2019Traceトレース日本橋

Trace(トレース) 日本橋2019 無事に完走しました その1

先週末に出走しましたTrace日本橋(トレース日本橋)ですが、無事に完走しました。暫定リザルトも送られてきて、特に問題無ければ認定も受ける事が出来そうです。

今週末はAR日本橋の『Trace』を走ってきます今週末は中1週間で再びブルベ。Flecheを毎年開催しているAR日本橋(AR日本橋のそもそもの設立趣旨が、Flecheを毎年開催する事で...

ゴール受付も兼ねたナイスプレイス会場では、Trace自体の認知度もまだ低いと感じました。それではTraceってどんなものなのか?という紹介も兼ねて、時系列で振り返ります。

■スタート地点の上田に集合

今回のメンバーですが、私からすると『いつもの悪い人たち』(もちろん私も含まれる)…神奈川のT会長、りんぱぱさん、べいさん、りゅうさん、そしてトリさん。馬力で飲んでるメンバーがそのままTraceを走りに来たというメンバーです。Traceだから集まりましたけど、Flecheだったら真面目に走らないといけないので認定は絶対無理(笑)

とイジりつつも、会長を筆頭に皆さん今のAJの重鎮ばかりですので1,200km級の距離も何度も完走しているし、走る時は走ります。この面子でFleche走りますよ、となれば普通に完走出来る走力の持ち主ばかりです。

しかし以前のエントリにも書いたとおり、Traceの内容はFlecheと比べると非常に緩いので

『200kmを30時間かけて走ればいいんでしょ?』
『獲得標高はマイナスだし』
『DNFのしようがない』

と開始前から緊張感の無さがすごい。Traceに関しては本当にルールが緩いのでそういうモードになるのも仕方ないのですが、余った体力は飲み会に全て使う気満々なのがこのメンバー。

スタート時刻は土曜の6時と早いので、スタートの上田(長野県)には前泊必須。メンバーの士気を高めるべく前夜祭も実施されますので、皆さん17時くらいには集まってきます。

私も金曜は午後休を取って大宮駅に無事に到着。

明るい内に飲むハイボールはうまい。

ほんの1時間で上田駅に到着。標高が450mありますので、結構冷えています。

駅前が大河ドラマ『真田丸』一色に湧いていたのも、もう3年前の話です。

前夜祭は18:30から駅前の居酒屋で。私は自転車を組み立てて、ブルベカードやナンバープレートの配布の準備をします。忘れ物も無く、ナンバープレートも装着して無事に組み立て完了。我々のチームはトレースではエントリーが最も早かったらしく、チームリーダー(=事務員)の私は栄えある『1』のナンバーです。

■前夜祭の開始

今晩はどうせ飲みすぎて翌朝はぎりぎりまで寝てしまうので、準備の時間などあろうはずがなく。着替えの準備や荷物の整理をぎりぎりまで行って、少しのんびりするともう前夜祭の集合時間。いつものゴールデン上田です。ちゃんと業務用のホッピーが出てくる北限のお店?2013年にSR600FujiをDNFした時に新幹線の時間調整で利用して以来、愛用させていただいています。

しっかり時間通りに集まる優秀なメンバーです。これまでは何故かお祭りの日と被っていて落ち着いて利用出来たことが無かったのですが、今日は腰を据えて飲めました。キンミヤのボトルまであるとは知らなんだ。4本くらい空けた気が…。

ちりとり鍋。ホルモンを味噌で煮込んでいて美味しかった。一瞬で無くなりました。

6人で散々食べて飲んで非常に楽しい宴でした。そして上田に来たらココ。Bar デジャブーです。

今年もマスターの蘊蓄を聞きながらレアな原酒を堪能します。

私が頼んだのは、白州の18年。原酒が不足していて、今やかなり貴重らしいです。

明日は5時過ぎには起きて200km以上走ると言うのに、23時位まで飲んでました。遊ぶ時は遊ぶ!

■さわやかな朝

さて翌朝です。何とか寝坊することなく起床しましたが、固形物を食べる意欲が湧かず。朝食用に昨夜買っておいたサンドイッチは、フードポーチに入れて持ち歩くことにします。空は爽やかに晴れ渡っており、絶好のサイクリング日和ですね~。

スタート地点のファミマに集合。6時になったら証跡のレシートを取得して、スタート!…しません。コース的に楽過ぎるので、コンビニ前でダラダラ雑談してます。私はかばんに前日の私服やらの荷物を詰めて、自宅に送り返します。

コースについて

今回のコースは、上田から碓氷峠を経由してPC1:横川(55km)、高崎。途中にPC2:太田(114km)を通りPC3:宇都宮(181km)まで。宇都宮からはひたすらR4のバイパスを通って南下。PC4:古河(233km)を通過してゴールは日本橋(288km)に設定しています。Traceなので、Flecheのような24hという制限時間は無く、ゴール受付に間に合えば良いという設定になっています。

そのため今回は288kmを24h(日曜の6時ゴールが目標)かけて走ろうというプランです。また、200km以上走っていれば認定が出ますので、面倒になったら233km地点のPC4あたりでやめても大丈夫。

いつものBRMなら300kmを17時間くらいで走るのですから、24時間も時間があったらダラけるのもむべなるかな。道中は横川の釜めし、宇都宮の餃子、健康ランドの仮眠に充てる予定です。さてこの緊張感皆無のAJご一行Traceチーム、無事にゴールまでたどり着けるのか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください