【物欲】キャノンデールの新作 ナイロンSSRボトルケージ購入

<

練習の後にショップの前を通ると、珍しく駐車場に車が一台もおらず店内が空いている様子。年末でしたので顔を出して店長にご挨拶。

たまには何か小物でも買うか、ということでボトルケージを購入。ボトルケージなんていくつも必要になるものではありませんが、以前にBB下につけていた時にバンドが外れて落下⇒後輪で踏みつぶす という攻撃を決めてケージが壊れてしまっていたのです。

その時に壊したボトルケージはキャノンデールのもので、Supersixを買った時に一緒に2つセットで買っていたのですが、壊れてしまったので今は1つのみ。ケージがきつめでホールド性が良いので、気に入っていたのですが。壊れた片方については、今はミノウラの定番、デュラケージ(買ったのは15年前…)をとりあえずつけています。

BB下のボトルケージを運用する時は、ホールドがきつめのキャノンデールケージを使うことになるので、その時用にもう1つボトルケージが必要だったのです。

ということで、どうやら今年のニューモデルらしいこちらの商品を購入。

お値段1700円也。

黒い部分とグリーンの部分がセパレートしていて、ボトルを取り出す時に微妙に開いて取り出しやすくなるというコンセプトの商品のようです(と、新米のバイトの女の子は説明してくれた(笑))が、ボルトで固定したらそんなには動かないでしょう、リクイガスカラーのグリーンがフレームと合うので買っただけです。。。
⇒購入後追記:実際に使ってみたらすっごいホールドはきつくて、左右には全く開いたりしません。パーツがセパレートしているのは、単にデザインのようです。グリーンの部分は例によってCannondaleの『C』の文字をかたどっています。

一応右側が大きく開いているので、右利きの人は取り出しやすいと思います。小さいフレーム(限られたスペース)でも大丈夫ですよ、という謳い文句が記載されています。

キャノンデールは小物も結構しっかり作っているので、純正品を買ってもそれなりに楽しめます。こんなものでも、早く使ってみたいから走ろう、という気にさせてくれるものです。

購入後追記:早速使ってみました。ホールドはすごくしっかりしていて安定感抜群ですが、ご覧の通り黒いパーツの上半分はほとんどホールドされていないため、右利きの人はすごく取り出しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です