ロードに乗る時の小物入れ Hugger『Small case』

ちょっと前のネタになるのですが…こんなものを買ってみました。Huggerというバッグブランドの『small case』。

ロードに乗る時に持っていく車や家の鍵、小銭・カード類をまとめて収納できる、その名の通りコンパクトなタイプのケースです。買ったのは『パーソナルグリル』というタイプですが、他にもいろいろありました。

私がいつもロードに乗る時に持っていくものは、

・家の鍵
・お金
・カード類(キャッシュカードや健康保険証)
・車の鍵(ブルベで車載した時とか)
・ケータイ

の4つです。従来はTOPEAKのトライドライバッグをトップチューブにつけて、そこにケータイと財布をそのまま入れていました。ちなみに財布は日常使っているのは汗で汚れるのがイヤなので、以前使っていた2軍落ちした古い財布にいちいち中身を入れ替えて使うようにしています。

このトライバッグは内側が起毛しているのでケータイや財布が傷つかず、まためちゃめちゃ取り出しやすい位置にあるので非常に便利でした。実用性で言えば100点です。で、家の鍵は背中のポケットに『そのまま』入れておく感じでした。

まぁ特にこの状態で不満を感じている訳ではなかったのですが、やはり何となく

・トップチューブバッグは便利だが、カッコ悪い(=トップチューブバッグをやめたい)
・家の鍵をそのまま背中ポッケに入れておくのは、いつのまにか無くなりそうで不安(=家の鍵を何かに入れたい)

という潜在的なニーズがあった訳であります。(ちなみに私はサドルバッグ嫌い党)

しかしこれと言った代替ソリューションが無かったので、積極的にどうにかしようともしていなかったのですが、ふとしたことからこの『small case』を見つけ、『これなら色々解決出来るんじゃね?』と思い、価格も安かったですし買ってみました。

使ってみて、これは自分的に結構『イケるかも?』と思い紹介させていただく次第であります。

ちなみに私の使い方はこんな感じ。

small caseに入れるもの

・お金(小銭とお札)
・家の鍵
・カード類

これらが両側のポケットと真ん中部分にしっかり収まります。私の場合、財布の中身を毎回入れ替えていた位ですので、必要最小限のカードとお金だけを財布から抜き出してHuggerに入れ替える、という動作は特に負担ではありません。ブルベの時は、これにレシートやビタミン剤の包みも一緒に入れていました。

まさにこんな使い方に丁度良いサイズ。小銭の出し入れも意外とスムーズです。

あとはトップチューブバッグを撤去することで居場所の無くなってしまったケータイですが、ジップロックに入れて一緒に背中ポケットに入れるようにしています。

持ち物は人によってかなり違うと思いますし、持ち運び方もかなり個人の好みによって分かれるところだと思いますが、このHuggerのsmall caseはデザインも色々ありますし、興味のある方は1つあっても良いのではないでしょうか?

自転車以外でも余裕で使えますしね(そもそも自転車用じゃないけどw)。

2 件のコメント

  • おはようございます。
    確かに小物が多くて困ります。
    このケースって例のアレですね(^ ^)
    そこそこ使えそうですが、夏場の汗はどうなんでしょうね。
    ケータイ入れはかなり前から↓を使ってます。かなりの汗もOK、一部が透明で出さなくても着信は分かる、お金・鍵・カードも入る。かなり傷んできたのでそろそろ買い替えかな。
    http://item.rakuten.co.jp/qbei/2ostrc_012925/

  • ernestさん
    お疲れ様です。
    オーストリッチからそのようなものが出てたのですか。初めて見ましたが、いつも使っていましたっけ(@_@;)?
    Huggerは特にスポーツ用ではないので、汗のヨゴレはどうしてもついてしまうと思います。表面はざらざらしている感じなので、比較的汚れにくいとは思うのですが。
    たまには自転車用でないのもありかな、と。
    1,500円程度なので、見るに堪えない程汚れてしまったらまた買おうと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です