サドルの角度調整(サンマルコ コンコールライト)

<

今日はサドルの角度をちょっといじってみました

私のサドルはサンマルコのコンコールライトです。

細身のサドルなので回転が非常にスムーズで、内股の擦れもなく気に入っているサドルなのですが、
長時間(100キロ以上)乗っていると股の間(尿道のところ)が痺れてきてしまうのです。

どうも乗っている内に腰が前にスライドしてきてしまい、骨盤(=おしり)ではなく股間の部分だけで体重を
受けてしまっているため、血流が妨げられてしまっている模様

このサドルを買って以来、ずっとこのポジションでしたが、100km以上の距離を乗ることがあまり無かった
のでさほど気にならなかったのです。

これを改善するには、やはりサドル後部の広い部分にきちんと骨盤を乗せて、ここで体重を支える様にする
必要があると思います。

しかしこれもバランスを間違えると、今度はケツが痛くなってくるので難しいところです。

一般に通常のサドルは前端と後端に水平器を乗せて水平になるようにするのが標準と言われますが、
コンコールライトは後ろが大きく反っているため、前部の平らになっている部分だけで水平をとるように
していました。コンコールライトではこれが標準と言われています。

平らな部分が水平ですので腰は自由に動いてしまい、一概に悪いことではないのですが、すぐに前に
出てきてしまい、これが痺れの原因になっていると思われます。
今回はこれをほんのわずか前を高くすることで、骨盤が前に来ないようにしてサドル後部の幅広部分に安定
して乗るようなることを狙いました。

調整は写真の通りです。
DSC_0339

判りづらいと思いますが、調整前は水平器の中の泡が、もっと思いっきり右端に寄ってました。今は右端からはほんの少し離れているのが判ると思います。

問題は乗った感触がどうか?ということ。

早速レ―パンを着用して試乗。おでき出来てますがその辺を1周する位なら大丈夫でしょうw

試乗結果はバッチリ……だと思います!

●前に腰が移動してしまうかどうか
ほんの少し前上がりにしたおかげで、腰の移動はかなり抑えられるようになりました

●骨盤にきちんと荷重がかかっているかどうか
ばっちりです。イメージ通りに、普通にポジションを取った状態でサドル後部の幅広部分にどっしり乗って
いる感じがあります

●前上がりにしたせいで、従来より股間に荷重がかかり過ぎていないかどうか
ここが一番懸念される個所ですが、骨盤の方に荷重がかかっていますので今のところ心配はなさそうな
感じです

従来よりも腰が固定されるようになりましたので、心なしかペダリングも力が入るようになった気がします。

まーあとは実際に200kmなりを走ってみないと何とも言えません。

今は特に、おでき問題で自転車に乗れませんのでぶっつけ本番ということになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です