ブルべレポート2013

【ブルベ】BRM810千葉200 つくば DNFの過酷ブルベ

1週間遅れになってしまいましたが、SR600をDNFした3日後、AJ千葉さん主催のBRM810千葉200 つくばに参加してきました。SR600を走る前は、中3日でブルベなんて大丈夫なのか…と思っていましたが、DNFしたおかげか、比較的良いコンディションで臨むことが出来ました。

しかし、それでも結果はDNF。千葉スタッフの皆様、途中でDNFしてしまいましたが大変楽しかったです。ぜひまた千葉ブルベを走ってみたいと思います。また宜しくお願いします。それではエントリー104名 DNS33名 DNF58名 完走わずか13名というブルベの詳細は本文をご覧ください。

■コース

コースは200kmで獲得標高2,600mほどと、そこまで難易度の高いコースではありません。しかし問題は開催時期。昨年完走したBRM728青葉200 新雛鶴でもそうでしたが、真夏のブルベは路上の気温は平気で40度以上になりますので、熱中症と紙一重。というか、体温よりも高い環境でロードバイクに乗るとか医学的に見たら自殺行為以外の何物でもありませんね。それでも判っていてエントリーしている訳ですが…。

今回の真夏ブルベも会社の自転車部つながりでoさんと参加。oさんはトライアスロンをやっているのですが、昨年もレースの無いこの真夏の時期に、新雛鶴を一緒に完走しています。一緒に出られるのがこの時期しかないのです…。

今回は8時スタートと比較的遅めなので、我孫子の『道の駅しょうなん』集合ですが、輪行で行くとしても6時起床で十分間に合います。東浦和の駅前まで自走で行き、輪行袋に入れる準備をしますが、7時前だというのに既に汗が滝のように。。。早くも先が思いやられます。そして無事に我孫子到着、バイクを組み立てて道の駅まで向かいます。ちなみに道の駅しょうなんは手賀沼のほとりにあるのですが、手賀沼をまともに見るのは初めて。かなりの大きさにびっくりです。

集合場所は例によって橋の下(笑) 広くて快適です。

受付を済ませ、

oさんとも落ち合ってブリーフィング、10分ごとのウェーブスタートです。

スタートすると、最初から熱風の中を進んでいくような暑さ。というか、スタートするまでに輪行途中やスタートまでに既に1L位の水分を摂取していたり…。途中つくばの市役所の前を通ったりしながらPC1まで進んでいきますが、9時くらいで早くも気温は35度を超えている感じ。しかもつくば市の中心部はものすごい信号のつながりが悪く、交差点ごとにSTOPします。

新しい市街地の為街路樹のような日差しを遮るものはなにもなく、炎天下の中ひたすら信号待ち。私とoさんの後ろにつながるブルベライダーの列も交差点ごとに長くなっていきます。あ、そういえばつくば市役所を通る手前でmocoさんがパンク修理していたな。

そして何とかPC1・40.5km地点のセブンイレブンつくば桜柴崎店に到着。

たかだが40km地点のPCなので、いつもならレシートだけ貰って即スタートという人も多かろうと思うのですが、この暑さなので皆滞在時間が長い様子で、バラけ度合いが少ないことも相まってすごい混雑ぶり。

私もとにかく水分、そして元気なうちに食べておかないと後半は食欲なぞなくなるだろうな、と思いおにぎり×2。コンビニの店内が天国のようでしたが滞在時間10分ちょっとでリスタート。この混雑度合いなら、PCはレートだけもらって、休憩は他のコンビニでした方が良いのではないか、と思わせるほど…。

その後、つくば山を目指して進んでいき

54km地点の最初の峠、不動峠を目指す。AJ千葉のキューシートは峠が記載されていてとても親切(?)ですね。走るところが千葉・茨城なので1,000m級の峠とかはないものの、標高が低いと逆に登っても汗が滝のように出るだけで気温が下がるというところまでいかず、ほとんど我慢大会のよう。。。途中景色の良いポイントが。

ようやく不動峠のピーク。この峠は木陰が多くてまだ快適な方でした。

ここは青い看板の通りY字路になっており、コースは左手の登り方面。ところが不動峠のピークから更に登るコースとは思わず、登り切った安堵感と下って冷却されたい思いからキューシートを見ることすらせずに右手の下り方向に行こうとする。。。キューシートを見るのも面倒なほど暑かった。

そしてそのまま風返し峠への登りへ。ここも日陰が無くて暑かったが、上り下りを繰り返しながら標高を上げていくため、ひたすら体温が上昇し続けることもなく5kmほどでピークへ。10kmとか登らないのが救い。ピークでは千葉スタッフの方による撮影ポイントと、更に水までかけてくれて蘇りました!

しかし相変わらずの暑さというか熱さで、まだ60kmしか走っていないにも関わらず既に心は折れ折れ。ここまでに一体何Lの汗をかいたでしょうか…。早くもグロープからは悪臭が…。

ほどなくしてやってきたoさんと身の振り方を相談し、

『ここから6km先のセイコーマートまでとりあえず下りだから、そこで冷たい飲み物を飲んで冷静になってから、続行するか考えよう』

という結論に。

まだ12時前だというのに、Garminの温度表示は40度超の数字を表示し続けています。。。とにかく、走るの大好きなはずなのに走っていてもツライだけ。いや、坂を登っている時も十分ツラいし『登るの止めたい、帰りたい』といつも思っているんですが、克服するモチベーションが沸かないツラさというのでしょうか。とにかく普通に考えても43度とかの気温では、運動して楽しいとかいう気温ではないことは確かです。その気温の中でヒルクラまでしちゃうしね…。

ともかく、PCでもなんでもないセイコーマートまで来ました。

まさに地獄の中のオアシス。ここの飲み物が旨いこと旨いこと…。一瞬で1Lの水分摂取。すぐにがくさん始め千葉スタッフの方も到着。そしてoさんと身の振り方を相談。結論は『DNF』。もちろん先に行きたい気持ちはありました。68km地点でのDNFで、1/3しか来ていませんが簡単に決めた訳では無いです…。これ以上進んでもいずれDNFしてしまう可能性が大変高いし、頑張った結果熱中症になってしまっては元も子もありません。仮に熱中症にならなくとも、大変に消耗しきってしまうことは間違いない…。

ということで、数キロ走ると常磐線・石岡の駅に出られるセイコーマートで今回のブルベの幕は閉じてしまうことに。折角作ってくれたこのコースを走りたかったですが、この気候では諦めざるを得ません…。目の前にいた千葉スタッフさんにDNFの旨を伝え、石岡の駅まで移動。

ここも暑い…。暑すぎです…。

そしてワープして天王台の駅まで。また自転車を組み立てて、道の駅しょうなんの向かいにある温泉に入ってようやくまったり。お風呂のあとは汗臭いウェアをまたそのまま着用(@_@)。その後食事してゴールに移動。到着していたスタッフさんとしばし談笑して既に数十人のDNF者が出ていることを聞き驚愕したり。

とにかく暑すぎましたね、oさんとは無念のDNFになってしまいましたのでまたどこかで一緒にリベンジせねば…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください