ブルべレポート2013

【ブルベ】BRM413 フラッと 九十九里 埼玉400km 完走しましたその2

それではその1からの続きですよ!

■PC2~PC3(折り返しの200km地点)まで

PC2からは九十九里の沿岸地域に突入です。もうこの辺りに来ると地域全体が海風に吹かれている感じで、程度の差はあれどひたすら向かい風の影響を受けながら進んでいきます。

こんな千葉っぽい景色もありましたが、ここも正面からもろ向かい風で、全く進めなかった記憶しかありません…。

ここから旭市の市街を抜けて、155km地点あたりで墓参りのためルートを離脱。匝瑳市の大寺というところまで往復約20km。恰好こそアレでしたが、ちゃんと墓参りして来ました。

約1時間後にルート復帰。この後、またキューシートの1区間が30kmというところがあるのですが、そこで他の参加者と多数合流します。結果的に脚のあったA埼玉のリュウさんと一緒にPC3まで。到着は18:10。

だいぶ日も暮れてきました。かなり広い駐車場だったのですが、自転車多数で立てかける場所が見当たらない程。パスタを食べて、夜間装備に切り替えてライトも点灯、復路に出発。

■PC3~PC4(270km地点)まで

夕暮れの千葉。

ここからは再びPC2だったコンビニを目指します。復路もあの30km区間を通るのですが、途中で運よく脚の合う方を見つけ、2人で20kmほど進みます。やはり1人より2人の方が飽きずに進めますね。全然違います。ところでこの方、suew のサドルバッグを使われていたので話を聞いたところ、12月にオーダーして2月に納品だったとのこと。図らずして超レアになってしまった suew のサドルバッグですが、早く欲しいものです。

PC4までの間、再び旭市の市街地へ。今回のルート上で佐原とここが唯一ファミレスなどがある地帯。このあたりで『お腹も空いて』『トイレに行きたくなって』『ボトルの中身が無くなって』『集中力も無くなってきた』のでファミレスで大休止計画実行。

手ごろなサイゼリヤに入って、パスタを食べた後、満腹になったら15分程仮眠です。

やっぱり暖かいお店と普通の椅子の上で寝るのは快適ですね~。靴まで脱いでしまいました。ここで garmin の充電とボトルの給水まで行って、目が覚めたら超元気。30km/hでPC4まで。到着は22時。

かなり寒くなってきましたが、まだ耐えられるレベル。

■PC4~PC5(352km地点)まで

この先、往路でも通った利根川河川敷に突入します。途中までは普通に走れていたのですが、小見川大橋から下ってマックの交差点を右折、『キューシートの1区間が33km』の区間に入ると突然心が折れてしまいます。何故?(笑)

集中力が途切れてしまい、とにかく退屈で退屈で仕方がありません。後ろに誰もいないことを確認してから、一人でカラオケしたりしりとりしますがイライラしてどうにもならない。結局33kmのうち7kmを走ったところで出現したセブンに吸い込まれてコーヒー休憩。あえて ダイドーブレンドコーヒーなどをチョイス。

ここではPCでも無いのに、何故か他の参加者も3人ほど休憩中でした。みんな考えることは同じなのか?これが良かったのか、走り出してしばらくするとすっかりリフレッシュ、延々15km続く真っ暗かつ真っ直ぐかつ真っ平な利根川堤防沿いを1人で突破。風こそ無かったですが、空気はかなり冷たくシューズカバーが無いことを後悔したほど。確かに我慢すれば何とかなる範囲ではありますが、足先の保温で無駄に体力を使ったのは間違いありません。あと鼻水もひたすら出続けて、グローブが乾く暇がないほど。。。

私よりも軽装な人はいくらでもいましたので、もし追加の装備を持っていないとすればかなり寒かったのではないでしょうか。

そしてやっと33km振りの右折ポイント、長豊橋に到着。渡ったところにあるセブンでお食事休憩。にくまんとコンポタを摂取。次のPCまでまだあと40kmもあるんですよね。食べないと体温保てないっす。時間は午前0時半くらいだったかと思いますが、ここでも『ブルベですか?』と話しかけられました。夜中の1時にブルベを知っている人に出会うとは。なんでもその方も MAKINO のスチールをオーダーしているとのことで(茨城県ですからね)それなりに乗る人だったご様子。久しぶりにコンビニの買い物以外で会話した気がする。

この辺になると、コンビニを通過する際にチラホラ休憩中の参加者を見かけるようになります。PC1だったミニストップではイートインコーナーがありますので、結構いましたね。夜は寒いし腹減りますよね。夜中の1時くらいのハナシですけど。

そして最後のPC5着。時刻は1:50。

ここでは当然のごとく肉まん系は全滅でしたが、この前に自主的に入ったセブンでは置いていなかったおでんを発見。すぐにエネルギーになりそうな餅巾着を食べたかったのですが、当然のごとく売り切れ。仕方なく大根とたまごをオーダー。カロリー少なそう。これで大丈夫か?と思いながらmgmg。前照灯のジェントスが弱ってきたので、ついでにエネループも全部交換しておきます。

■PC5~ゴール(400km地点)まで

ここまで来ればあと48km、しかも野田から先はコースも全て頭に入っているので余裕のはず。

 

ところが!

 

PCでカロリーにならなそうなおでん種を選んだのがまずかったのか?突然上半身に全く力が入らなくなります。10分前に食べた食べ物が即エネルギーになる訳では無いですから、そんなことは無いのでしょうが、とにかくハンガーノック一歩手前みたいな状態。

『ここまで来ればゴールしたも同然だから、無理せず走ろう…』と20km/hくらいでノロノロと真っ暗な利根川CRの上を進む。

やっとの思いでCRを抜けて『確かこの先にイートインがあるファミマがあったな』と思い、とにかくそこまで進むことに。運よくそのお店は2kmほどで出現。店に入るとおでんがありました、もちろん餅巾着も!(煮込まれ過ぎて餅が液体のようになっていましたが)

イートインでおでんを食べて、ちょっと休憩。この5分程の間にも何人かに抜かされたようで、ずっと抜きつ抜かれつだった人達とは、その後私が後ろから追いついた時に『いつ抜いたんだ?』と驚かれました。そうです私はPC外休憩が多い人なんです。

ファミマでほぼ液体の餅を摂取すると、今度は一転して突如元気に!単なる気分の問題だったのか?そんなに餅巾着が食べたかったのか?真相は不明ですが、とにかく脚が回るようになったので、30km/h巡航で飛ばします。越谷は生まれてから22年過ごしましたのでキューシートも要らないです。

やっぱりゴールまで計算できるようになると、セーブしなくて良いですから脚が回るんですね。そのままの勢いでゴールです。時刻はAM4:30、受付は1分遅れて20:31での認定となりました。

公園の中は、朝露で草がびっしょり。タイヤもびしょびしょになりやっぱりシクロクロス状態。公園の中では50mほどしか移動していないんですが、泥だらけのタイヤに草が絡まって異音がするほどでした(笑)

最後に公園からの日の出。

ゴール後は家まですぐなのでそのまま帰宅して、風呂に入って寝ました。
今回もどうもありがとうございました。楽しかったです。

次はもうちょっと早く(速くではない)走ってみたいな~。毎回そう思うんですが、なかなか実行出来ずにいます。

次回ブルベは5/26のグンマー200km、および6/1のアタック会津 600km(の予定…)です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください