【ブルベ】2017日本橋Fleche その1

<

さて翌日は、6時にスタートなので5時起床。

…のはずが、5時に起床は出来たものの、眠気覚ましに点けたテレビが面白くて見てしまい、微妙に準備作業がはかどらない。結局スタートの5分前に、スタートのコンビニに到着するというギリギリさ。
まあ何とか間に合ったので良しとします。

スタート前に自転車を記念撮影。

これから東京の日本橋まで帰る訳ですが、我々には完走よりも大事なミッションがあります。

そう、それは餃子。

今回のコースは、仙台⇒白石⇒福島⇒郡山⇒白河⇒大田原⇒宇都宮⇒下妻⇒境町⇒春日部⇒日本橋というルート。途中の宇都宮で餃子を食べるミッションをこなして、尚完走するというのが我がチームの結成時からの宿命なのです。餃子を食べる時間が捻出出来なければ、潔くDNFして餃子を食べます。

認定よりも餃子。それが我が丸の内B班の使命(笑)

今年は、果たして無事に餃子を食べることが出来るのか?

ちなみにコースの距離は360kmで獲得標高は1600mほど。そして今回の天気予報は我々には大変有利なものでして、土曜日の朝の時点では愛知や静岡が既に雨。東海道を東進するチームは雨雲と一緒に移動してくることになります。逆に東北は晴れており、東京に到着した時にちょうど雨に降られるかな?という状況です。そして風向きは北風の予報。これで我々が完走出来なかったら、次は無いのでは?という位に恵まれています。

ということで6時になり、レシートを貰ってスタートです。今回は、ベイさん・みいさんを守りつつ、残りの3人でローテを組みながら進んでいく作戦です。仙台市街はりんぱぱさんが先頭。

R4に出ると中村さんと私も加わり、3人で回します。

ところが、写真の通り雨の予報では無いのに空は今にも降り出しそうな色をしています。不安は的中し、大河原で霧雨になり路面は完全ウェット。タイヤは盛大に水しぶきを巻き上げるようになります。雨予報では無かったので、中村さんが簡単なフラップを装着している以外は、誰一人として泥除けを付けていません。おかげでウェアは泥はねで水玉模様(泣

なんとか雨の区間を走り抜けて、PC1の手前の白石に田村神社という神社があります。毎年この時期はちょうど桜前線が東北に来ている時期で、例年は満開の桜のトンネルを進む非常に絵になるルートでした。ところが今年はご覧の通り、蕾すらふくらんでおらず…。

開花に合わせてお祭りも開催されているのですが、今年はさすがに時期が悪そう。

神社の隣には田村甲冑堂というお堂があります。このお堂は、源義経の家臣だった、この地域出身の佐藤継信・忠信兄弟が戦死した後、残された妻が戦死した主人の甲冑を身に着けて、息子を失った母親を慰めたそうです。その2人の妻が祀られているとのことです。芭蕉の奥の細道にも登場します。

そして56km地点のPC1に到着。追い風のおかげで、時間的には余裕十分。まだPC1ですけどね。

次は102km地点のPC2。PC2は二本松のすき家に設定されていますので、座って昼飯が食べられるとあってモチベーションも上がります。PC2までのルートは特筆する箇所も無いのですが、途中の福島市の郊外にある蓬莱町というニュータウンが、ルート上で珍しくアップダウンのある箇所となっています。車も来ないし速度も落ちるので記念撮影。

道路はすっかり乾いていますね。そして無事にPC2である二本松のすき家に到着。時刻は11:30、102kmを5時間半なのでまぁ順調です。

がっつりごはん。

順調にPC2を出発。二本松を出てしばらくすると、郡山の手前の本宮市という場所にアサヒビールの福島工場が見えてきます。ここを通るのも3回目ですが、巨大なビールのタンクにDNFしたい気持ちがふつふつとw

須賀川を過ぎたあたりでベイさんのダウンチューブ裏に付けた増設ボトルケージが根元から折れる、というトラブルがありましたが、そこは我々アシストが迅速に対応して白河のPC3。時刻は15時です。

白河を過ぎると、R4とお別れしてR294という道を進んでいきます。白河の市街地を過ぎたところで、最大のトラブル発生。りんぱぱさんとみいさんが接触して、何とみいさんのリアホイールのスポークが!

ギャー!

カーボンのスポークなので、途中からポッキリ無くなってしまうんですね…。さすがにこれは修理のしようが無いのでDNFか…と思いましたが、少し走ってもある程度のところからはフレが大きくなる気配が無いので、行けるところまで行ってみよう、という結論に。結果としては、ややフレた状態のままゴールまで走り切ることが出来てしまいました。マヴィックのトラコンプすげー。
(みいさんが女性なので、ウェイトが軽かったというのもあると思います)

何とかトラブルを乗り越えて福島から栃木へ。県境には境の明神という峠の神様が祀られていました。

そしてどうにか195km地点の大田原のPC4、ローソン黒羽向町店に到着。時刻は18:15とトラブルによりやや遅れ出しました。このコンビニは2013の埼玉の600、アタック会津でPCだったのですが、リニューアルして綺麗になってましたね。

ここから宇都宮までは、後50km近くあります。だんだん餃子が食べられるか怪しくなってきました。餃子のお店って閉店が早いんですよね。餃子が食べられないなら完走しても意味がない…。さあ雲行きが怪しくなってまいりましたw

↓読んでいただきありがとうございます(^_^) 最後にポチっとお願いします!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です