ディスクブレーキ

【油圧ディスクにするならDi2】機械式(紐)とブラケットの重量はこんなに違う

シナプスを購入して以来、まだポジションが定まっていないこともあって、なるべくシナプスに乗るようにしています。ところが家から外にシナプスを出すとき、持ち上げると異様に重い…。

まだ初期のパーツが色々付いていますし、ディスクブレーキな上にフェンダーも付けているので仕方ない部分もあります。しかし、それを考慮しても『もう少し何とかならないのか?』と感じさせる重量感です。

費用のことを無視すれば、ホイールをBORAのディスクブレーキモデルにしたりすれば一気に軽くなります。でもそこは金額と軽量化される重量との費用対効果を考慮しつつ、効率よく投資しないといけません。

そこで、今のところもっとも目に付くのがこのブラケット。もの凄い存在感です。

デュラエースやアルテグラ、105のラインナップに油圧ディスクが加わってからは従来比でかなりスリムになったものの、油圧のブラケットはまだまだ大きいです。握り部分の太さも許せる範囲なのですが、現在使っているDi2と比べると完全に一回り大きいです。

ちなみにDi2(アルテグラ6770)のブラケットはこちら。

比べちゃいけませんが、全く違いますね…。かなり小ぶりなので、すごく握りやすくて気に入っています。ちなみに大きさだけでなく、重量もかなり違います。一体どの程度の重さなのか?少し調べてみたところ、下記のような事実が判明。

 モデル 型番 方式 重量(g) 価格(円)
 デュラ ST-R9150 キャリパー+Di2 230 64,307
 アルテ ST-R8050 キャリパー+Di2 295 31,697
 デュラ ST-R9170 油圧ディスク+Di2 320 77,072
 アルテ ST-R8070 油圧ディスク+Di2 360 52,318
 デュラ ST-R9100 キャリパー+機械式変速 365 51,644
 アルテ ST-R8000 キャリパー+機械式変速 438 32,989
 デュラ ST-R9120 油圧ディスク+機械式変速 538 64,152
 アルテ ST-R8020 油圧ディスク+機械式変速 554 52,687

現行のデュラエースとアルテグラからは、それぞれ変速は『機械式(紐)』と『Di2』、ブレーキは『キャリパー』と『油圧ディスク』に対応したものが、それぞれ4種ラインナップされています。それを一覧にしました。並びは重量の順です。

最下位は、私が現在使っている『油圧ディスク+機械式変速』。油圧ディスクの場合、実際にはこの重量に更にリザーバータンクに入るオイルの重量(約30g弱と言われています)が加算されるはずです。その重量、実に584g。こんなに重いとは驚きです。
※ちなみに機械式の場合は金属ワイヤーの重量が加算されます。油圧ディスクが特別重いという訳ではありません。

意外なのは、デュラも同じ油圧+機械式変速であれば大して重量が変わらないという点です。16gしか変わらないなら、もうアルテでいいじゃないか。

そして、同じアルテ同士で比較すると『油圧 ⇒ キャリパーブレーキ』に変更すると116g、『機械式変速 ⇒ Di2』にすると194gも軽量化されます。今更キャリパーブレーキにするのはあり得ませんから、Di2にするかどうかなのですが、よーく見ると『油圧ディスク+機械式変速』と『油圧ディスク+Di2』の製品の価格がほぼ一緒。

『んな事あるかい!』と思ったそこのあなた。嘘だと思ったらクリックして価格を見て下さい…。

なぜ…?デュラは約13,000円の価格差がありますが、アルテは一緒。これならDi2にするしかないのでは?あー、見なきゃ良かったパターンですね。もう Supersix からシナプスにDi2を移植するしかないか?200gもの軽量化は魅力的ですね。しかも握りやすくなって、Di2化。

またR8000系のアルテグラからは、今までデュラにしかついていなかった例の『隠しスイッチ』もついています!これでGarminが操作できるようになる。油圧ディスクにするなら、多少頑張ってDi2にするのが正解なのかも。私のように後で買いなおさないために…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください