【レビュー】iGPSPORTのサイコン『iGS630』(サイコン機能編)

iGPSPORTのサイコン『iGS630』のレビューです。概要編、ナビ編、初期設定編に続きサイコン機能編です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥24,530 (2022/05/18 12:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

■サイコン機能について

表示項目の編集について

最も活用頻度が高いであろうサイコン機能についてです。まずは最初に行う表示項目の設定から。表示項目の設定は、iGS630本体またはスマホアプリから行います。

今回はメインであるスマホアプリからの設定方法を紹介します。iGS630本体からの設定方法はGarminを始めとする他社サイコンと同様の方法のため、割愛します。

まずはスマホアプリを立ち上げ、iGS630本体の電源を入れてBluetooth連携します。アプリを操作する際はiGS630とBluetooth連携していることが前提となります。『iGS630本体の設定を変更する』ことが目的だからです。

続いてメニュー画面の『ライドモード』の右側にある『設定』をタップして、対象となるライドモードを選択します。下の画像では『ロングライド』が選択された状態です。※ライドモードについては、後ほど説明します。

ライドモードを選択したら『ページフィールド』をタップします。するとサイコン画面が表示されますので右上の『設定』をタップ。

編集モードになります。変更したい項目があれば、タップします。画面の中で項目の位置を入れ替えたい場合は、長押しして入れ替えます(左上にある『並べ替え』ではありません)。

項目選択メニューが開きますので、希望の項目を選びます。主要な項目はほぼ備わっています。

先ほどの『並べ替え』をタップすると、ページの順序変更、オン/オフの切り替えを編集するメニューになります。

参考までに、標高画面はこのような表示です。4つまで項目を表示可能。実際の画面は、こんなに解像度は高くありません。

マップ画面はこちら。こちらもかなり誇張されています。この画面はGoogle Mapそのものを貼り付けているだけです(右下にロゴが…)。また画面下部には小さな標高図が表示され、画面全てにマップを表示させることは残念ながら出来ない仕様です。

実際の画面はこちらです。画面下部にある『スピード』と『進行方向』は編集で消すことが可能です。

またサイコン画面に表示可能な項目ですが、マニュアルに一覧があります。気になる方はiGPSPORTのマニュアルが掲載されているページのリンクを貼っておきますので確認してみてください。『JAPANESE』を選択するとPDFファイルが開きます。全部で73ページもあるのですが、英語と韓国語と日本語が1つのファイルになっています。

表示項目の編集は以上です。

ライドモードについて

ライドモードとは、サイコン画面のパターンのことです。Garminだと『アクティビティプロフィール』という名称で『ロード』や『室内』などがデフォルトでは用意されていました。iGS630の場合は以下の4つがデフォルトで設定されています。

それぞれのシチュエーションに合わせた画面構成が用意されていますが、どうせ変更してしまうのでどれでも好きなものを使いましょう。ただしモードの名称は変更不可です。

Garminとの違い

私はこれまでにEdgeシリーズを主に使っていましたが、動作の違いに戸惑う点がいくつかあります。主なものは、以下の通りです。

  1. 走行開始時、スタート/ストップボタンを押してもログ取りが開始されない。
  2. 走行終了時、スタート/ストップボタンを押してもSAVE画面に遷移しない。
  3. ログを削除する際、『Yes/No』の確認はなくいきなり削除される。

1については、ログ取りを開始するにはスタート/ストップボタンを1回押すと『サイコン画面の呼び出し』になります。ログ取りを開始するにはもう一度押す必要があります。Garminだと1回でいきなりログ取りが開始されるところです。

2については、スタート/ストップボタンを1回押すとログ取りが停止するだけです。保存したり削除したい場合は、右上の決定ボタンを押して保存画面に遷移する必要があります。Garminだといきなり下記の保存画面に遷移するところです。

3については、Garminだとログ削除の際には下記のような確認が出るところです。

Garminに慣れていると最初は戸惑いますが、じきに慣れます。個人的には、ログのスタート/ストップはGarminと同じ仕様にして欲しいところではあります。

自動機能について

オートラップやオートスタート/ストップなどの自動機能が設定可能です。ページスクロールは、一定間隔で勝手にページ送りが行われる機能です。その中の『自動ホームページに戻り』というのは、画面の1つを『ホーム』として設定出来る機能です。他のページが表示されている場合は一定時間(5秒くらい)経過すると勝手にホームの画面に戻ってくれます。

アラートについて

スピードやパワーについて、閾値を設定してアラートを出すことが可能です。これもスマホから設定が出来ますので、非常にやりやすいです。

サイコン機能については以上です。

次回はその他設定編です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥24,530 (2022/05/18 12:46:29時点 Amazon調べ-詳細)