【ブルベ】BRM222 東京300km 満喫相模湾レポートその2

さて続きです。

■PC2~通過チェック(222km地点)まで

重い腰を上げてPC2を出発。そういえば、PC2ではアズマさんとも会いました。ここからはひたすら相模湾を進むことになります。目指すは105km先の三浦半島。普通は車でも行こうと思わないですよね。明るい内に到着出来ますでしょうか?

相変わらず海岸線は非常に景色が良く、珍しく快適なサイクリングです。ここは伊東のちょっと先くらいだったでしょうか?

そして熱海を越え、小田原を過ぎ、二宮、大磯までは国道1号を通って行きます。大磯からは国道134号に鞍替えして、ひたすら40kmほど。キューシートの1区間が16kmとか26kmとか書いてあって非常に萎えます。大磯を過ぎると平塚、茅ヶ崎と通ってようやく14:14に藤沢に突入。。。

この辺りになると人も増えてきて、2月だというのにサーフィンしている人が普通にうろうろしていたり、

江の島の周辺は観光地だけあってすごい人出でした。カップルばっかでしたけど。たぶんこの写真が江の島な気がします…。

江の島って、冬で海に入れるわけでなくとも1年中混んでいるところなんですね。初めて知りました。なんでも江ノ電も、季節に関係なく週末はあまりの人の多さで、ダイヤ通りに走れないのがデフォルトとのこと。

そういえば、江の島の手前くらいでCerveloのTTバイク(P2だった)にブチ抜かれました。ここまで200km近く走ってきている身としては、心の中は『ムキー!w』となりましたが抜かれてもちょっかい出せないのが悲しいところ。あの国道をTTポジションで爆走している人に追いつけませんよ…。kumaさんは厚木ベースのアメリカンとバトルをしたとか言っていましたが、とても真似出来ません(笑)

人の多さと比例して、車も大渋滞でした。路肩はチェーンで削れたアスファルトのカスが一杯溜まってるし…。おかげ様で、この日は皆顔が真っ黒でしたね。

そしてペースを乱されつつも、鎌倉を通過して逗子、葉山。おしゃれーな土地を続けて通過。田舎者には居心地悪いです(^_^;)

葉山もこじんまりしていて、とても大人の街でした。御用邸の前も通過。門番の警察官がいましたが、さすがに写真を撮るのははばかられましたw

そして葉山を過ぎると、いよいよ横須賀!15:10、やっと三浦半島に到着です。だいぶ日も傾いて来ました。通過チェックはまだか。。。

いままでほとんどフラットで楽をしていたのですが、横須賀に入ると途端に山がちになってきます。意外と7%くらいの勾配で、完全に脚が終わっているのでインナー×ローでないと進めないという体たらくぶり。。。
とにかくNTTの研究所?までの坂も、ええ、距離も1kmも無いし勾配も10%未満ですよ?でもヘロヘロで登り、なんとか通過チェックにだどりつく。。。

セブンイレブン横須賀長沢4丁目店、222km地点。15:56撮影なので約11h経過。アベレージ20km/h以上ですので、私としては上出来。

山の影になっている場所だったこともあって、結構寒かったです。この辺りまでくると、PCで会うメンツも固定されてきます。寒かったのとカロリー補給でカップヌードルのカレーを食べたかな?ここまで背中の補給食だけで過ごしてきたので、美味かったw

■通過チェック~PC3(233km地点)まで

ここからは、わずか11km先のPC3を目指します。ちょっとダウンヒルしてすぐに海。

三浦も景色の良いところでした。

そして狭くてアップダウンだらけの街中を通り、市役所の前を通過するとすぐにPC3。アップダウンが地味に脚に来ます。この時間帯が一番きつかった…。ファミリーマート三浦三崎店、16:35着。11h30mで233kmとまずまずのペース。

通過チェックでラーメン食べているので、ヨーグルト1個買って先を急ぎます。だいぶ日も暮れてきました。ここからは、写真に写っている黄色いジャージの方、それと@yama_shin88さんと前後しながら最後のヤマ場、湘南国際村の登りを目指します。この辺で一緒の方とは、途中でついたり離れたりしていましたが、結局桜木町~川崎の信号峠で集まって、最後は10人くらいのトレインで走ってました。信号峠で集団が分割することも当然あると思うのですが、ダンゴ状態になる可能性の方が高いということですね。

湘南国際村に入る直前の夕日。

交差点を右折すると、トンネル&登り。距離はそうでもないのですが、斜度は10%くらいあって、ここまで250km走ってきている脚にはこたえます。トンネル内は歩道も自転車通行可で、歩道を走っている方もいました。しかし一番長いトンネル内で峠がピークを迎えて、途中から下りになります。登りの時は同じ速度で走れていましたが、さすがにダウンヒルになると歩道では速度を出せないようで、徐々に私の視界から消えていってしまい気の毒でした。

山を越えて逗子の住宅街に入ると夜の帳が降りてきます。ライトを点灯して、金沢八景、能見台と進んでいきます。とにかく信号が多くてstop&goが面倒です。25km/hくらいで後ろにくっついてダラダラ進んでいたのですが、杉田あたりから急に脚が復活。中華街まで30km/hオーバーで走りますが、結局信号に絶妙に引っかかって、あまり意味が無かったような。

そして中華街に入る手前あたりで、ラーメン屋の前に路駐している車がたくさんある場所があったのですが、久々にドア開け攻撃をくらいそうになりましたね。しかも2台続けて。ラーメン屋の前に(もちろん駐禁)路駐するのは自由ですが、後ろ位確認してくださいよ…。

そしてようやくたどり着いた久々の都会。石川町の中華街です。黄色ジャージの方には、本当にお世話になりました(お名前分からずすみません…)。ありがとうございました(^_^)

その後、関内からみなとみらいへ。

あまりにもおしゃれ過ぎて、汗臭い私たちの場違いっぷりが凄かったです。かなりの罰ゲーム感w

子安・生麦のあたりを過ぎて、鶴見川を越えてようやく川崎に帰ってくると、工場なんかも増えてきて妙に安心感が(^_^;) もうほんとに残り10kmとかその程度の距離なのですが、平坦はまだしもちょっとした陸橋でもインナー×ローにしないと登れない始末。。。

新川崎のあたりとかホントにツラかった。それでも耐えながら、どうにかこうにかゴール地点のセブンイレブン川崎武蔵中原店に到着。一緒に走ってきた6人ほどの皆さんはセブンで雑談していましたが、私はすっかり燃え尽きてコーラだけ買ってそのままデニーズに移動。早く屋根壁あるところで椅子に座りたかったんです(^_^;)
デニーズに入るとburuさんやゆんさんに出迎えられ、ゴール受付完了。1h以上は先着していると思っていたkumaさんも、脚の調子が悪く10分ほど前に到着したばかりとのこと。

既にリザルトが出ていますので、それによりますと私のゴールタイムは15h28mでちょうど10人目。14時間台の変態さんが3人。4人目がkumaさんで、5人目~私までは、恐らく最後まで一緒にトレインで走っていたメンバーのはずです。しかし今回は私の一番嫌いな細かい起伏が続くコースで、本当に疲れました。チェーンが削ったアスファルトの粉のせいで、皆顔が真っ黒。デニーズのおしぼりで顔を拭きましたが、1枚では足りません。しかもあまりにも疲れていたのか、頼んだラーメンを不覚にも半分しか食べることが出来ませんでした…。

翌日は子供たちの相手が控えていますので、食事が済んだら皆さんに挨拶をして撤収です。フラフラのまま何とか車までたどり着き、着替えして、途中仮眠しながら3hかけて自宅まで。疲れましたが、本当に海を満喫出来たブルベで楽しかったです。スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。次のブルベは7月の北海道1,200kmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください