【いじる】シートポスト交換 3T IONIC 25(アイオニック25)角度調整のソリューション? その1

ここ1年くらいですね、使っている3Tのシートポストのヤグラ固定力不足のせいで、乗っている内にサドルが後方にズレるという問題に悩まされていました。今まで使っていたのは、このタイプ。

そもそもヤグラとレールとの接触面積が非常に狭い構造な上、SMPのサドルとの相性が非常に悪い。SMPはご覧のように、サドル面を水平にセットしただけで(SMPでも水平がセッティングのスタート地点)レールが相当傾きます。私の場合はそこから更に前上がりにセットするのですが、そうするとこのポストの場合、画像のように後ろのネジがネジ山を使い切ってしまい(前上がりにするには後ろのネジを締める)、中途半端な前上がりにしかセット出来ない。その上、なるべく前上がりにセットしようとするものですからネジの締め付けもどうも不足するようで、100kmも経たない内にサドルがどんどん後ろに移動して、いつの間にか一番後退した状態になってしまい、気づくとハンドルが遠くなっている始末…。
諦めてサドルを水平に近くセットすれば固定力も少しは上がると思いますが、そうすると今度は角度が合わないせいでケツが痛くなってくる。

この問題を解消すべく、固定力とSMPの角度調整に対応出来る機能を兼ね備えたヤグラを持ったシートポストはどれだ?と物色していたのですが、目に留まったのがコレ。

今と同じ、みんな大好き3TのIONIC(アイオニック) 25 PRO 31.6mm×280mm。今回買ったのはセットバックが25mmのタイプです。

こっちが同じIONIC 25 PRO の31.6mm×280mmでセットバックの無いタイプもアリ。

という様に非常にバリエーションが多く用意されており、ポスト径が27.2mmのもの、ポスト長が350mmのもの、さらにそれぞれにLTD・LTD STEALTH・TEAM・TEAM STEALTH・PROがあり、デザインのお好みとご予算に合わせて色々選べるのも魅力。

このシートポスト、少し前まではPALLADIOというモデルだったのですが、今はIONICという名前に生まれ変わっています。最大の特徴は、角度の調整とヤグラの固定機能が別になっていること。このおかげで『どんな角度でも』『確実に』レールの固定が可能で、たぶん垂直にセットすることも出来る(笑)

前作のPALLADIOも含めて、名無しでのレビューはあるがあまり詳しく紹介しているブログなども無いようなので、とりあえず買ってしまったこの私が、どんな仕組みなのか詳しく紹介してみようと思います。

ちなみに早速交換して乗ってみた限りでは、サドルの固定はしっかり出来ているので良さげな感じでした。ブルベで荷物満載のサドルバッグを付けても動かないかどうかは、SR600とか走ってみないと分からないのでそれまでお預け。でも例えサドルがズレたとしても、前後の位置だけ修正すれば良いのでリカバリーは非常に楽だと思います。

その2に続く。

2 件のコメント

  • その節はありがとうございました。忙しくて届いたまま放置してたのですが、ようやく交換出来たので紹介です。
    結構いいですよ、これ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください