2018Flecheフレッシュ日本橋

【ブルベ】2018 日本橋フレッシュ(Fleche)完走・認定!その2

いよいよ本番のFleche夜の部です。各々ライトを点灯し、これからの冷え込みに備えて防寒具を着込みます。

次は50km先の長生村にある風呂ポイントの太陽の里なのですが、何とベイさんがレッグウォーマーの類を一切持ってきておらず、今履いている夏用レーパンしかないとのこと(朝から騒いでいましたけれど)。さすがに気温1桁は乗り切れないということで、ついに!

禁断の高性能防寒具デビュー!(本人の意向によりモザイクをかけています)

夜中の峠越えはかなり寒かったのですが、全く問題無かったと言っておりました。もうこれで、次回からは積極的にパンストを履くようになってしまったと思います。噂には聞いていましたが、かなり高性能だったらしいです。

犬吠埼を出発し、ドーバーラインを越えて無事に風呂ポイントの太陽の里に到着。フレッシュでは休憩時間にも制限がありますので、長居をすることは出来ません。風呂に入って、アンダーシャツを半袖から長袖に交換します。あとはグローブと長指に、ついでにソックスも乾いたものに交換です。

ここまで『もう止める』を幾度となく発言してきたベイさんですが、どうにか太陽の里までは到着しています。風呂にも入らずひたすら仮眠して体力の回復に努めるとのこと。私も少し仮眠しましたが、仮眠室で寝ると気づいたら朝になってしまいそうなので、明るい廊下のリクライニングチェアで横になりました…。りんぱぱさんは仮眠室だったそうですが、隣のいびきが煩くて全く眠れなかったとのこと。

1時間ちょい過ぎた後、準備をして出発。ベイさんも『復活出来なかったらDNFする』と言っていたのですが、無情にも回復してしまったようです。残念!渋々出発します。

ちなみにここまで260kmくらいあるのですが、相変わらず全てりゅうさんが牽いてくれています(^_^;) なんてヒドいチームなんだ。

ということでようやく283km地点のPC3。時刻は1:30。あと4時間半で80km残っているんですが、間に合うのか…?これは。

コース的には小さな峠(大多喜の羽黒山)を1つ越えて、後は千葉市内の信号峠を残すのみ。かなり真面目に走らないと無理ですね。確かに途中までは余裕がありました。ハンバーグを食べたり海鮮丼を食べたりする余裕が(ハンバーグも刺身定食も美味しかった)。しかし常に残り時間を正確に計算しまくって、計画的にギリギリまで休憩していますから、あえて最後には余裕が無くなるように走っているのです。

途中でフォトチェックが入ったのですが、深夜に無人の交差点で反射ベストの集団が整列した写真はあまりに怪しいので、掲載せずにおきます。そしてこのフォトチェックで(太陽の里で15分寝たのに)眠気がMAXの私は10分ほど恒例の体育座りで仮眠。こうして時間が削られていきます。他の4人はどうして眠くならないんだ?

峠を越えるとあとは下り基調の道がダラダラ続くので、快調に飛ばして22時間地点のコンビニにチェック。

実はこのコンビニは予定していた22時間地点よりも10キロほど手前なのですが、予定していた22時間地点の市原のファミリーマートをPCとしても設定していました。そのため特に休憩の必要は無いのですが、PCチェックのためにまたコンビニに寄らなくてはなりません。休憩せずに買い物だけしてすぐにリスタートすれば、さほどのタイムロスにはならないとしても、ここにきて数分のロスは痛いです。

ということで市原のファミリーマートに到着。時刻は4:50。335km地点ですね。

さすがにここまでくると完走が見えてきます。ベイさんも帰りたいと言わなくなってきましたし、りりちゃんも何度か調整した selle SMPのサドルが合わなくて苦労しているはずなのですが、諦めて走っているようです。そりゃね、あのサドルはもっとじっくり調整した方が良いですよ。チームで走ってたら自由に停車して調整とか出来ないからね。

しかしあと70分で市街地を25km進まなければなりません。パンクしたりしたら、それで終わりでしょう。ここまで来たら行くしかないということで、とにかく360kmを越えるようにペダルを踏みます。

途中の五井や蘇我あたりの信号峠は確かに厳しかったのですが、千葉駅を過ぎると高規格に設計されたR14になり、朝方ということもあって非常に快調に進みます(これはコースを引いたりんぱぱさんのおかげ)。ここでりりちゃんが突如鬼のように40km/hで先頭を引き始めます。確かにそれ位の速度を出さないと認定が危ないのですが、粉飴の切れたベイさんが徐々にバックミラーの視界から遠ざかっていきます…。

即座にエースであるベイさんから指示が飛び、速度を30km/hくらいに抑えながら進みます。また、ゴール手前数キロの地点でなんとmomさんのチームと遭遇。どうやら同じ進行方向のようです。一緒に走ることは出来ないため、ケツに火がついている我々は交通量の少ない地点で一気に抜いて先に出ます。

そして残り5分くらい、ようやくメーターの距離が360kmを突破!りんぱぱさんが、事前に『このコンビニまで行けば360km超になる』という当たりをつけてくれていました。残念ながら当初の24時間地点には到達出来なそうですが、そのコンビニまではギリギリ到達出来そうです。

ということで、今年も数分前にギリギリ360kmを突破!無事にコンビニに駆け込んで証跡も入手! 我々がコンビニに入ったすぐ後に、先ほど抜かしたチームも同じコンビニに入ってきました。ゴールが一緒だったんですねw

ということで、今年も無事に5人で認定です!昨年6月の佐渡200以来のブルべで大変だったけど、無事に完走出来て本当に良かった。欠けることなく5人で最後まで走れたことが嬉しいですね。実際にはこれが本当に難しいんですよ…。ほぼ全行程を牽いてくれたりゅうさん、コース作成や申請一式を行ってくれたりんぱぱさん、ネタを提供してくれたりりちゃんとベイさん、この場を借りて感謝申し上げます。

無事に完走したら、あとはナイスプレイスでのゴール受付とレセプションを残すのみ。フレッシュはこのチーム同士の懇親も目的の1つですからね。今年の我々のチームは寝坊せずに無事に5人集合して、そのまま懇親会へ。さすがに皆さん眠いので参加人数は少なかったですが、ガード下の居酒屋でたっぷり懇親して解散。

スタートから懇親会まで、本当に楽しかったですね、年に1度のお祭りです。さて来年のイースターはどこからスタートしましょうか。

POSTED COMMENT

  1. NOM より:

    完走おめでとうございます!りゅうさんの引きはすごいんだろうなぁ・・・パンストそんなにいいんですね?荷物にならないし試してみようかな。2回完走したから来年はDNSしているコースで完走を目指してみてはいかがですか??

    • morou2 より:

      NOMさん
      りゅうさんはパワーがありそうですからね。25km/hくらいだったら延々牽けると言っていました。パンストは良いと思います、寒かったらコンビニで買えるので荷物になりませんからね。後は履くときの周囲の目さえ気にならなければw
      来年はどこから走るか、悩ましいですねー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください