので、どの程度で進めば良いかバックミラーを見ながら進んでいたのですが、途中橋の下を通過する時に、土手から常に水が染み出ていて何本も水の筋が出来ている箇所があったのです。

そこは往路でも『ここは常に濡れているから、汚れてイヤだねー』などど会話していた箇所。

前を走る私は、何とな~く『Mさんの新車濡らしたらアカンな』と思い、今回は水の筋(幅30cm程)をバニーホップでクリアしました。水の筋は計3本。2本目までは大したこと無かったのですが、3本目は明らかに今までの2倍(60cm)は幅があります…。

『うお、このままイケるか?』と一瞬思いましたが、コンマ何秒の世界で他の選択肢を考えている余裕もなく『おりゃー』と勢いをつけて全身でジャンピング。着地の衝撃は大きかったですが何とかクリア。

しかしその時後方で大きな音が。Mさんもバニーホップしていたようなのですが、3本目で着地に失敗してしまったようです…。

今考えれば、前を走る私がバニーホップでびゃーっと行けば、続く人も遅れまいと同じ方法でクリアするのは明白。一人で走っているのではないのですから、リスクを考えてそろりそろりと行きべきでした。Mさん本当に申し訳ありませんでした…。

怪我の方は、ひじの擦過傷、あとはジャージが破れていませんでしたので、おしりは擦過傷ではなく打ち身をしていると思われます。
また右半身の怪我でしたので、バイクはやはりリアの変速がおかしくなっており、これは恐らくディレイラーハンガーが要交換の状態になっているためと思われます。

少しその場で休憩して仕切り直し、走行不能という程のダメージではありませんでしたのでゆっくりとさくらまで戻ってお別れ。お体とバイクに傷をつけてしまい大変申し訳ありませんでした。。。

傷が治ったら、懲りずにまたお誘いしますのでお付き合いしていただければと思います。

データ
走行距離:69.73km
走行時間:3h27m
平均移動速度:24.6km/h
カロリー:2,027kcal
ケイデンス平均:76rpm

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください