走行記録

なんてことはない週末ライド

6/30の日曜日は、久々に2週連続の自由日でした。

土曜日の夜になって、『明日は自由日』とお許しを貰いましたので、天気も良さそうでしたし自転車に乗ることに。先週調子が悪かったのは、とにかく自転車に乗っていない(自転車どころか運動すらしてない…)ということもあるだろう、と思い頑張って乗ってみます。

なるべく一日を長く使いたいので、日曜ですが5時に起床、6時自宅出発。この時点ではどこまで行くのか決めていませんでしたが、とりあえず物見山までは行ってみようと思ってました。時間がある時は、なんとかの1つ覚えで毎回同じコースで定峰方面まで行くのですが、定峰方面に行けるほど時間があるのは2ヶ月に1度あるかないかということと、たまにしか乗らないので同じコースで調子の良し悪しを判別したい、という思惑があったりします。

途中全く調子が上がらず、帰ろうかとも思いましたが16号沿いの川越のマックに避難してアイスコーヒー飲んで休憩したり仮眠したりしましたが、仮眠後はスッキリしてそこそこ脚が回るように。やはり定期的に乗らないとアカンのやな、と実感。実感しても実行出来ないんですけどね…。

9時過ぎに物見山に到着。やはり夏はどのチームも朝早いですね、早朝の方が沢山のローディーとすれ違います。今回は新しいサドル(SMPのstratos)の2回目のライドなんですが、バックパックを背負って、わざわざ30cmの水平器を調整用に持参してました(笑) その分の重量増にも関わらず、先週は最初からいきなりインナーに落とさないと登れなかった大東文化大の坂を何とかアウターでクリア。ちょっとうれしい。

休憩込みで3hで物見山まで着きましたので、ここで帰路につきます。途中何度かサドルの調整をしながら、12時前には自宅に帰着。stratos ですが、確かにパッドが入って細かな衝撃は緩和されています。前回痛かった坐骨への当たりも、しっかり角度を調整すれば『面』で支えるように出来ました。しかしそれでもなんかしっくりこない…。composite の時の様に『サドルとの一体感』がありません。やはりパッドが入った分、あの独特のカーブが無くなっていて平面に近くなっていますので、composite とはまた別のサドルと考えた方が良さそうな感じです。

私が stratos に期待していたのは、
・すわり心地はそのまま
・長時間上ハンを持って坐骨に体重が集中しても、パッドで緩和されて痛くない
の2点でしたが、坐骨に体重をかけると結局痛くなってしまうことが前回判っています。そんなのは他のサドルでも同じかも知れませんが…。

再度 composite に戻して比較してみてから考えますが、stratos に関しては600kmを共に出来るサドル、という気があまりしません。パッドで細かい衝撃は緩和されますが、カーブが合わずに坐骨・恥骨での三点支持が上手く出来ない(それなりには出来る)ので超ロングは厳しい感じです。結構期待していたのになぁ…。

さて、12時に家に着くと午後の部がまるごと時間がありますのでパパとしては色々出来て嬉しいです。15時とかに帰還すると、片づけしてシャワー浴びると16時。18時になるとまるちゃん⇒サザエさんのコンボが始まって『日曜日も終わりですよ』モードになりますので、空き時間は2h程度。2hで出来ることって結構限られます。そんなこともあって、自転車乗るなら早起きしたいですが、自分との戦いに勝つのがなかなか難しい…。

この後は新しく買ったSpeedplay ペダルのクリート取付とペダルの取付、それが終わったらカミさんと子供と一緒に東浦和のドコモショップへ、カミさんがスマホに機種変です、2.5hかかりましたorz
ペダルの方は、説明書を読みながらでしたので、1h以上かかりました…。こちらの詳細はまた後日。

走行距離:95km

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください