BRM709 北海道1,200kmの準備(移動編)

<

7月に参加予定の北海道1,200km。エントリーした当初は1月でしたので『まだ半年もあるわー』と、遠い未来の話という感覚だったのですが、3月も終わりになり、あと3カ月ちょっとまで迫ってきました

さすがに1,200kmは初めての距離です。ですが、要は4日連続で300kmのブルベに参加するのと同じことだよね~と思うようにしていますが、普通は300kmですら果てしなく遠い距離(のはず)。それを仮眠するだけで4日連続で走るとか、よく考えるとおかしい気がしますが『なんだ、300kmを4回走ればいいだけか』と思ってしまう私。何か戻れないところまで来てしまっている気がします(笑)

それはさておき、まずは移動手段の確保をする必要があります。

自転車を伴っての札幌までの移動の選択肢としては、
1、飛行機輪行
2、北斗星で列車輪行(夜行)
3、東北新幹線+特急を乗り継ぐ(昼間移動可能)
などがあります。
Jetstarという強力なLCCがある今は、普通は飛行機で移動すると思いますが、やはり北斗星も捨てがたい。もう少しで廃止だし、寝てる間に到着するし、ビール飲みながらのんびり移動できます。費用が関係ないなら、間違いなくこれを選びます。鉄道輪行はパッキングがいつもの輪行袋でOK、という簡便さも魅力です。また私の場合は埼玉の浦和に住んでいるので、北斗星や東北新幹線が停車する大宮まですぐ近くで移動も楽、運賃も上野発よりちょっと安いため他の人と比べると利用するための心理的ハードルが低いということもあります。

ちなみにそれぞれの片道の費用と所要時間は、
1:約8,000円(4H)
2:約27,000円(17H)
3:約23,000円(10H)
という感じ。価格だけだと鉄道を選択する理由がまったく見当たりませんね…値段違い過ぎ。だから廃止になってしまうのでしょうね…。
ちなみに飛行機は成田から出ているJetstarを使った場合です。単純にJetstarのサイトに記載されている運賃だけを見ると、成田⇒千歳まで片道4,000円前後なのですが、これに自転車を運ぶための重量増のアップチャージ、支払手数料(カード決済でも840円取られる)、自宅から成田まで、千歳から札幌までの電車賃など合わせて概ね8,000円という感じで算出しています。

片道だけでも北斗星にしようか、などさんざん悩んだのですが、結局安さに負けて往復飛行機を予約しました。北斗星は一か月前でないと予約出来ず、予約出来るかどうかも確実でないため、北斗星に乗る場合でも飛行機も安い期間中に予め予約せざるを得ない、ということもあります。しかも北斗星が予約取れたとしてもJetstarは払い戻しが出来ないので、更に費用がかさむのです。さすがに片道で3万超えるとなるとね…。

移動手段編はこんな感じでしょうか、うーんでも北斗星乗りたかったなぁ…。しかし1,200kmのエントリーフィーだけでも27,000円も払ってることを忘れてはいけない。。。

↓読んでいただきありがとうございます(^_^) 最後にポチっとお願いします!

にほんブログ村

Facebook

  • twitter
  • Hatena
  • Pocket