ディスクブレーキ

【ディスクロード】カンパのローターを買いました

■カンパニョーロのローターを入手

以前の記事に書いたとおり、有言実行でカンパのディスクローターを買いました。

装着完了
【ディスクロード】走行中のディスクブレーキの音鳴り・擦れの原因についてディスクロードに乗っていて、主にダウンヒル中などで突然キャリパーから『シュッ、シュッ』というローターとパッドが擦れる音がする・音鳴りがす...
タイヤレバーに続いて2つ目のカンパ製品を入手

購入の目的

購入の目的は、ずばり走行中にハードブレーキングで発生する音鳴りの抑制です。カンパのローターはシマノと比べると構造が幾分シンプルなので、ハードブレーキング時に発生する音鳴りが少ないとの事。これはかなり主観的な感想だと思うので、しばらく使ってみないと分からない事ではありますが…。まずは試してみようと思います。

シマノのロード用ローターは冷却性能は高いと思うのですが、その分繊細な印象を受けます。まあ音鳴りがすると言ってもですね、ハードブレーキングで一時的に高温になった場合に発生する現象なので、しばらく走っていると勝手に解消します。それを気にするか気にしないかの話だけです。

私は体重が軽量なのでブレーキもタイヤも減らないのですが、それでも1年の間に『初期についていた105クラスのローター』⇒『アルテクラスのローター』⇒『カンパのローター』と変更して来ました。明らかに買いすぎですね…。

でもこういう製品は、構造が単純ならトラブルも起きにくいです。最高レベルの冷却性能が不要であれば、シマノじゃなくても良いかなと。日本にいるとシマノが一番身近なのでそのシマノが簡単に手に入ってしまうのですが、ハードブレーキング時にローターとキャリパーが接触する『シュッ、シュッ』という音鳴りを気にするのであれば、シマノ以外の採用も考えても良いと思います。

音鳴りが発生しても、気になるかどうかはその人次第だと思います。ちなみに私は気になります(笑) 音鳴りが気にならなければシマノのままで何の問題もありませんが、それは『音鳴りの原因が判別出来る』程度の経験が必要になってきます。ディスクロードに乗り始めた最初のうちは、音鳴りの原因がハードブレーキングによるものなのかどうか分からない事も多いと思いますので、そこも含めて気になる人は最初から変更するのも選択肢と思います。

ということで、カンパにしたら音鳴りが低減するかどうかは保証されている訳でも何でもないのですが、『シマノよりは構造は幾分シンプルであろう(カンパだしね)』という期待のもと、購入してみました。

カンパのローターのラインナップ

カンパのローターについて調べると、ロード用はセンターロックしかありません。カンパのセンターロック方式はAFS(Axial Fixing System)という名称です。ところがこのローターが2種類存在しており『ノーマルのローター』と『03という名称が追加されたローター』があります。まずこちらがノーマル。

そしてこちらが03のタイプ。

03のタイプの方が上級モデルらしく、価格は7,200円。ノーマルは6,400円。また本国のサイトを見ると、03はスーパーレコードとレコード、ノーマルはコーラスとポテンツァにラインナップされています。重量は03もノーマルも同じで、160mmが120g、140mmが99gと割と軽量です。シマノのデュラエースのローター『SM-RT900』とほぼ同じ重量ですね。

重量が同じということから分かるように、2つのグレードには違いがほとんどありません。某N商会の方に聞くと、見た目も全く区別がつかないそうです(笑) では03とノーマルの800円の違いは何なのか?ショップに代理店であるK社とN社に聞いてもらったのですが『ブレーキ音が抑制されます』との返事だったとのこと。03の方がちょっと高性能なようです。見た目は区別が付かないのに、具体的にどこが違うの?と聞いたそうですが『そこまでは分からない』との返事だったとのこと…。代理店がこれではユーザーは困ってしまいますね。

■実際に入手しました

具体的な違いが不明でも、とりあえず発注してみました。発注したのは03のほう。10日ほど待って、無事に到着。今回はフロント:160mm、リア:140mmを選択。店長さんからは、カンパのローターは肉抜きが多いのでMTBerとしては『歪む不安しかないです(笑)』とのことだったのですが、オフロードを走る訳では無いので大丈夫でしょう…きっと。

外観

外観はこのようになっています。肉抜きが多いと言っても、当然それなりの剛性はありそうです。またローターのエッジは面取りがされていて、安全性が高くなっているとのこと。

重量測定

いつもの重量測定です。160mmを測定してみます。カタログ値は120gなのでほぼ公称通り。

140mmは99gでした。こちらはカタログ値通りで優秀です。

実物を良く見ると、160mmはアームが7つです。ネットショップの商品画像だと、03もノーマルも160mmに6アームの画像を使っているサイトもあります。でも良く探すと『ノーマルの160mm』で7本のアームの画像もありますね…。そして、140mmのアームは6つ。一体何が正解なんだ。

そこで、代理店のカワシマサイクルサプライさんのwebサイトを見てみると…。『03』は7点留め、『ノーマル』は6点留めの画像になっています。どうやらこれが違いということで良いのでしょうか?完全に間違い探しのレベルです。言われなきゃ気づかないですね…。これが違いで良いの?『03』も140mmは6本アームなのですが。

それとブレーキ音が抑制されるようになったというのは、アームが7本になって剛性が上がった為ということなのでしょうか?これだけの違いがあって、重量が一緒というのもある意味凄いですが。

この違いに気づく人は何人いるのか?(笑)

次回は取り付けを行ってみます。シマノのローターとは厚みも違うでしょうから、すんなり取り付け出来るか不安しかありません。

シマノのローターにしておけば良かった!と思ったりするのでしょうか(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください