シマノの神アプデ 11速のDi2は全てシンクロシフト対応

<

さて皆様いかがお過ごしでしょうか。

すでに周知の方も多いと思いますが、新型デュラエースDi2の9150系しか対応しないと思われていたシンクロシフトが、ファームウェアのアップデートで旧型デュラエースDi2の9070系、アルテグラの6870系にも対応したのです。

ちなみに旧型アルテグラの6770系は10速なので対応無し…。

アルテグラにシンクロシフトの機能が下りてくるのは、今年に出ると言われている新型アルテグラまで待たないといけないと思われていただけに、久々の素晴らしいアップデートです。

更新履歴を見ると、6870のFDなんて丸2年も何の更新もありません。それがいきなりシンクロシフト対応です(笑)

シンクロシフトに対応するには、E-tubeでファームを書き換える他に、マスターユニットである

・バッテリーマウント
・内蔵バッテリー

を新型にする必要があります。

型番は、
バッテリーマウント:BM-DN100

内蔵バッテリー:BT-DN110

ですね。既に11速のDi2を使っている場合は、バッテリーを新型に交換するだけでシンクロシフトが使えるようになります。Twitter上では、皆こぞって新型バッテリーを発注していましたので、ちょっとした新型バッテリー特需だったのでは。

ちなみに10速のユーザーがシンクロシフトに対応させようとすると、まずは11速にするしかありません。

ヤフオクなどで中古を調達しても、相場を見たところFD・RD・バッテリー・スプロケットの一式で4万円くらいでしょうかね?シンクロシフトにしたいがために11速にする必要があるのか?と言われると、そこまでする必要は無いとは思いますが、10速のパーツがそれなりの値段がつく内に売り払ってしまう、というのも選択肢としてはありと思います。

逆に、10速の6770系のパーツが今より更に安い値段でしか売れなくなったとしても、今度は6870系のパーツも安くなっていることでしょうから、どちらでも同じことなのかもしれません。悩みますね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です