吉見うどんポタ ~四方吉うどん編~

遅くなりましたが、先日の3連休は1日だけ自転車に乗ることが出来ました

3連休を通じて微妙な予報で、いつにわか雨が降っても不思議ではない、という状況。

にわか雨の可能性があると聞けば誰だって乗りたくないのが本音だと思いますが、そんなことを言っていると8月・9月は1度も乗れなくなってしまいますので、気にせず出陣します。

実際昼間・夕方・夜を問わず連休中は、にわか雨が4~5回程あったと思います。場所によっても違いますし、非常にやりづらい天気でした。

9時に羽根倉橋から降りた、秋ヶ瀬公園北の駐車場に集合。目的地は吉見のうどん屋さん『四方吉』さんです。

メンバーは今日も会社の自転車部、ernestさんがドタキャンになってしまったためMさんとペアです。

私が8:50位に駐車場に到着すると、ちょうど北浦和スズキの店長さんが最後尾で出発するところ。5分位前には数十人が集結していたことでしょう。25km/hくらいのまったりペースで荒川右岸を北上。

天気はなんとかもちそうです。しかしCRはどうしても縦一列で進むしかないので、おしゃべりしながらというのが難しいですね。1人でアベレージを上げて走る時や、チーム練では何の問題もありませんが、ポタリングっぽい時だとなかなかツラいものがあります

それでもひたすら先頭を引き続け、30kmほど走って吉見運動公園に到着。天気がかなりアヤシイですが、ちょっと休憩して、すぐ近くのうどん屋さんに向かいます。2分程走って、すぐに『四方吉うどん』さんに到着。2009年に出来たばかりのようで、大変きれいなお店です。
DSC_0286

中も広くて、開放感たっぷり。

フロアポンプも用意されています。

DSC_0285

お店は10時開店のところ、10時半には入店したので埋まり具合は2割ということろ。それでも15分ほどの間に3組のサイクリストが入店してきました。私とMさんは共にあぶらみそうどんを注文。このお店は、どのメニューでも盛りが『小・並・中・大・特』と5段階になっています。とりあえず真ん中ということで私は中をオーダー。Mさんは並です。

そして実際に出てきて判ったのですが、5段階の真ん中(=中盛り)が標準的な胃袋の人の『並』ではなく、あくまで下から2番目の『並』が標準的な盛りという印象です…。
DSC_0283
キレイにたたまれて、うどんがぎっしり詰まっています…。

しかもこのあたりのうどんの例にもれず、かなりのコシの強さ。普通のうどんの3倍の回数モグモグしないと呑み込めないため、並でも大盛りくらいのボリュームに感じます。私の中盛りならなおさら。それでも濃いつけつゆに太いうどんが良く合います。

オーダーした後に卓上にあるメニューを良く見てみると、

小:400g
並:600g
中:800g
大:1.0kg
特:1.25kg

中でも1kg弱あるという…。

更にオプションで?

鬼:1.8kg
富士山:2.45kg

というのまでありました。。。

鬼とか富士山はみんなでシェアする用なんでしょうね、きっと。そう思いたい。
中盛り800gでも結構な量なのですが、何とか完食。次回行くとしたら並にしますw

外にはちゃんと自転車ラックまで。かなりデカい。

DSC_0284

お店を出た途端、小雨が降ってきましたので大急ぎで帰路につきます。それでも最近の雨は局地的みたいで、数キロ走るとすぐに止んでしまいました。これなら洗車もちょっとフレームを拭くだけで良さそう。

その後、川越線の踏切を越えた後、旧サイクリングロードとの分岐点でMさんとお別れ。
相変わらず黒い雲がズーンとなっていましたが、何とか最後まで降られずに自宅まで帰ることが出来ました。

sc0006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です