ノートPCを新調しました。ThinkPad X13購入

約3年ぶりにノートPCを新調しました。今回購入したのは、ThinkPadのセカンドモデル、X13(Gen2)です。

■購入動機

今までは、同じくThinkPadのX390を使っていました。購入したのは、以下のエントリの通り2019年の10月。

購入から約2年半が経過しています。それなりに快調に動いているものの、たまーに原因不明のフリーズが発生するように。またメモリをあまり増強しなかったこともあり、今となっては動作がもっさり感じる時もあります。当時はキビキビ動いていたのですが…。

私の使用用途としては、ブログの更新に伴う作業がメインです。動画の編集をしたりするわけではないのですが、それでも買い替えようと思った理由は以下の通り。

  • バッテリー持続時間の低下
  • たまにフリーズする
  • レスポンスの低下
  • もう少しスペックを上げたい(当時はスペックにあまりこだわらなかった)

バッテリーについては劣化したとはいえ、今でも7~8時間程度はもちます。しかし毎日使っていますので、充電をさぼるとバッテリーが不足することもありました。

またX390は何と言うか初めて自分で10万円以上出して購入したPCだったこともあり、それだけで満足してしまっていました。そのためメモリやCPUにはあまりこだわらず(メモリは8GBですがそれでも12万位した)、メモリを限界まで積むという発想はありませんでした。

一度はメモリもCPUも価格を気にせず(実際は気になりますけど)積んでみて、自分にはどこまでのスペックが必要なのか知りたいという欲求もありました。ロードバイクと同じですね。

そういった理由があり、償却が終わる3年を前に思い切って投資をしてみようという気になって、購入した次第です。

ちなみに私はPCについてはThinkPad以外使いません。自宅には、今回のX13も含めて5台のThinkPadがあります。もちろん会社のPCもThinkPadです。

X1かX13か

さて機種選定にあたり悩んだのがX1 CarboneにするかX13にするか。予算は20万円前後なのでどちらも範囲内です。しかしX1の方が価格帯が上なので、好きにカスタマイズするには少し予算不足。またX1の画面は14インチで13.3インチのX13よりも少しだけ大きいのですが、X1は今使っているマムートのバッグにぎりぎり収まるサイズなのです。

会社のPCがX1なのですが、たまに会社PCと自前PCの両方を持ち運ぶことがあります。これが両方X1になってしまうとバッグに入りきらなくなる懸念もありました。

結局、サイズとスペックの観点からX13を選択。処理能力はX1の方が上ですが、X1で中途半端にメモリを積むよりは、X13で目一杯メモリを積む&Core i7を選ぶことにしました。

■納期問題

そうと決めた後に色々悩み、機種とスペックを決めたのが2月くらい。世の中では半導体不足が起こってから久しく、ノートPCの納期も通常の倍くらいに伸びています。

intelがリリースする第12世代CPUを搭載したモデルが出回るのを待つ選択肢もあったのですが、この状況で新CPUが出ても相当な納期がかかりそうと思い、現行機種から選択することにしました。

そして2月の上旬にオーダーして、実際にデリバリーされたのは4/8。ほぼ2か月かかりました。通常であればカスタマイズしても2~3週間ですから、倍以上の納期がかかったことになります。

■X13が届く

やっと届いたのがこちら。久しぶりの新PCです。

スペック

今回の主なスペックは以下の通り。

  • CPU:Core i7-1185G7  vPro対応
  • メモリ:32GB LPDDR4X-4266MHz
  • SSD:256GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe
  • OS:Windows11 Home 64bit
  • ディスプレイ:13.3″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS
  • トップカバー:カーボン

これで約18万円でした。ストレージはonedriveに何でも入れているので、256GBもあれば十分です。

またX13は16:9ではなく16:10という縦方向に若干広い液晶を積んでいます。セカンドモデルなので、狭額縁ではないのが致し方ないところ。

重量について

また重量も約1.2kgとやや重めです。トップカバー(天板)をカーボンにすると50g程度軽くなるのですが、それでも1.2kgありました。本体の厚みもやや厚いです。

キーボード

キーボードはこれまでのThinkPad同様の打ちやすさ。このためにThinkPadを使い続けていると言っても良いです。会社と自宅でキーボードが異なると、慣れるのに大変ですからね。余計なところに気を遣いたくありません。

バッテリー

最後にバッテリーです。X13は41Whの3セルと54.7Whの4セルを選べますが、もちろん4セルを選択。4セルだと最大で24時間稼働可能と謳われています(本当か?)。

■まとめ

2年半ぶりの新PCです。CPUもメモリもカスタマイズしたので、全ての動作がこれまでよりも明らかにワンテンポ早く、非常に快適です。来月のカードの支払いが怖いですが、大事に使っていこうと思います。

今ならLenovoのサイトでGWセールが開催中です。

X13のAMDモデルもセール対象です。Eクーポンコード適用で46%OFFとなります(コードはリンク先の商品画面にあります)。