パーツのインプレ・カスタマイズ

『例のポンプ』

少し前から特定の界隈で大人気の『例のポンプ』。

中華ポンプなのでいくつものブランドにOEMされており、製品名が定かでないことから、呼び方はもう『例のポンプ』でいいよ…ということになっています。一応、確認されているブランド名は『LANDCAST』『Oture』『BLACKBIRD』『PROSTAR』の4つみたいです。

ポンプを絶賛してTwitter上で拡大する原因になったbaruさんによると、発掘したのは例によってチャリモさんだそうです。それをbaruさんが名無しでレビューして広まったという流れですかね。

詳細は名無しのレビューを読んでいただければ分かるのですが、携帯ポンプであるにも関わらず、ダブルチャンバーという独自のメカニズムによって引き動作の際に空気を圧縮し、6~7barまで簡単に空気圧が上げられることが画期的です。人によっては『フロアポンプ不要』という人までいます。

従来は携帯ポンプではどんなに頑張っても精々4barくらいまで空気圧が上がれば上出来、後は全開スプリントやダウンヒルをしないように大人しく走って帰る…というのが定番でした。それが嫌ならCO2ボンベを使ったり、大型のフレームポンプを使ったり、『何かと何かがトレードオフになる』のが携帯ポンプでした。

フレームポンプってのは、トップチューブの下かシートチューブに挟んで運ぶものでこんなやつですね。以前はフレームがスチールでホリゾンタル・ラグ接合ばっかりでしたので、これが主流でした。全長は30cm以上ありますけど、大きい分ポンピングは非常に楽です。

ところが今や、全長20cm弱・110gのこの中華ポンプで6barくらいだったら楽勝で入ってしまう時代が到来。飛行機輪行すると空気を全部抜かないといけませんので、そういう場面でもベストですね。しかしいつもながら、真っ先に見つけてくるチャリモさんと、それを分かりやすくレビューして広めてくれるbaruさんには感謝しかありませんね…。

私は今のところ、65gのトピーク Micro Rocket AL MasterBlaster を使っているのですが、

興味があるのでこの『例のポンプ』を買ってみようと思っています(⇒買いました)。しかし携帯ポンプで110gオーバーは重い部類ですから、どの程度パンクするのか?と体重(私は56kgしかないので、パンクしても4barも入れば十分普通に走れるので)にもよります。誰でも彼でも買えば良い、とまではいかないと思います。私も6年くらいパンクしていないですし…。軽さだけを追求した携帯ポンプなら、恐ろしく軽いものもいくつかありますし。

ちなみに、現在は以前のブランド乱立状態が落ち着いて、こちらの『LANDCAST』というブランドに収束している様子。こちらがポンプのみ。

これにお助けチューブをプラスすると盤石の体制になります。

中華製品なのに、Amazonだけでなくついにヤフーショッピングでもワールドサイクルがセット製品を取り扱い開始。このセット版は、Amazonでは永らく在庫切れになってしまっています。まぁわざわざセットを買わなくても、高いものでは無いですからAmazonで別々に買っても良いと思います。でもAmazonではお助けチューブはたまに在庫切れになるので、その時はこのワールドサイクルでセットを買うしかない、という状況になったりします。

そしてついに、同じデュアルチャンバー構造のままで小型化・軽量化された『例のポンプ・ミニ』と『例のポンプミニ カーボン』が登場しました。もちろん(両方w)買いましたので、一緒にこちらの記事も読んでみて下さい。何年もパンクしていないのに、ポンプばかり増えていく。。。

外箱
例のポンプにミニが登場(カーボン版も登場)既に話題になっていますが、例のポンプのミニ版が登場しました。 ■概要 『例のポンプ』って何?という方は、まずはこちらの記事を...
例のポンプミニ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください