【レビュー】iGPSPORTのサイコン『iGS630』(ナビ編)

iGPSPORTのサイコン『iGS630』のレビューです。今回はナビ機能について。

概要編、初期設定編はこちらから。

created by Rinker
ノーブランド品
¥24,530 (2022/05/18 12:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

■マップについて

前作のiGS620ではwifiが備わっていたため、必要な国のマップをダウンロードする方式でした。iGS630は予め主要なマップがインストールされており、ダウンロードする必要はありません。

マップは『ナビ』のメニューを使いますが、購入直後にメニューを見てもマップは表示されません。一度GPS信号を受信すると表示されますので、屋外でGPS信号を受信し、位置情報を更新しましょう。

インストールされているマップについて

iGS630とPCを接続すると、外部ストレージとして認識されて中のフォルダを見る事が出来るようになります(電源OFFの状態で接続しないと認識されません)。その中には『Maps』というフォルダがあり、中を見るとjapanのマップファイルが多数格納されています。

iGS630の製品サイトではフルカラーの綺麗なマップが掲載されているのですが、実際のマップはこの程度の情報量です。左はEdge530Jで、同じ200mの縮尺を表示しています。530には表示されている河川や鉄道がごっそり欠落しています。せめて多摩川は表示して欲しい…。また実際のマップ表示領域ですが、iGS630は画面下部にある余白(ナビが稼働していると高低図が表示される)のせいで、iGS630とEdge530のマップ表示領域はほぼ同じ大きさです。

しかし改めて埼玉県の荒川周辺で使ってみると、荒川は表示されていました。この違いは何なのでしょうか?

Edge530Jは昭文社の全国詳細道路地図が入っており高機能ですが、価格(41,580円)にもそれが反映されています。比較するのはフェアではありませんが、iGS630にはもう少し頑張って欲しいところ。せめて鉄道は反映して欲しいですね。

でも実際に自転車でナビをさせる分には、この程度でも十分だったりします。こちらは私の自宅の近所ですが、道はしっかり表示されますので困ることはありません。充実したマップを搭載すると確実に価格に反映されますから、個人的にはこの割り切り方で良いと思っています。後述しますがiGPSPORTのアプリが優秀なので、iGS630本体のマップはこの程度の情報量で充分です。

縮尺

用意されている縮尺は、50/100/200/400/800mの5つ。マップの表示中に左上の電源/リターンボタンを押すたびに縮尺が切り替わります。Edge530では、いったんボタンを長押しして縮尺変更モードに切り替る必要がありました。その手間が無く、ナビ画面でボタンを押せば即座に縮尺変更が可能な点は優れています。

■ルートの作成、取込みについて

ルートの転送はできるのか?

続いてルートの話です。まず気になるのはRidewithGPSやSTRAVAで作成したルートを取り込めるのか?その方法は簡単なのか?という点かと思います。iGS630のサイトではこのような画像が掲載されており、PCからはUSB接続で、スマホからはBluetooth接続で、iGS630に簡単にルートを転送出来そうなことをPRしています。

https://www.igpsport.com/ja/igs630-overviewより

しかし結論としては、この画像は正しくありません。
※2022/05/07にアップデートが行われ、本機能が使えるようになりました。

まずルートの取込み方法について。上記の図ではPC経由とスマホ経由の2通りあるようになっていますが、実際はスマホアプリ経由でiGS630へ転送することが必須です。アプリに取り込んだ際に、ルートファイルは.cnxというファイル形式に変換されます。このファイル形式以外はiGS630ではルートとして認識されないためです。

iGS630とPCをケーブルで接続して外部ストレージとして認識させ、GPXやTCXのファイルをそれらしきフォルダに格納しましたが、一切認識されません。

図には『GPX/TCXのファイルはアプリケーションからアップロード可能』と記述されています。この文章は間違ってはいないのですが、『GPX/TCXのファイルはアプリケーションからのみアップロード可能』というのが正しいと思います。図のようにPCとiGS630をUSBで接続してルートファイルを転送しても何も起こりませんので注意が必要です。

ルート転送のやり方

さて本題のルート転送方法です。ここでは、スマホで全てを行う方法を紹介します。外出先でルートを取り込みたいニーズもあるでしょう。要領が分かればPCからも同様の方法で転送出来るようになります。

今回はiPhoneの画面で紹介します(私がAndroidの端末を所有していないため)。アプリ経由でルートを取り込む話なので、iGPSPORTのアプリは予めインストールしておきましょう。

まずはスマホからブラウザを使いRidewithGPS(以下RWG)やSTRAVAのサイトにアクセスします。アプリではなくブラウザです。ログインして転送したいルートを表示させて、RWGなら『ファイルとしてエクスポート』を選択します。

『GPXトラック(.gpx)』を選択。

チェックボックスが表示されますが、無課金の人はチェックはせずに『gpxファイルをダウンロード』を選択。

すると画面の下部に『ダウンロード』の表示が出ますのでタップします。

ダウンロードが終わると表示が『次で開く』に変わりますので、タップ。

ダウンロードしたGPXファイルを何で開くのか?を聞いてきます。ここで『iGPSPORT』のアプリを選択します。

すると画面がiGPSPORTアプリに変わります。

ルートのタイトルを付け直して、『保存』を選択。

無事に保存されました。このルート一覧画面は、アプリの『デバイス』⇒『ロードマップ』で表示されます。アプリのメニューも多くは無いので、すぐに分かると思います。ルートが表示されない場合は、下にスワイプして画面更新を行いましょう。

取り込んだルートを選択すると、この通り正常に取り込まれていました。続いてiGS630にルートを転送します。予めiGS630とスマホをBluetooth接続したのち、右下の『デバイスに転送』をタップします。

転送が開始されます。

完了です。無事にiGS630にルートが取り込まれています。

Androidの場合は何らかの方法でスマホの任意のフォルダにルートファイルを格納します。アプリの『ロードマップ』を開くと『トラックファイルをインポートする』というメニューがあるらしいので、そこから取込を行います(@YN_Chinookさん、どうもありがとうございました)。
※Android版アプリは、iPhone版アプリよりもメニューの数が多いようです。アプリの『マイページ』内にも『トラックファイルをインポートする』というメニューがあるようです。他にも『補助施設ポイント』など、iPhone版には無いメニューがあるらしい。

PCを使う場合は、『GPXファイルをPCにダウンロード』⇒『メールなどにGPXファイルを添付して、スマホに転送(=クラウド上にアップ)』⇒『ファイルをダウンロード』⇒『ダウンロード先としてiGPSPORTのアプリを選択』という流れになります。どうにかしてスマホにファイルを送りましょう。

方法さえ間違えなければ、先ほどの画面の様に1000kmのルートも転送することが可能です。

またiGS630のスマホアプリは、アプリ上でルートを作成することも出来ます。アプリで作ったルートは
既にアプリ内にルートがあるわけですから、スマホに転送する必要がありません。いきなりこちらの画面にルートがリストされますので、『デバイスに転送』から開始すればOKです。

ルート転送は以上です。今回はRWGを例としましたが、STRAVAでも同様です。

アプリ上でのルート作成について

先ほど少し言及しましたが、簡単なルートならアプリ上だけで作成することが出来ます。作成したルートは、iGS630へすぐに転送することが可能です。

またiGS630へのルート転送は、iGS630でログを取っている最中でも可能です。ログを取っている最中にスマホでルートを作成し、iGS630へ転送。そのままそのルートで道案内を開始することも可能となっています。

具体的なルート作成は以下の通り。アプリから『デバイス』⇒『ロードマップ』⇒『ロードブック作成』と進みます。以下の画面になりますので、スタート地点を設定します。下記画面の下部に赤く表示されている住所の部分がありますが、最初は『スタート地点を設定してください』という表記になっていますので、タップします。すると赤い住所表記に変わります。住所が赤いうちはマップを移動して変更することが可能なので、スタート地点にする場所までマップを移動させ、タップして確定させます。※検索窓に住所を直接入力してダイレクトに移動することも可能

同様に終点も設定します。経由地を設定することも出来ます。ただし、これまでの他社アプリと同様にあまり賢くはありませんので、細かなルート設定は出来ません。国道や県道を通るルートにされてしまうためです。

■ナビゲーションについて

ナビゲーションについて

転送したルートでナビゲーションをする場合の機能について。まず地図は最初に紹介した通り、あまり詳細ではありませんが、ブルベで最低限使える程度の精度はあると思います。

ルートを入れてナビを開始させると、マップ上にルートが表示されます。

曲がり角で矢印を表示させる機能をONにしていると、曲がるポイントで矢印が表示されると共にマップも勝手に拡大されます。こちらは縮尺200m。

こちらは同じ地点で、自動で縮尺50mに拡大された状態です。矢印も表示されているのですが、撮影の為スマホを取り出している間に消えてしまいました。

これが進行方向を示す矢印です。アラート音をONにしていると、音でもお知らせしてくれます。この辺の動作は非常にスムースです。

サイコン画面にしていても、矢印は表示されます。

もしルートを外れても、リルートしたり、『外れてますよ!』と教えてくれる機能はありません。個人的には有難いです。お知らせとかリルートは要りません。

※追記:上記の画像程度の逸脱であればルート外れのアラートは出ないのですが、画面からルートが消えるほどに逸脱すると『ルート外れ』のアラートが出ます。1分に1度程度の頻度で警告音も出ます。

昭文社のマップが入っているEdge530Jと比較してしまうとマップが貧弱ですが、道案内させる分には不便はありません。eTrexでも同じようなOSMのマップを使っていて特に不便は無いのですから、それと同じだと思います。

画面は大きくて動作もスムースなので、個人的には特にストレスは感じませんでした。また上の画面では画面に速度と方向の項目が表示されていますが、これらの項目を非表示にすればマップの表示領域は更に大きくなります。

またEdge530などに搭載されている『Climb Pro』のような機能はありません。

アプリの出来が良い

人によっては『ルートの全体像を把握したい』『ここは何県のどこなのか』『10km先のルートがどうなっているのか知りたい』という状況があると思います。その場合は、スマホアプリを使います。

ことルートに関しては、そのアプリが非常に優秀なのです。こちらは先ほどのアプリ内の個別ルート画面です。マップ部分の左下に見た事のあるリンゴマークがあると思いますが、ちゃんとApple mapを使用しているのです(iPhone版の場合。Android版の場合はGoogle Mapになるらしいです)。

そのおかげで、ルートを見る分には十分過ぎる情報量があります。また動作も非常にスムースで、ストレスは全くありません。STARAVAやRWGのマップはmapboxをベースにした独自のマップなので、出来としては75点くらいなんですよね。
※ルートを確認するにはiGS630とBluetooth接続している必要があります

マップは見やすく日本語の情報量も多く、動作もスムース。私はRWGもSTRAVAも使っていますが、2つのアプリに入っているルートをこのアプリに全部転送して、集約したいくらいです。

充電しながら使えるのか?

ここも気になる人が多いポイントかと思います。結論から言うと、ログを取っている最中でもモバイルバッテリーを接続して充電しながら使う事が可能です。

35時間のランタイムがあるのに充電が必要なのか?と疑問を持つ人も多いと思いますが、600kmのブルベは制限時間が40時間です。その際は充電が必要になると思います。実際は途中で仮眠を取ることになるので、その時に充電すれば良いのですが。

■まとめ

ルート転送の機能はあるがメニューがオフィシャルには無いこと、iGS630本体にインストールされているマップが貧弱なことを除けば十分に許容出来る機能を備えています。ルートの転送も紹介した通りに実施すれば特に問題はありません(方法を見つけるまでに3時間以上かかりましたが、、、)ので、価格と35時間というランタイムを考慮するとかなり使える部類に入るのではないでしょうか。

後は実際にブルベで使用してみて、ナビの安定性を確認してみる予定です。ランドヌールは要求が厳しい(ランタイムが35時間もあるのに、更に雨の日に充電しながら使いたいなど)ですから、そこまでこだわらなければ十分に使えると思います。

created by Rinker
ノーブランド品
¥24,530 (2022/05/18 12:46:29時点 Amazon調べ-詳細)