ブルべレポート2014

【ブルベ】BRM119 千葉200km 南房フラワーラインレポートその1

さて先週の日曜日は、昨年の灼熱つくば200kmに続いて2度目の千葉200、BRM119南房フラワーラインに参加してきました。毎年この時期に開催されているのですが、1月はエントリー峠が高いこともあって私としては1月のブルベ参加は初めてでした。

一応結果は確か10h50mで無事に完走。海鮮丼もソフトクリームもハンバーガーもスルーして頑張りました。
内容は1月らしいエクストリームなブルベとなりましたが、大変楽しかったです。スタッフの皆さん、一緒に走った皆さん、そして送り出してくれたカミさんに感謝です。どうもありがとうございました。

■サマリー

ログはこんな感じ。千葉200kmとなっていますが、実際の距離は210kmあって大変お得なブルベでしたね。200kmを越えてからはヘロヘロで『この10kmは何なの?』と思っていましたが(笑)

■スタート~PC1(40km地点)まで

今回は袖ヶ浦を8時スタートということで、東浦和を5:26発の電車に乗って輪行です。前日からかなりTLを賑わせていましたが、前の晩から早朝にかけての天気予報は『雪』。東浦和までの道すがらも、ところどころに雪が降ったことを示す痕跡が残っていました。平野の住宅街でも雪が降ったのだから、山間部はいったいどうなってるの?と不安になりつつも、予定通り開催されるとのことでしたので『行けるところまで行ってみよう』の精神でまずは袖ヶ浦を目指す。

東浦和駅からの輪行だとどんなに頑張ってもブリーフィング終了後にしか着かないので(輪行組は大体そんな感じ)、受付するとスタートは最後尾の8:20。袖ヶ浦海浜公園は初めて来たのですが、なかなか景色の良いところでした。

公園から富士山もはっきり見えます。

吹き荒れる強風の中、スタッフのgakさんにご挨拶。私が忘れ物をしたせいで、早速ご迷惑をおかけしてしまったのですが…この日は未来の奥様とご一緒で、和やかな?雰囲気で談笑(笑) 奥様は川越在住ということで、埼玉県民がいて一安心。

その後、スタートしていく皆さんを見送って同じく輪行で参加のkumaさんと一緒に8:20スタート。明るくなってからは終日天気も良く、さわやかなサイクリングのスタート。

序盤は信号が多かったのですが、16号に出るとペースも上がって寒さも気にならなくなってきます。途中でいつものようにkumaさんの背中を見送り(泣)、内房線のいくつかの駅を過ぎると上総湊。ここからも富士山が大変綺麗に見えました。

そしてすぐにPC1・富津のセブンイレブンに到着。ここまで走りながら補給食を食べていましたので、特に休憩もせず到着ツイートだけして3分ほどですぐに出発。とにかく人が多くて、バイクを立て掛ける場所もありませんでしたので写真を撮るのも忘れました。

■PC1~PC2(85km地点)まで

さて次は二つほど山を越えて館山のPC2を目指します。一緒になった他のライダーの方と坂を上っていると、徐々にアイスバーンが出現。ゆっくり上っていても、後輪がドリフトしたりして焦ります。そして少し進むと千葉のスタッフさんが。何やらこの先は日影に残った雪が盛大に凍っているとのこと。いったいどれ程のものなのか、と進んでいくと…

まさにアイスバーン以外に表現がない、完璧な凍結路。雪じゃなくて、完全に氷になっております。どうみても自転車では進めないので、諦めて降りて徒歩で行進します。この↑の写真の時は初のアイスバーンだったので、皆余裕があって『おいしいネタだww』とか言って喜んで写真を撮っていたのですが。その後も百メートル単位の凍結路が何度も出現…。

最後は一同無言に。千葉ブルベ雪中行軍の図(午前の部)。

分かっていましたが、ロードのクリートをつけていると大変に歩きづらい。嗚呼、やっぱりペダルをSPDに変えてくれば良かった…と思っても後の祭り。こんな箇所をいくつも越えて、山を越えるとやっと全面凍結箇所が無くなって自転車に乗れるようになります。

そして白石峠に入る前、長狭街道だと思うのですが、平坦な道を走っている時になんと落車してしまいますorz
日影の部分が左の路肩からセンターライン位までガッツリ氷が覆っている箇所があったのですが『思いっきり凍結している、センターライン付近までふくらんで回避しないと』と思いバックミラーを見るとタイミング悪く軽トラが迫ってきています。『このタイミングでふくらんだらマズイ』と思いそのまま凍結部分に突っ込んだのですが、凍結部分を回避出来なかったことで焦りが生じてしまったのでしょう。軽トラ通過後に氷の上でわずかにバランスを崩し、そのまま左に転倒。。。

幸い氷の上を少し滑走する感じになったので衝撃が分散され、ジャージが破けるとかも無く、軽い擦り傷で済みました。後続の人に心配されてしまう程派手にコケたのですが、自転車にもダメージは無く(変速はちょっとおかしくなった…左側に転倒したのですが)、すぐにコース復帰。白石峠(千葉県版)を越えて、館山まで県道をひたすら南下。この日は強い北風でしたので、館山までのこの区間はボーナスステージ状態。一人でも45km/hとか出ちゃいます。遅れを取り戻すべくビンゴバーガーもスルーして、心拍数全開で館山まで。

割とエネルギーを使いましたので、館山の市街地に入ると最初にあったローソンにピットインして昼食。混雑するPCを避けてのんびりしたかったからですが、ここのローソンはイートインがあって当たりでした。

そして市街を抜けるとすぐにPC2。到着時刻は12:20。ちょうど4時間で約80kmですから、途中凍っていたことを考えるとまぁまぁのペース。ここでもレシート入手のためにブラックサンダーだけ購入して、滞在時間2分で出発です。

その2につづく~。

POSTED COMMENT

  1. か~だ より:

    お疲れ様です! 
    いつもは速攻なのに暫くブルベの記事がアップされなかったので、チョット心配しておりました。
    峠のアイスバーンは恐怖ですね、、、大きなケガにはならなかったのは‘さすが’です。
    ボクだったら…怖(><)ロード+凍結=ムリ。ですね(ーー;

  2. morou より:

    か~ださん
    お疲れ様です。ブログの更新が以前より滞っているのは、単に仕事が忙しくなってしまったからです。。。スミマセン。
    スタッフの方も経験が無かったようですが、まさかこれ程凍っているとは思いませんでした。私も凍結は無理ですよ~、こうなっていると知っていて走った人は誰もいないと思います(笑)凍結部分は全部押し歩きでしたし…orz
    ただ、ダウンヒルの時に突っ込んでいった人は一部にいたようです~。次回は普通のサイクリングがしたいです!(笑)

  3. 篠原達三 より:

    ブログ拝見しました。凍結路を走行してのBRMの完走おめでとうございます。
    凄い勇気と意思力です。でも怪我もなく幸いでした。また、ご一緒に走りましょう。

  4. HIROKIX より:

    はじめまして、ブログ楽しませていただいてます。昨年からブルベを始めたものですが、今年は1月から走ろう思ってたのですが、昨年同様エントリー峠に破れがっかりでしたが
    アイスバーンになっていたとは・・・。ひとまずひどい怪我ではなかったようで幸いでしたね。千葉のブルベでお会いしましたらよろしくお願いします。

  5. morou より:

    篠原さん
    こんばんは。コメントありがとうございます。
    以前のエントリの通り、12月の南房総ツーリングが楽しかったので軽い気持ちで参加したらこの通りでした。その2で書きますが、一緒に凍結ゾーンを走った仲間がいましたので完走出来たと感じています。
    懲りずにブルベには参加しますので、ご一緒出来る時がありましたら、ぜひ宜しくお願いします。

  6. morou より:

    HIROKIXさん
    こんばんは。コメントありがとうございます。
    私も今シーズンで3年目なので、同じくらいですね。私の場合、1/5のエントリー峠に敗れてしまったので、千葉は気合を入れて入力しました(笑)
    ブルベは色々な天気を楽しめるのが醍醐味ですが、押し歩き必須というのはなかなか無いと思います。
    怪我の方もかすり傷なので良かったです。ありがとうございます。
    今後もブログと、ご一緒出来ましたらまた宜しくお願いします!

  7. oゆ より:

    ふと、本ブルベでぐぐってましたら これオレだ な写真をみつけまして(笑)
    当日はお疲れさまでした。これが初ブルベでしたが、ブルベってこういうんだな、っていうのをよく理解できたかな、って。

  8. おゆ より:

    途中で送信されてしまいました。。。
    ともかく。今年はBRM千葉中心に参加してみよ思うてまして、今後また機会がありましたら是非!

  9. morou より:

    おゆさん
    コメント有難うございました!モザイクかけているのにすぐ分かる写真で申し訳ありません(^_^;)
    ブルベだと、普段は通らない道、走らない天候でも走ることを余儀なくされますが、そういうのも全てひっくるめてサイクリングなんだなぁ~。というのを認識させてくれます。
    私キャノンデールに乗ってますので、お会いしましたら声かけて下さい(^_^)
    宜しくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください