噂の長元坊バイシクルツアーズ ツアーライドに行ってきました(ツアー当日編)

<

さて迎えた2日目の朝。昨晩あれだけ飲んで無事に起床出来るのか心配でしたが、レッスン開始は9時ということもあり無事に起床。身支度をして部屋を片付け、待ち合わせ場所の上田駅前に移動です。

残念ながら、当日の天気予報は曇りときどき雨の様な感じ。ただ、上田は盆地なので周囲の山に阻まれて雨雲がやってこないことも多く、恐らく降られることは無いだろうとのこと。

■スタートのずくだせ農場に移動します

駅前から、スタート地点の『ずくだせ農場』まではみんな揃って自走で向かいます。たいだい10km弱といったところ。30分ほどで到着してしまうので、途中にあった中身がファミマのサークルKで休憩します。途中から登りになったので、多少予想よりオーバーしてしまいましたが、無事にずくだせ農場に到着。

まずは久しぶりに再開の飛松君とご挨拶、そして皆の自己紹介の後は自転車の装備チェック。脚しか写っていませんが。。。

装備についてはクマさんと私がカンパ系のホイールということで、若干のハブのガタつきが出ていたのを調整してもらいます。その他、各部ボルトの緩みなどもチェック。こういうの、本当にありがたいですよね。自分だけでメンテしていると、気にするところと気にしないところがどうしてもありますから。

そして皆が密かに期待していたトリさん。各部ボルトのゆるみ等々、よく今まで大丈夫でしたね…という位(笑)
まぁすぐに走れなくなる訳では無いのですが、必ず不具合は出てくるので定期的にショップに入院させるのは大事ということが認識出来ました。

■午前の部はスキルレッスン

さて準備が終わると少し走って、人気のない駐車場でスキルレッスン。基本的には

・バイクと自分の重心を意識する
・そしてその重心をコントロール

この2つになるのかな?色々なプラクティスを通じてそれを体得するためのレッスンを行いました。

まずは

・ペダルを水平にして、その上でスタンディングした状態で前後左右に体を動かせるようにする。
・重心を前後に移動させることで、重心移動によるバイクコントロールが出来る、ということを体感する。

しばらくは、このように円を描いて駐車場内をぐるぐる回り、バイクコントロールの練習を実施。

真ん中では、次に練習する『下ハンで操作出来るようになろう』のためにブレーキの引き代の調整などを行っていたりします。続いて下りに苦手意識がある人が多い、ということで下ハンを持ってブレーキングする練習。そもそも下ハンを使うメリットは、

・ブラケットを持つよりも、少ない力で強くブレーキング出来る
・重心が下がって安定する
・ブレーキが連続して疲れにくい

ということが挙げられます。一方、強く制動出来るからと言って何も考えずに下りでフルブレーキすると簡単に前転してしまいます。なのでブレーキというのは後方への荷重移動とセットなんですね。これを平らな駐車場で、セットで練習しましょうというのが今回の趣旨ということが分かりました。

実は上田は盆地で雨が少ないため、ため池が多い地域とのこと。このような江戸時代からのため池がそこかしこにあります。この横にある駐車場で練習していました。

その後は教わったことの実践ということで、上田の山をユルユルと走ります。曇っているおかげで日差しも穏やかで走りやすい。

途中停車して、随時パーツ談義やスキルのおさらいが入ります。

見晴らしの良い公園でトイレ休憩。クマさんがガンを飛ばしています…。

■おまちかねランチタイム

お昼になったので、いったん農場へ戻りランチライム。私はごろごろの野菜入りスープカレーをオーダー。いやー美味しかった。他にも豪快な肉入りのスープカレーや、馬肉丼もありました。どれも捨てがたい…。このためだけに、また来たくなります。

■午後はツーリング

午後は上田の山々をツーリング。景色を堪能しながら、気持ちの良い山間部をゆるゆると走ります。実際には林間部以外は結構な気温と湿度で、暑かったけど。。。

色々と上田周辺を走り回りますが『地元は言え、良くこんなところ知ってるな…』というコースが随所に入り、脇道マニアにはたまりません。上田は古くから栄えていた(信濃国分寺が建立されたのは奈良時代)ということもあり、随所に古くからのお寺があったりして飽きさせません。飛松君の頭の中には、ダートやグラベルも完全にインプットされているということなので、シクロクロスのバイクでグラベルとか楽しそうだろうなーw

ランチが長くなってしまったので、午後は少し走ってジェラートタイム。このシングルで300円なのですが、トリプルにしても400円という良心的な価格設定。トリさんは当然のようにトリプルで大変満足そうでした(笑) 私はすぐにお腹が下ってしまうので、どうしてもアイスは控えめにしちゃうんですよね…。

さてジェラートを堪能すると解散の時刻が迫ってきます。スタートのずくだせ農場に戻り、荷物を受け取っておしゃべりをして解散。大変残念ですが、楽しかったレッスンツアーも終了です。飛松君にお礼を言って、一日の汗を流すべく別所温泉に移動します。

昨年も利用して勝手知ったる別所温泉で露天風呂に入ってさっぱり。ビールを飲んでまったりして、別所温泉駅から上田電鉄に乗って輪行で帰路につきます。

その後は上田から新幹線。自由席に適宜散らばって、東京に向けて出発です。いやー、前日の飲み会もそうでしたが、当日のレッスンツアーも『レッスン』『ツアー』のどちらも充実していて、とても楽しかった。他の皆も満足そうでしたので、少々大変でしたが企画して良かったです。

また来年もぜひやりたいですね、来年はもっと上田を色々と走れるといいなぁと思ってます!ありがとうございました(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です