雑記

【ThinkPad X230】ThinkPad X230のメモリの交換、増設をする

morou2

前回のキーボード交換に続いて、ThinkPad X230にメモリの交換、増設をしました。

https://morou2.com/2020/05/24/x230_1/

HDDをSSD化した記事はこちらから。

https://morou2.com/2020/05/30/x230_3/

■部品の調達

まずは部品の調達です。X230はスロットが2つあり、デフォルトではサムスンのメモリ(4G)が1枚刺さっています。

X230に対応するメモリは『SO-DIMM DDR3 PC3-12800 (DDR3 1600) 204pin です。通常電圧版と低電圧版がありますが、どちらでも動作します。本来は通常電圧版が対応なので、心配な方は念のため通常電圧版を調達しましょう。私は動くかどうかを知りたかったので、あえて低電圧版を注文。

今回は4GBを2枚使用して8GBにします。

■交換作業

パーツが届きましたので、さっそく交換、増設作業に入ります。

作業概要

まずは作業の流れです。

  • バッテリーを外す
  • 裏ブタを外す
  • 古いメモリを外す
  • 新しいメモリを付ける
  • 裏ブタを付ける
  • バッテリーを付ける

バッテリーを外す

まずはバッテリーを外して電力が供給されないようにします。内蔵バッテリーが無い機種なので、バッテリーを外せば大丈夫です。

裏ブタを外す

メモリにアクセスするため、フタを外します。メモリを外す場合は右上と左上の2本のネジを外すだけでOKです。メモリの交換が前提になっており、昔ながらの非常に良心的な作りです。最近の薄いPCでは、こうはいきません。

ネジを外すだけで簡単にフタが取れます。サムスン製4GBのメモリが1枚刺さっています。

古いメモリを外す

まずはこのメモリを外しましょう。メモリを押さえているレバーが2本あります。これを外側にぐいっと動かすとメモリが外れます。

装着時は水平になっていますが、レバーが外れると30度くらいの角度まで立ち上がってきますので簡単に抜けます。装着する時はこの逆をやれば良いです。

新しいメモリを装着

新しいメモリを装着します。右側は簡単と思いますが、左側はメモリの切り欠きに合わせて裏返して装着します。※画像は古い方のサムスンメモリです。

左側を挿す時も、45度くらいの角度を付けた状態で挿しこみます。この状態からぐいっと押すと、レバーの位置にパチっとはまってくれるはずです。

両方装着出来ました。

蓋を付ける

メモリがはまったら、蓋を付けます。

バッテリーを装着

最後にバッテリーを装着して、完了です。

電源を入れたら、プロパティからメモリが増えていることを確認しておきましょう。左下のウィンドウズマークを右クリック ⇒ システム からメニューに入れます。

これでThinkPad X230のメモリの交換と増設は完了です。次回はHDDをSSDに交換します。

https://morou2.com/2020/05/30/x230_3/
https://morou2.com/2020/05/24/x230_1/

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME
@morou2
@morou2
当サイトは自転車関連のパーツレビュー、ブルべの走行記録を中心としたブログです。
管理人は40代のロードバイク乗り。20年前にCannondaleのCAAD3を買って以来、Cannoncdaleばかり乗り継いでいます。 昔はメッセンジャーやレース、今はロングライドとブルベ中心。ブルべの主担当もやります。
年間走行距離は約10,000km。身長170cm、体重57kg。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました